途中下車してときどき嵐

ブログ人から引っ越してきました。

韓国ドラマ「お金の化身」感想

2016年08月26日 08時27分37秒 | 韓国ドラマ感想
誰かがレビューに書いていた『ファン・ジョンウムのドラマにハズレ無し』と。
それほど彼女のドラマを観たわけではないけれど、すくなくとも私の観たのにはハズレはなかった。
ので、苦手なカン・ジファンさんが主演だが観てみよう。
わぁ~、最初っからお金を巡る、汚くてドロドロドラマだ~
お金を巡る韓国ドラマに気持ちいいのがある訳ない!
が、まだファン・ジョンウムが出てこない。
いや、なにやら、(特殊メイクで)異常に太った女がどうやらファン・ジョンウム演じるポク・ジェインらしい。
さすがに最後までこの姿ではないだろうから、ファン・ジョンウムの本来の姿を見るまで我慢してみよう。
子役の演じる悲惨な子供時代が終わり、苦手なカン・ジファンさん登場。
苦労して育ったはずなのに、えらく欲深い大人になっちゃったのね。
もう、このドラマのどこに期待して観たらいいのやら・・・
と、思っていたら、何気にサスペンスとして面白くなっちゃったんだよね。(サスペンス好きの血が騒いだ)
生き別れたお母さんと再会できるのか!?
極悪人たちをガツンとやっつけることができるのか!?
そう、やっつける。
韓国ドラマ的ドロドロの復讐劇とはちょっと様相が違った感じで、カラッと悪をやっつける、ユーモアとスピード感がある復讐劇。
小気味いい。
とは言え、極悪人たちの親玉、チ・セグァン、正義の仮面をかぶっているだけに、引くぐらいの悪人だった。
カン・ジファン演じるイ・ガンソクが強烈なキャラなので、それに相対する「悪」だからこれほどまでに悪いのかな。
苦手な(しつこい)カン・ジファンさん主演でしたが面白く観させていただきました。


韓国ドラマ感想まとめリスト

コメント   この記事についてブログを書く
« 韓国映画「僕らの青春白書」... | トップ | 韓国映画「技術者たち」感想 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

韓国ドラマ感想」カテゴリの最新記事