元祖 ひまうま本舗

「ひまうまの世間は、鬼ばかり?」後身blog

友の変じて敵となるもの

2022-11-22 08:32:37 | 独り言




「友の変じて敵となるものあり」。こちらも森鴎外氏の著書に在った名言だと思うが、その意味も何か解るような気がする。「解り合えているからこそ?」である。それだけ古い付き合いならば、当然、その悪い面も深く理解をしているのだ。だからこそ悪い面は我慢をしている訳で、そこが許せなくなった時が『敵』になる瞬間だろう。つまり「何処まで見過ごせれるか?」だ。そんなものだと思う。さて毎日、更新をしている“このblog”だが、イマイチ冴えない。その内容は、実は時事blogなのだが、元総理の安倍晋三氏が暗殺されてからは、今更ながらの『安倍ロス』で、現政府も、あんな感じなので、余計に興味がない。おまけに、その安倍元総理の国葬と葬儀が重なった父の事もあり、言わば(些か民話っぽい呼称だが、)『おとうロス』だ。既に悲しみが、どうのこうのとした状態でもないが、心に空いた大きな穴が、今更ながら脱力感に繋がっているのだろう。だから文面にも勢いがない。趣味の話も相変わらずだが、そこも惰性で書いている感もあり、やはりイマイチだ。昨日、マッチングの関係から、古い Victorのカセットデッキで使うキャプスタンベルトを発注した。それは角ベルトだが、なかなか適応しないのだ。その手のパーツは、今や中国製だらけだが、品質が原因なのか、何故かフィットせずに酷くうねっている。「こりゃ影響が出るだろうな?」てな位だ。だからまだ落ち着かない。これから届く、キャプスタンベルトは大丈夫だろうか?それが収まれば、別な作業を先に進める事が出来る。



「岸田首相」は実は、これまで決断をしたことがなかった
https://www.dailyshincho.jp/article/2022/11170600/?all=1

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« 堕落の梯 | トップ | 物隠すように見ゆるも »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿