日々のこと

自然素材の家づくりに取り組むBois設計室の日々のこと。

築10年のメンテナンス

2019-06-22 | 家づくり


八王子の Sさんのお宅にメンテナンスの立会いで伺ってきました。

今回はおやつを食べに来る猫のみみちゃんがが引っ掻いた網戸の張替えと

玄関の引き戸の板の隙間直しです。

建具屋さんの根本さんと。

 

この夏、Sさんのお宅は外部の木部の塗装を塗り替える事にされました。

 新築当初は、リボスという塗料メーカーのカルデット・クリアという透明の自然系塗料をを2回塗りしていますが

10年経つとこんな渋い茶色になりました。


  

 

落ち着いた雰囲気でいい感じなのですが、

木で出来た外部に面している部分の延命のためには

ここで一度塗料を塗る事にしたのです。

 

塗り替え後の様子はまた工事が終わってからここに載せたいと思います。

 

参考までに

Bois設計室の建物の玄関引き戸と勝手口の扉。

こちらは塗装して3年後の様子。

まだ灰色がかっている感じです。

  

 

この状態から

汚れとアク抜きを施してもらい、オスモという塗料メーカーの#420 外装用クリアープラス という塗料で

仕上げてもらいました。

  

 

新品同様に戻ります。

 

個人的には八王子のSさんのお宅のように自然に茶色く変化した色合いが好きです。

ここで塗り替えするかどうか。

 

私は、建具は作り変えることもできるので

引き戸として用をなさないくらいボロボロになってきたら取り替えて、

経年の色の変化を楽しむって選択肢もありだとは思います。

 

これまで設計したお家の住まい手の方からの木の部分についてのご相談には

塗り替え・塗り替えしないで使い続けて見る

両方の選択肢をお話しした上で、どうしたいかお考えいただいています。

 

それにしても、

Sさんのお家のお庭、いい感じで茂っていて

よく見ると楽しい植物がたくさん!


   

ホオズキのとか、山椒とか、ブルーベリーやミョウガ、、、そのほか色々。

お庭からもSさんが日々暮らしを楽しんで過ごしていらっしゃることが伺えて素敵でした。





コメント

19.06.15

2019-06-15 | 家づくり


毎日、如何にして家事にかける労力を減らすか

どうにか自分が家事をすっかり嫌いになってしまってほっぽり出さない工夫や

ショートカットしてサボることばっかり考えている私の

心のつぶやきみたいなタイトルの本↓


『丁寧に暮らしている暇はないけれど』著:一田憲子

 

前書きで一田さんが自分はとっても面倒くさがりだけど、色々難あり?!だけど

「それでも 「暮らすこと」が好き」だって。

私もー。全く同感。

 

面倒くさいし、時間は無いし、なんだけど

ウチの中はそれなりに整って、好きなものに囲まれて心地よく、

でその中で、忙しくしてたい。。

ウチの中が乱れていく様は、私にとってストレス以外の何物でも無いなあ。。

 

中身を読んでいくと

あ、それ私もやってますー

とか

お、それは日々忘れ物や探し物と格闘している私にはいいアイデアいかも!

とか

自分以外の人が、加齢(?!)と忙しさによるバタバタの中でそんな自分に

どう対処して、どう気持ちよく過ごす工夫をしているか

こうやって覗き見ることが出来るのは面白い。

 

読み終わって思ったのは・・・

この著者の一田さんは、私ほどの面倒くさがりではない・・・かもなぁ(苦笑)

 

家事って

完璧にやろうとすると際限ない仕事。

 

ウチはここまでで良し!と

どこで潔く線引きできるかと

あとは

やっぱり家の中の動線をよくよく考えた間取り次第なのだろうと思います。




コメント

家づくり相談のこと

2019-06-12 | 家づくり


今朝は明るいけど空は曇ってますね。

今年は雨が多いっていう噂。

うちの床は杉の無垢板で厚みが3cmあります。

梅雨とか夏は、足触りがサラサラで気持ち良いです。

 

家を建てるって思い立ったとき

誰に相談して良いかわからなかったってよく聞きます。

わからないから、住宅展示場へ行っちゃうって。

 

住宅メーカーで家づくりするのも、もちろん1つの選択肢。

要は自分たちにはどういう相手と家づくりをしていくのが良さそうか。を

まず見つけることから・・・ですね。

 

自分の、家族の、暮らしに対する考え方や人生設計、あとお金のこと。

どういうスタイルでやっていくのかどう考えているのか、一度振り返ってご夫婦やご家族で話し合ってみると

少しづつどう進めば良いのかが見えてくると思います。まずは家族の価値観の共有です。

 

Bois設計室に、時々「相談だけ」って住まい手の方がいらっしゃることがあります。

 

他の設計士さんや工務店で家を建てる契約をしたのだけれど

その方達と上手くやりつつ、適正なコストで良いお家を建てたい。

だから、セカンドオピニオンとしてアドバイスが欲しいってことみたいです。

 

こういう相談、私の設計のお仕事には繋がらないけど

経験値のUPにはつながるのでお受けしています。

 

ある方のご相談は、工務店さんの見積もり内容について

その方はここがもっと安くならないのかとかこれはどういうもののことを言っているのかとか色々疑問がある。

でも、素人が何の知識もなくそれを直接工務店さんに言ったりすると

的外れなことだったらば相手の気を悪くしてしまう。

あくまでもお互い気持ちよくスムーズにことを進めたいから、私の意見を聞いた上でどうするか考えたいと。

 

とっても賢明なお考えの方だと思いました。

小さな問題はあったかもしれないですが、

工務店さんや設計士さんとの信頼関係を保っていかれて

きっと良い家づくりができたに違いないと思います。

 

『家づくり相談』

・家づくりの疑問・相談・セカンドオピニオン

・5,000円/1時間 

・要事前予約:Bois設計室に来所いただきます。

 

【旅の写真】

1996年 シャルトル/フランス

Le maison Picassiette  ピカシェットの家

今は撮影禁止みたいですが、当時は撮れました。デジカメではなくフィルムで撮った写真なので

良い感じに色あせてきてます。

イジドールさんという墓守の人が、陶器の破片を拾い集めて30数年かけて作ったお家。

https://www.chartres.fr/sortir-a-chartres/culture/maison-picassiette/


 

   







コメント