「ボブ吉」デビューへの道。

goo ブログ キャラクターテンプレートでもお馴染み「ボブ吉」。
メジャーデビュー目指して、作者の奮闘日記!

ブラッド・ピットの似顔絵。「バベル BABEL」

2007-06-09 23:33:24 | 有名人似顔絵【な・は行】


映画「バベル」、2回目の鑑賞を目論んでたんですが、時間が合わず、
残念ながら今週上映が終了してしまいました。
「期待外れだった。」「よくわからなかった。」という感想も、
数多く見られたんですが、僕は、時間が経てば経つほど。
確かめたい事が膨らんできてたんですよね。
映画の作り自体、ある程度観る人の想像に任せてる部分が
多かったじゃないですか?
例えば、ヤスジロー(役所広司)とチエコ(菊地凛子)の親子関係。
この映画の中では、ヤスジローが銃の悲劇の発端を作ったにも拘わらず、
親子関係は修復への兆しが見えて終わってます。
大体、家に帰ったら素っ裸の娘がベランダに居る、それは父親にとって
かなり衝撃的なシーンのはず。しかし流れるように娘を抱き寄せる。
邪推だとは思うんですが、「おいおい、普通の親子関係じゃないのか?」
という見方だって出来る。
まあそれは置いておくとしても、チエコが刑事(二階堂智)に、
母親の自殺の方法に関して、何故嘘をつく必要があったのか。
それから刑事に渡した手紙の内容など、それらを想像するのが
すごく面白かったので、その想像を補完する手がかりが、
スクリーン上にあったんじゃないかと、後を引いてたんですよね。

それから各国のエピソードの、プラス・マイナス収支も、
もう一度確認してみたかった。
この映画の中では、モロッコの家族が、1番マイナスが多かったと
思うんですが、安易に子供に銃を持たせてしまった事を考えると、
それは自業自得のようでもあり・・複雑なところ。
明確にプラス・マイナスがわからないのも、この監督の魅力なのかも
しれません。
言い換えれば、「現実そのもの」のような気もします。

ブラッド・ピットといえば、この夏「オーシャンズ13」が
公開になりますね。
僕も劇場で予告編を観て、1人で盛り上がってました。
そういえば今週、ロサンゼルスのチャイニーズシアターで、
主演のジョージ・クルーニーやブラッド・ピットが、手形押しの
セレモニーに参加したというニュースもありました。
手形と足形をとってる映像を見ましたが、今までブラピの手形が
なかったっていうのも意外でした。

コメント (11)   トラックバック (56)   この記事についてブログを書く
« ボブ吉待受「ボブ吉紙相撲(G... | トップ | ボブ吉待受「よっ大統領(GIF... »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
う~ん (mana)
2007-06-11 22:22:16
何だろう?優し過ぎるのかなぁ、ブラピの笑顔。

こちらでは「バベル」まだやってましたよ。そろそろ終わりですね。
どうしても見返したい訳でもないけど、SHINGO。さんが邪推したのも面白いかも!
いくらチエコの伝える手段だと言っても、素っ裸になったのには引きましたからねぇ。しかもそのまますーっと終わってしまって。
想像力豊かなSHINGO。さんには退屈しない映画だったでしょうね~。
私はまだまだですわぁ(笑)
☆manaさん、こんばんは。 (SHINGO。)
2007-06-12 03:38:31
>優し過ぎるのかなぁ、ブラピの笑顔。
うっ この似顔絵を評価してくれる猛者は、どこかにおらんか(汗)

>素っ裸になったのには引きましたからねぇ。
なんか日本の青春映画に、よくありがちなシーンじゃ
なかったですか?
いきなり裸になって、私を見て!・・みたいな(笑)

でも刑事さんとの、チグハグなやりとりは、面白かったですよ。
ありがちな勘違いというか、よくこんなセリフのやりとりを
書けるなぁ~と感心しました。

なんかもう一度確認しながら、見返してみたかったなと思いました。
最初見た時は、準備なしで見たもんですから、
驚きの連続だった(笑)
お久しぶりです~ (ダンス×2)
2007-06-12 22:18:25
あの~
「バベル」観てないのでちょっと言いづらかったんですが・・・
ブラピって今こんな顔なの!?
ショック~~~
☆ダンス×2さん、こんばんは。 (SHINGO。)
2007-06-13 03:19:02
このぶんじゃ、ジョニー・デップなんか
アップした日にゃ、怖くてブログ覗けんな(汗)

けっこう気に入ってるんだけどなぁ・・辛いですわ。
Unknown (もじゃ)
2007-06-18 00:54:15
こんにちは。TBありがとうございます。
2回目の鑑賞出来なかったのは残念です。
DVDで確認でしょうか。
うん、日本のエピソードは気になるとこ多かったですねぇ。
Unknown (Ageha)
2007-06-18 14:01:20
届け、心ってのは
監督が言わんとしてることが
どれくらい伝わったんやろっていう
願いのようなキャッチコピーだったのかも。(!)
実際難解でした。

言葉が通じないとか国籍や考え方が違うとか
そういう最初の壁よりも
身近にいるわかってて当たり前の関係が
実はとっても思い込みの上に成り立ってて
全然気持ち通じてないじゃんという作品でした。
今にして思えばですが。

あとね、
ヘリコプターで帰る間際に
散々世話してくれた通訳さんにドルを渡すブラピ、
モロッコで世話になったからと
銃をプレゼントしたヤスジロー、
この辺の「感謝の気持ち」の表し方が
ホントビミョウというかわかっとらんというか
いやなものを見た気がしました。
コメントありがとうございます。 (SHINGO。)
2007-06-18 15:52:23
☆もじゃさん、こんにちは。
2回目、観てみたかったですわ。
あの鶏グルグルさえなければ、DVD買いたいところなんですが(笑)
借りて、見ると思います。

なんか日本編が中心だったとうな気もしますね。
チエコが、この作品の象徴的な存在だったからかな。

☆Agehaさん、こんにちは。
ここでもありがとうございます。

見たくないもの、見なくてもいいようなものが混在してる世界観が
この監督の特徴なんですかね。
各国のつながりも、偶然のような必然のような、
頭を整理する意味でも、もう1度見てみたかったんですがね。
でも、日本の至れり尽せりのドラマばかり見てる僕にとっては
すごく新鮮なものでした。

>実はとっても思い込みの上に成り立ってて
>全然気持ち通じてないじゃんという作品でした。
そうですね。
言葉や国籍の違いで、通じ合えないというのは
まあ普通のことで、でも実は身近な人とでも、
それが出来てないって事なんでしょうね。
あ~整理する意味でも、もう1回観ておきたかったです。
イカス!ブラピ (oguogu)
2007-06-19 01:27:00
TB&コメントさせてもらいますね~
 口のしゃくれ具合が良いですねぇ。ちょっとおでこがヤバイ(爆)所も凄く気に入りましたよw

まぁ普通の親子関係ではないのかもしれませんね。
帰ってきたら自分の娘が裸だったらやっぱり驚くでしょうねぇ。
でも一つの感覚を失っている人ならではの精一杯の感情表現は受け止めても良いのかもしれません。
☆oguoguさん、こんにちは。 (SHINGO。)
2007-06-19 13:39:45
>イカス!ブラピ
初めてこの似顔絵を認める人が出てきた(笑)
この感想だけで、救われました(笑)

>まぁ普通の親子関係ではないのかもしれませんね。
母親の猟銃自殺ってのも、すごく珍しい事ですよね。
どんな事情があったのか、それは想像するしか
ありませんが、脚本家・監督は、どんな設定を
用意してたんだろうかと、気になりますわ。
菊地さんは、そこらへんを想像して、
あの手紙の文章を、自分で考えて書いたらしいけど。。。
すいません (seha)
2007-06-22 21:37:28
前回と同じ記事をトラックバックしてしまいました。削除してください。お手数ですが。

コメントを投稿

有名人似顔絵【な・は行】」カテゴリの最新記事

56 トラックバック

今週日記 (Good!な芸能ブログ集)
交錯する5日間。互いを思いやりながらも通じ合えない異国の人たちと、言葉は通じても通わない心。それらを象徴するのが、菊地凛子さん演じる聾唖の高校生チエコだったのね。彼女も...
バベル (シェルティ Pазум official site DIARY)
         (ぼくの犬語わかる?) 映画「バベル」を観てきた。 観た人の評価が「良・悪」に2分されてるようだ。 私は、「良」の方。 上映時間の長い映画だったけど、それを感じなかった。 息詰まる思いでずっと観ていた。 「バベル」という題名で象徴している...
「 バベル /Babel  (2007) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 : アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演 : ブラッド・ピット  /ケ
バベル (Akira's VOICE)
ひとつの銃弾が心の扉を開ける。
バベルー愚かさについての映画 (Good!な芸能ブログ集)
ような重厚さとはほど遠い。『アモーレス・ペロス』よりも優れているものは俳優で、ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、菊池凛子、役所広司、二階堂智、みな素晴らしい。俳...
ブラッド・ピッドじゃなくても… (美容師は見た…)
『バベル』でのブラピは本来のイメージとは違ってました。そして薄かったような(^▽^;)ヾ(゜∇゜*) オイオイいや、存在以上の内容だったのかもしれません。(フォローになってない?:笑)菊地凛子という女優が、どうしてノミネートされたのかも不思議に見えた前半ヾ(゜∇...
笑う大天使(ミカエル) (Good!な芸能ブログ集)
監督:小田一生. 出演:上野樹里 、伊勢谷友介 、関めぐみ 、平愛梨 、松尾敏伸 、菊地凛子. 人気ブログランキング(バナー). ↑人気ブログランキングに投票お願いします(現在74位...
『バベル』 (試写会帰りに)
『バベル』(『BABEL』)を観ている時に頭に浮かんだのは、バタフライ効果というもの。何の気はなしにしたほんの思いつきの、ちょっとした行動が、地球の裏側では大変な事態へと展開しているかもしれない。 見終わってから考えたのは、たった一人きりで生きていると思って...
『バベル』 (Sweet* Days**)
監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イリニャトゥ CAST:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、菊池凛子 他 ゴールデングローブ最優秀作品賞受賞 カンヌ映画祭最優秀監督賞受賞 アカデミー助演女優賞他ノミネート STORY:夫婦の絆を取り戻そうとモロッコを...
バベル/ブラッド・ピット (カノンな日々)
今年のGWのイチオシの超話題作といえばやっぱりこの「バベル」でしょ、でしょ。私の好きな旧約聖書の伝説をモチーフにした作品で、こんなに話題になるずっと以前に「バベル」という映画が公開されると知ったときそのタイトルだけどときめきました(笑)。 出演はその他...
バベル (future world)
なんだか重い・・・スッキリする映画ではない。 大劇場でロードショーというよりは、むしろミニシアターでひっそり観たかったなぁ。。 感動や共感を覚えるのとは違う、そう万人ウケする作品ではないのです。 テーマにもなってる「言葉が通じない、心が伝わらない・・...
バベル (Black Pepper's Blog)
話題の「バベル」を観てきました。 ちょっと重過ぎるかな、とは思ったんですが、チケットが安く入手できたこともあり、観てきました。 公開3日目ということでわりと人は入ってました...
バベル(BABEL) (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
バベルの塔は旧約聖書によると、神が人間の自己神格化の傲慢を憎しみ人々の言葉を混乱させて罰したとのこと。転じて言葉が輻輳してワケワカメな状態になるさま。そしてこの映画も実に見事にワケワカメで、カオス的だ。これも全て、北京の蝶ではなく、東京の弾のせいだ。
バベル (skywave blog シネマな独り言)
1つの事件が、モロッコ・メキシコ・日本を舞台に絡み合って進行する人間模様。 近代文明とはいまだ無縁な荒涼とした風景のモロッコ、混沌と猥雑さのメキシコ、聴覚障害者の視点
BABEL/バベル (とんとん亭)
「BABEL/バベル」2007年 米 ★★★★★ 観てきました!! GW第1弾目は、やはりこの「バベル」 めちゃめちゃ楽しみにしていたのですよ~。 やっと観れた、安堵感が1番目の感想かな?^^ はるか昔、言葉は1つだった。人間たちは神に近づこうと....
バベル (★YUKAの気ままな有閑日記★)
アレハンドロ・ゴンサレス・イ二ャリトゥ監督の『21グラム』を鑑賞した時に、重苦しい気分を味わったので、本作も覚悟して鑑賞した(笑)*アカデミー賞6部門7ノミネート、作曲賞受賞、助演女優賞ノミネート(菊地凛子)*カンヌ国際映画祭・最優秀監督賞受賞*ゴールデン...
バベル (えいがの感想文)
いろんなメッセージが込められていて、 いろんなことを思いました。 旧約聖書の「バベルの塔」で、神は人を言葉で隔てた。 ここでは、言語や文化の相違や、言葉を発せられない人、 同じ言語間でも、伝わらない、伝えられない苦しみが描かれている。 現実にこうい...
バベル (映画鑑賞★日記・・・)
【BABEL:2007/04/28】04/28鑑賞製作国:アメリカPG-12監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司、菊地凛子、二階堂智、アドリアナ・バラーザ、エル・ファニング、ネイサン・...
バベル (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 143分 監督 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 脚本 ギジェルモ・アリアガ 音楽 グスターボ・サンタオラヤ 出演 ブラッド・ピット 、ケイト・ブランシェット 、役所広司 、菊地凛子 、 ガエル・ガルシア...
バベル (amapola)
製作年:2006年 製作国:フランス、アメリカ、メキシコ 監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 脚本:ギジェルモ・アリアガ 音楽:グスタボ・サンタオラージャ 出演:ブラッド・ピット ケイト・ブランシェット ガエル・ガルシア・ベルナル 菊地凛子 ジャ...
Babel  バベル (表参道 high&low)
覚えにくいAlejabdro Gonzalez Inarritu(アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ)監督の作品はダイアログがないシーンが象徴的です。 ’Babel’(バベル)も菊池凛子演じるろうあの女子高生のシーンはもちろん、Brad Pitt(ブラッド・ピット)とCate Blanchett(ケイ...
バベル (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
                            評価:★6点(満点10点) 2006年 143min 監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演:ブラッド・ピット 、ケイト・ブ...
バベル (O塚政晴と愉快な仲間達)
ニュースによると、この映画を観て気分が悪くなった人もいるとか。 確かに問題のシーンは、しばらく画面がチカチカしてたけど、子供じゃないんだから気分悪くなる前に目をそらせばいいだけじゃん。 と思う。 バベル ★★★☆☆ -ネタバレ少な...
【2007-62】バベル(BABEL) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
それは、一発の銃弾から始まった 事件は、モロッコから東京に─ そしてメキシコへと移っていく 言葉が通じない 心も伝わらない 想いは、どこにも届かない かつて、神の怒りに触れ言語を分かたれた人間たち 我々バベルの末裔は、永遠に分かり合うことは出来...
『バベル』 (映像と音は言葉にできないけれど)
あるテーマをベースとしてモロッコを中心軸に時計の長針と短針のようにスピード感が異なるメキシコと東京を相関的に描いた本作品は昨年末から今年に掛けて話題になりました。特に菊地凛子さんの演技も注目すべきところでしょう。
「バベル」国と言葉と法の壁を越えた事件の壮大な人間ドラマストーリー (オールマイティにコメンテート)
「バベル」(PG-12指定)はモロッコで起きた銃撃事件を機に世界の4つの出来事が動き出し、その悲劇が1つに繋がるストーリーである。内容的には4つの出来事が1つに繋がっている事を示したストーリーであり、それぞれ言葉が違い、法も、生活習慣も違う中で1つの世界が描...
感想/バベル(試写) (APRIL FOOLS)
凛子フィーバーひと段落で、なんだか忘れられそうだけどTHEパーフェクトだよ『バベル』4月28日公開。モロッコで起きた発砲事件。撃たれたのはアメリカ人女性。モロッコ、アメリカ、メキシコ、そして日本。1発の銃弾が世界中の壁に、バベルの塔に、風穴を開ける。脳みそブ...
BABEL  バベル (シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー)
私は悪い人じゃない おろかなことをしただけ菊池凛子がアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたことで話題となった作品。モロッコの放牧地帯で撃たれた一発の銃弾が、国境を越えて連鎖するストーリー。BABELの名の由来は旧約聖書によるものだ。「遠い昔、言葉は一つだ...
バベル (シニカル・ヒストリー・タワー)
http://babel.gyao.jp/ 「バベル」というからにはバビロンとかバベルの塔をイメージして見るようにいっているのだな。と思いながら見始めた。 モロッコ、アメリカ、メキシコ、東京。それぞれの国の言葉を話し、それぞれの人生を生きている人々がいる...
バベル (B級パラダイス)
143分という長さながら飽きることなく楽しんでみることができました。ただ、鑑賞後にモヤモヤ感が...。
『バベル』 (めでぃあみっくす)
言葉が通じないと気持ちも伝わらない、言葉があっても気持ちは伝わらない。でも本当に伝えたい想いは言葉がなくても通じる。 一発の銃声が結ぶモロッコ、メキシコ、そして日本での計4つのエピソード。どの話にも相手に気持ちが伝わらないばかりに生まれるもどかしさと孤...
バベル (Addicted to the Movie and Reading!)
■ 池袋シネマサンシャインにて鑑賞 バベル/BABEL 2006年/アメリカ/143分 監督: アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演: ブラッド・ピット/ケイト・ブランシェット/ガエル・ガルシア・ベルナル/役所広司/菊地凛子 公式サイト モロッコの山岳に...
バベル (メルブロ)
バベル 上映時間 2時間23分 監督 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演 ブラッド・ピット 、ケイト・ブランシェット 、ガエル・ガルシア・ベルナル 、役所広司 、菊地凛子 エル・ファニング 評価 6点(10点満点) 会場 中野サンプラザ  スタン...
バベル (5125年映画の旅)
モロッコに暮らす一組の家族がある日猟銃を手に入れる。子供達がその銃を遊び半分で発砲し、その弾がアメリカ人旅行者を直撃した。そして物語はその家族から、弾を受けた旅行者夫婦、夫婦の子供達と家政婦、そして猟銃の出所である日本へと広がっていく。 2006年...
バベル (とりあえず、コメントです)
深い哀しみに心がどーんと重くなりました。 モロッコの山間で生活するとある一家では牧羊で生計を立てており 常に狼の脅威にさらされていた。 この一家に隣人が訪ねて来た。彼は一この家が必要としていたライフル銃を売ろうしたのだ。 交渉の末、隣人と良い取引が結ば...
バベル・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
人間たちが痛々しい。 神が創った人間が、天に近づくほど高いバベルの塔を作ろうとしたとき、神は怒り一つだった人間たちの言葉を別々のいくつもの言語に分け、互いに話しが出来なくした。 言葉を分かたれた人間たちは、散
BABEL  (めいほあしあんだ)
「バベル」の塔。その昔、神の怒りに触れ言語を分たれた人間の末裔である私たち。 言葉が通じない世界の中で、人は心を繋げることが出来るのか?
*バベル* (Cartouche)
{{{   ***STORY***                  2006年  アメリカ 壊れかけた夫婦の絆を取り戻すために旅をしているアメリカ人夫婦のリチャードとスーザン。バスで山道を走行中、どこからか放たれた銃弾が、スーザンの肩を撃ち抜く。なんとか医...
『バベル』 ('07初鑑賞44・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 4月28日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:50の回を鑑賞。{%gift%}
バベル 70点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
浜田「ロデーム! ロデーム!」 公式サイト これまでにも『21グラム』など、テーマ性の強い寓話的作品を作っている、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督の最新作。 モロッコを舞台に、山羊飼いで生計を立てている一家の、おそらくは小学校(に行っていれ...
バベル (まぁず、なにやってんだか)
話題の映画「バベル」を観てきました。 なかなか映画の日に観に行くことができないのですが、今回久しぶりに1日に観に行ったら満席でした。 以前から「菊地凛子の体当たりの演技」とワイドショーで言われていましたが、「体当たりとは何ぞや?」と思う私にとって、 ...
【 バベル 】 (もじゃ映画メモメモ)
モロッコ、メキシコ、アメリカ、日本を舞台にしたヒューマン・ドラマ。菊地凛子がアカデミー助演女優賞ノミネートされました。 もうちょっと3つの話が絡むんだとばかり思っていたんですがね、それぞれのテーマは共通していましたが。見る人によって評価が分かれそうな...
バベル☆独り言 (黒猫のうたた寝)
GWの終わりに遊びすぎたのか、^^;;;見事に風邪引き込んで、お腹にはいりました。。。久しぶりの発熱は、もしかしたら時系列翻弄系の『バベル』観ちゃったせいでしょうか(違)モロッコ編1その家族は、知人からジャッカルよけに銃を入手しただけだった。なんでも任...
伝わらない思いのもどかしさ。~「バベル」~ (ペパーミントの魔術師)
精神的にしんどかったのは菊池凛子さんがやってた チエコちゃんかもしれんし、 露骨に命の危険にさらされたケイト・ブランシェット演じる 奥さんも大変やったと思うけど ・・・いちばんかわいそうやったんは オトナの都合で砂漠のど真ん中にほったらかされた この子らち...
バベル (ライターへの道~私の観るもの、感じる事を伝えたい!~)
?  ?     ? バベル(2007年、アメリカ、ギャガコミニュケーションズ) http://babel.gyao.jp/ 監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、菊地凛子、役所広司、 ???? ガエル・ガルシア・ベルナル...
バベル (新!oguoguの日々映画&ビデオ)
2007年4月上映 監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 主演:ブラッド...
「バベル」 (雑板屋)
~2007年4月公開予定作品~ アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督作品なだけに、少々期待も膨らませながら観たものの、正直・・マスコミの過剰反応なだけのような気がした。 話事態は単純で、点と線が繋がりやすく複雑感も全くなし。伏線や時間軸の困難を予...
映画 「バベル」 (ようこそMr.G)
映画 「バベル」 を観ました。
バベル (大洋ボート)
 モロッコ、メキシコ、東京でそれぞれ展開される物語。少年や少女が好奇心や夢を追う、人とのつながりをもとめて大胆に行動する。また、幼い子供を亡くして傷心の真っ只中にいる女ケイト・ブランシェットがいる。一方では、
その声は届くのか? (CINECHANの映画感想)
115「バベル」(メキシコ)  夫婦の絆を取り戻したいリチャードは妻のスーザンとモロッコを旅行していた。そして観光バスに乗っていた時、どこからか放たれた銃弾にスーザンは負傷する。撃ったのはヤギを守りながらジャッカルを追っ払っていたアフメッドとユセフの兄...
バベル (It's a Wonderful Life)
「バベル」ってタイトルとポスターの図柄だけでは どんな映画なのかあまりイメージ出来なかったんですけど、 実際観てみると、なるほど、こういう映画なのか・・・ 確かにこれは簡単に説明しずらい映画かもしれません。 大きくはモロッコ、東京、メキシコの ほぼ...
「バベル」 人はなんと不完全な生きものであろうか (はらやんの映画徒然草)
「バベルの塔」のエピソードが出てくるのは、旧約聖書の創世記。 聖書によれば、人類
『BABEL バベル』★★★★☆ (秘書OL キレイのヒ・ミ・ツ☆)
神よ、 これが天罰か。 言葉が通じない。 心も通じない。 想いはどこにも 届かない。 ―世界は、   バラバラになってしまった― 遠い昔、言葉は一つだった。 神に近づこうと 人間たちは天まで 届く塔を建てようとした。 神は怒り、言われた。 “言葉...
「バベル」鑑賞 (BIGLOBE平主任ブログ)
GW初日は岩盤浴に癒されてきました。 石塚です。
【映画】バベル…普通評価。ポケモンショックには注意ね (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/} ブログのトップページを全文表示から概要表示に変更してみたのですが、 その場合「概要文」ってのを本文と別に書けるようなんですよね。 「概要文」を入力しない場合は本文の書き出し部分が概要文として表示されるようです。 で、スパイダーマン3部作でと...
『バベル』'06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじモロッコを旅行中のアメリカ人夫婦のリチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)が、突然何者かによって銃撃を受け妻が負傷するという事件が起こる。同じころ、東京に住む聴覚に障害を持った女子高生のチエコ(菊地凛子)は、満たされな...