途中下車してときどき嵐

ブログ人から引っ越してきました。

韓国ドラマ感想「ボイス~112の奇跡~」

2019年02月22日 19時45分54秒 | 韓国ドラマ感想
えぐい内容で、そのえぐい行為をする人物をキム・ジェウクが演じると。
それがどんな内容だろうと、ジェウクファンなら観るしかないなと。
確かに、えぐい内容でしたわ。
私はわりと平気なので普通に観たけれどダメな人はダメだろうな~
音のプロファイラーと言うのは新しいと言えば新しい。
が、韓国の権力者とその力に取り込まれる者、蹂躙される者という図式はいつも通り。
なぜこうも権力者は横暴になるのか、人の命など虫以下の扱い。
今回、ジェウクが演じるのは・・・権力を持った異常者。
端正で色っぽいジェウクがそれを演じれば・・・怖さが増す。
でも、そこはかとなく美しい。
そして、もの悲しい。
キム・ジェウク、渾身の演技だと思った。
演じるのがきつかっただろうとも思った。
このドラマはジェウクが主役ではないが、ジェウクファンだからジェウクの事だけ書いてみた。

あっ!ジェウク演じるモ・テグの悪の温床の別荘が「むやみに切なく」のシン・ジュニョン(キム・ウビン)のお家だった。
キム・ウビンくん、元気になって戻って来てくれ~~~~


韓国ドラマ感想 まとめ タイトル
『ドラマ(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 読書感想「正義のセ 4 負けっ... | トップ | 韓国ドラマ感想「純情に惚れる」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

韓国ドラマ感想」カテゴリの最新記事