D'Trick mania

Le champagne et la santé, hier et aujourd’hui

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ホテルニューオータニ エグゼクティブハウス 禅 1

2014-03-22 | hotel

HPを見ていただければ分かるかと思いますが、日本式庭園を擁する都内のホテルといえば、椿山荘とニューオータニというのが私のイメージ。
どちらも外資系ではないホテルで、絢爛豪華まではいかないけど、割と和風に派手な内装という印象ですが、この「エグゼクティブハウス 禅」は現代的で、おしゃれな外国人がイメージする和風テイストで整えられています。
なのである意味マンダリンやハイアット系に近いと言えば近い。

泊まった部屋はスタンダードタイプ
40㎡以上が希望ですが、まあ36㎡あればいいかな~と思ったのですが、部屋で荷物を運んでくれたスタッフに説明を受けるのですが、3人いると人が多いなという感じがするのはあと4㎡足りないから??

加湿器などいつも借りるものを頼んでいる間に撮影タイム。


ドアを開けて左手にベット。



ヘッドボードがあり使い勝手は良かったです。
シーツとピローケースは1860年創業のイタリアの老舗リネンメーカー「フレッテ」社製だそうです。
究極の寝心地を目指してリネンからベット、バスローブまでこだわっているようですが、この文章を見つけるのには苦労しました。
色々な冊子やパンフがあるのですが、まとまっていなくて…。




ベットの足元左側にデスク。




ベットの足元右側にTV。
奥にローテーブル、シングルソファとオットマン。
この辺りは狭いので椅子を動かして対応・・・。

その右手奥=ドアをはいって右手回り込んだあたりが水回りです。
動線的には機能的でした。



洗面場+トイレ。




バスタブ。
エグゼクティブという広さではないけどANAもこんなかんじだったっけ??


リニューアルしたそうなので全体として綺麗ではありました。




一見揃っている感じなのですが、一晩過ごしてみるとあとひとつ物足りない感じでした。

例えばスーツケースを置くとこをはクローゼットの中だから使いにくいとか。
靴を置くのもクローゼットの中だからいちいち開けなきゃ、とか。
ハンドバックを置くような棚がない。(フツーならローチェストなどがあるのですが、TV台しかないので)
そしてTVを見るのはベットで、というカンジ。
あとカーテンを開け閉めするのは手動というのがホテルでは珍しくてびっくりでした。笑





コメント   この記事についてブログを書く
« 予告とご報告 | トップ | ホテルニューオータニ エグ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

hotel」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事