途中下車してときどき嵐

ブログ人から引っ越してきました。

「さまよう刃」感想

2016年12月21日 09時24分13秒 | 乱読本感想
「さまよう刃」
東野 圭吾
角川グループパブリッシング 2008年5月24日

2008年07月19日 09:37
★5
一気に読んでしまった。

テーマは少年犯罪、ここ何年か問題視されている少年が凶悪犯になったら・・・

被害者の親は、友達は、親族は・・・
加害者は、親は、友達は・・・
警察は、裁判所は、弁護士は、報道関係者は・・・

私は現代にもハムラビ法典があったらいいと思っている人間であるが・・・
この作品を読んでいて、ハムラビ法典があればこうはならなかったのになと思った。

テーマが重いので、ちょっと逡巡したところもあったが、一気に読めてしまったのはやはり東野さんの力(巧さ)が大きいな。

コメント   この記事についてブログを書く
« 「黒笑小説」感想 | トップ | 「にぎやかな天地 下」感想 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

乱読本感想」カテゴリの最新記事