晴走雨寝

六波羅蜜多を少しずつ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

諸嶽山總持寺祖院

2013年10月19日 21時18分48秒 | 曹洞宗
風光明媚な海岸線を北上し,途中関野鼻に立ち寄りました.


関野鼻に入るには閉鎖された建物の駐車場を通る必要があります.
バイクなら車止めの隙間を通ることができますが,四輪の場合は県道に停めることになります.

気を取り直していきます.
 
 

二〇〇七年の能登大地震で被災してそのまま放置されているようです.


取り敢えず歩いて行けるとこまで行ってみました.



下の写真左上に写る建物が閉鎖された関野鼻パークハウスという建物です.


観光地としての価値は高いので閉鎖され続けているのが勿体無く思われます.

改めましてこの日も十月十二日.
幕営地に向けて北進する途中,總持寺祖院に立ち寄りました.


元来,能登輪島の總持寺は永平寺と並び曹洞宗の大本山でした.
永平寺の開基道元禅師は曹洞宗の開祖,總持寺の開基瑩山禅師は曹洞宗普及の礎を作ったとして両禅師を崇めているそうです.
現在は明治三十一年の大火災を機に明治四十四年,大本山としての機能を横浜鶴見の總持寺に移されました.

三樹松閣

能登の門前すじかい橋を,死なぬ一期に渡りたい

拝観受付の方と世間話をしてから境内へ,山門の手前に経蔵があります.


経蔵の向かいに芳春院というお寺があります.


山門


法堂(大祖堂)
 
どうやら工事中のようです.


頂いたパンフレットでは法堂を通ってその先のお堂を拝観する流れになっていましたが,
法堂から先には立ち入ることができませんでした.

拝し奉る 太祖常済大師

有難や,有難や.
コメント   この記事についてブログを書く
« 金栄山妙成寺 | トップ | 幕間その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

曹洞宗」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事