「ボブ吉」デビューへの道。

goo ブログ キャラクターテンプレートでもお馴染み「ボブ吉」。
メジャーデビュー目指して、作者の奮闘日記!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小西真奈美さんの似顔絵。映画「UDON」

2006-09-02 05:13:26 | 有名人似顔絵【か行】


◎キャスト
ユースケ・サンタマリア、小西真奈美、トータス松本(ウルフルズ)、升毅、
片桐仁(ラーメンズ)、要潤、小日向文世、木場勝己、鈴木京香ほか。
上映時間:2時間14分

えっ上映時間2時間14分? 体感時間としては3時間近かった(笑)
本広監督、踊るシリーズファンとしては、どうしても見逃せない
作品だったのですが、感想はすごく書きにくい(汗)
もともと「うどん」という題材で、どんなストーリーを練り上げていくのか
不安の方が大きかったんですが、キャプテンUDON、うどんフェスティバル(?)、
多彩な出演陣と、「うどん」という素朴な響きが持つものとは、
マッチしてない印象を持ちました(逆に、敢えてそうしたんでしょうか?)。
ストーリー的には、香助(ユースケ・サンタマリア)が帰国し、
香川のタウン誌を手伝うことになり、うどんブームが盛り上がっていく前半と、
香助と父親の確執、松井製麺所の後継者問題がメインとなる後半の二部構成。
二部構成と言えば聞こえがいいんですが、本当に2つに分かれてる感じが強く、
そこがまた「長いな。」と感じさせたのかもしれません。
批判的になってしまったので、面白いところをひとつ。
(いや、面白いところ、たくさんあるんですが)
香助は、「世界を笑わせる」コメディアンになるべく、
ニューヨークへ行っていたのですが、
夢やぶれ、借金も背負い、故郷・香川に帰ってくるんです。
要するに、直接的な笑いを目指してたんですよね。
で、親父さんは、うどんを通して、地域の人たちの笑顔を見ていた。
「太陽と北風」のような、この対比は面白いなと思いました。
でも、結末は・・あれはあれでよかったんですかね?(笑)
鑑賞後は、うどんが食べたくなるんだろうと思ってたんですが、
正直なところ、詰め込まれた色んな要素に考え込んでしまって、
うどんどころではありませんでした(笑)

中野美奈子アナ、南原清隆、松本明子、高畑淳子さんと、香川県出身者、
多数出演されています。
ネットで調べたんですが、水野美紀(踊るシリーズ)と、
木内晶子(交渉人 真下正義)も、香川出身なんですね。
でもこの二人は、さすがに出演されてないんですよ(笑)
それとエンドロールで、嶋田久作さんの名前が出て、一体どこに出てたの?
とびっくり。後で、わかったけど、まだ観てない方は探す価値あり(笑)
そして「サマータイムマシンブルース」ファンには、とても嬉しい
川岡大次郎、永野宗典、本多力、ムロツヨシ、与座嘉秋、真木よう子、
佐々木蔵之介さんの出演。ついでなので、こちらの似顔絵も
アップしておきます。小西真奈美さんの似顔絵は、もう少し
小動物的な可愛らしさが足りないなと、反省しております。


コメント (11)   トラックバック (45)   この記事についてブログを書く
« ボブ吉待受「9月用カレンダ... | トップ | 長瀬智也クンのGIFアニメ。「... »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (ミチ)
2006-09-02 07:53:40
こんにちは♪

「サマータイムマシン~」ファンにはとても楽しめる作品でしたよね(笑)

以前の作品もこうしてみる事ができて懐かしいですわ~。

サークルの3人に加えて真木よう子、佐々木蔵之介も出ていましたね。

小西真奈美は今回「メガネ少女」がなんともキュートでした。
初めまして (だいどー)
2006-09-02 10:45:20
TBさせていただきました。

香川県出身の私にとっては非常に楽しめる映画でしたよ。どこまでがフィクションでどこまでが実話かわかりますからね。監督自身もその区別がつきにくいことを狙ってるそうです。うどんブームの話やうどんフェスティバルは実話ですよ。実際にあれくらいのカルト問題がだされてます。
へぇ~~~~ (なぎ風)
2006-09-02 14:53:48
SHINGOさん、こんちは!

ふぅ~~~ん、沈没よりやっぱり『UDON』を先に観に行ったんやぁ~~へぇ~~~



UDONはつい最近公開したばっかりでもっと後からで観れる・・沈没、早く見ないと終わってしまうかも知れんのに 



でも小西さんって綺麗のか綺麗くないのか、カワイイのか普通なのか微妙・・って事ないですか?

トータスさんも好きなんですよね。ミスチルと同期だけどやはり関西人だからか、ウルフルズの方が絶対好き!

木場さんが出てらっしゃるとピシッと引き締まるのはさすがです 
やはり・・・ (きんぐ)
2006-09-02 22:41:32
色んなネタを詰め込みすぎた感はありますね。

地元を舞台にした作品ということで、力が入りすぎたのかな~本広監督。

香川県人とその他の地域の観客の温度差もちょっと感じてみたり。

気が早いけど、次回作はどうするのかなぁ…。
コメントありがとうございます。 (SHINGO。)
2006-09-03 03:56:04
ミチさん、こんばんは。

来てくださってありがとうございます。



>「サマータイムマシン~」ファンにはとても楽しめる



ちょっと出過ぎという意見も多いようですが(笑)

僕は、それが一番楽しみだったので、

そこはとても満足でした。

永野さんは出世しましたね。

これから色々オファーも来るかも?



>小西真奈美は今回「メガネ少女」がなんともキュート

マーチ、よく壊してましたよねー!

あれは会社のいマーチなのか、

自前のマーチなのか、おいおい何台壊すんだいと

変な心配をしたり(笑)



だいどーさん、こんばんは。

来てくださってありがとうございます。



>監督自身もその区別がつきにくいことを狙ってるそうです。



おそらくほとんどが事実に基づいて

作られたんだろうなとは思ったんですが、

その区別がつきにくくしたことで

何が、生まれたのかというと、

他県人には、ようわからんのです。

もっとわかりやすい作り方にしちゃ

マズかったんですかね。

鑑賞の神経が、色んなところへ飛んでいって

なかなか掴めない映画でした。すいません。



なぎ風さん、まあまあ落ち着いて(汗)

沈没観ようとは思ったんですが、

気分的に「UDON」だった(笑)



>やはり関西人だからか、ウルフルズの方が絶対好き!

やっぱりそういうもんですかね。

僕もトータスさんは、苦労人だから

いい印象持ってます。

小西さんは、女優やモデルとしては、

可愛い感じがし過ぎてるけど、

男性受けは、めちゃめちゃいいでしょうね。

小動物みたいで、僕は好き。



きんぐさん、こんばんは。

やっぱ気合い入り過ぎ?

もっとコンパクトにしてもよかったような?



>香川県人とその他の地域の観客の温度差もちょっと感じてみたり。



それはあるかも?

おそらく、ほとんど事実に基づいて

作られてるとは思ったんですが、

たとえばそれが事実と思えない人も

たくさんいるだろうし、どう捉えていいのか

困った感じになってしまってるような。

僕が行ったシネコンは、半分くらいの客入りで

笑いは全く起きず。上映後もシーンとして

みんな出口を急いだって感じで、

それを目の当たりにして、また僕もショックを

受けたり・・(汗)

もう一度観ると、また印象も変わるとは

思うんですが。。。



次改作・・「交渉人~2」であって欲しい(笑)
長いなー (たいむ)
2006-09-04 18:28:24
TBどうもです。



いろいろな要素が満載でしたね。

ゲストの皆さんは香川県出身者が中心だったのですね。

メジャーどころが沢山いるんですね、香川県って。
たいむさん、こんばんは。 (SHINGO。)
2006-09-05 01:17:16
来てくださってありがとうございます。

香川県、意外に多くの有名人を輩出してるみたいです。

その他のゲスト出演も豪華でしたね。

広島では、昨晩ようやく特集番組が

放送され、それを見てると、

面白さがより伝わってきました。

2回目見ると、印象も変わりそう。。。
Unknown (zlatan)
2006-09-05 21:48:04
TBありがとうございました。

こちらからもさせていただきます。



「サマータイムマシンブルース」ネタはうれしかったですね。

まさか真木よう子さんまで出てくるとは思ってませんでした。

zlatanさん、こんばんは。 (SHINGO。)
2006-09-06 03:26:03
来てくださってありがとうございます。



>まさか真木よう子さんまで出てくるとは思ってませんでした。



僕も、出演されてるかどうか、

映画を観るまでわからなかったので、

嬉しかったですね。

真木よう子さんは、確か1シーン?

もっと出て欲しかった。。。
テレビで観た (エデン)
2008-03-22 02:01:22
古い記事に失礼します。テレビ放送で観ました。
『サマータイム~』のメンツの続々登場が楽しかった。
観ていない人にとっては脇役にしか過ぎない面子。
楽しみ方が大きく変わってしまうなと。
だからこそ『UDON』の前に『サマータイム~』を
放送すべきだったんじゃないかと、フジに注文(笑)

コメントを投稿

有名人似顔絵【か行】」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

45 トラックバック

映画「UDON」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「UDON」 麺類が好き! 特にうどんが好き! 稲庭うどんや氷見うどんのような細麺から讃岐うどんのような太い麺までどれも満遍なく大好き!『かもめ食堂』『間宮兄弟』ではソウル・フードとしてオニギリが登場していたけれど、今回はうどん! 挫折し ...
UDON (ネタバレ映画館)
ソウルフードがキーワードである今作品。ウルフルズというバンド名の由来も“ソウルフル(SOULFUL)”をアナグラムしたものらしいので、トータス松本の起用もピッタリ・・・
本広克行小ネタ集 「UDON」 (平気の平左)
評価:55点 UDON 思わずニヤリとする小ネタ、キャストが満載。 ちょっと思い出せるだけでも、 佐々木蔵之助、真木よう子、与座嘉秋(ホームチーム)、ムロツヨシ、川岡大次郎など、本広克行監督作品の「サマータイムマシンブルース」の出演者がそのまま ...
UDON/ユースケ・サンタマリア、小西真奈美 (カノンな日々)
TV屋さんの作る映画って巨額の制作費で大量に宣伝して見た目派手なわりに中身が薄っぺらいということもありがちだから過剰に期待しないようにしてました。でもこの作品はテーマが身近で素朴なこともあり、見た目はやっぱりごちゃごちゃと詰め込み過ぎではあるんだ ...
感想/UDON(試写) (APRIL FOOLS)
『踊る』の本広組が贈る痛快「食」エンタ! ユースケ主演の『UDON』。観たらゼ~ッタイうどんが食べたくなる8月26日公開! 映画UDON公式サイト あわせてこんなサイトも仕掛けてます、東宝×フジ×ROBOT。 うどんバラエティチャンネル 讃岐うどん屋の息子・ ...
待望の日 (おじゅっさんの日々)
見てきましたよ。 「UDON」 試写会に行った人の感想とかは聞いていたけど、 みんなネタばれ防止の為にあんまり具体的なことは 言ってくれないんですよね。 とりあえず、私が出てると言うことだけは聞いてました。 さて、私の感想はと言うと ...
『UDON』 (試写会帰りに)
『UDON』試写。毎日朝はうどん。たまに三食うどんの日もある、さぬきうどん好きとしては、観ないとマズイ!?ですね。ブームもすっかり定着し、日常となった讃岐うどん。映画『UDON』公開で第二次うどんブームが起こり、香川に再びパニックが起きないか!? それがちょ ...
「UDON」 (ナナシ的エンタメすたいるNet)
日劇で先週公開になった「UDON」を見てきました。 「踊る大捜査線」シリーズの 亀山千広プロデューサーと本広克行監督が再びタッグを組み、 うどんをテーマにうどんを愛する人々を描いたソウル・フードムービー。 夢に挫折しうどんと出会い人生を取り戻したが 再 ...
映画 「UDON」 感想 (THE有頂天ブログ)
映画 「UDON」 観てきました。 一度試写会で観てるけど、公開されてからは初めてです。 平日のお昼の回に行ったんだけど、満席。早めに劇場に乗り込んで正解でした。 観客の年齢層が幅広く、小学生からお年寄りまで本当に老若男女まんべんなくという ...
『UDON』 2006・8・26に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
『UDON』?  公式HP?のAはこちら    公式HP?のBはこちら ●あらすじ うどん屋の息子として育った香助は、夢を求めて単身ニューヨークに渡ったが、夢半ばで挫折し、借金を背負って帰郷することに。しかし、墓参りに行く途中に宮川恭子と出会い。親 ...
UDON (まぁず、なにやってんだか)
予告を観て「面白そうだな。ちょっと泣けそうだし。」と思い、「UDON」を観に行ってきました。 泣く予感がしていたにも拘わらず、ハンカチ類を持たずに映画館に来てしまいました・・・大丈夫なのか? この映画は泣かせるツボがあって、すっかりそれにはまり ...
UDON(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】本広克行 【出演】ユースケ・サンタマリア/小西真奈美/トータス松本/鈴木京香/升毅/片桐仁/要潤/小日向文世/木場勝己/他 【公開日】2006/8.26 【製作】日本 【ストーリー】 BIG!になるため故郷の讃岐か
UDON (メルブロ)
UDON 上映時間 2時間14分 監督 本広克行 出演 ユースケ・サンタマリア 小西真奈美 トータス松本 鈴木京香 評価 7点(10点満点)    一ツ橋ホールでの試写会。なんと邦画4連続鑑賞だ。  言うまでのなく、観賞後はうどんが食べたくなるので ...
UDON (映画鑑賞★日記・・・)
『UDON』公開:2006/08/26(08/26)監督:本広克行製作:亀山千広出演:ユースケ・サンタマリア、小西真奈美、トータス松本、鈴木京香、升毅、片桐仁、要潤、小日向文世 ☆story☆讃岐うどんの本場、香川県でうどん職人の息子として生まれた松井香助は、ビッグにな ...
うどんどんどん、どどんどんどん… (キャスポ)
「UDON」観ました。劇中で小倉さんが、「僕はうどんより、そば派なんだけど…」
UDON (UkiUkiれいんぼーデイ)
「田舎の“クチコミ”バカにしたらアカンでぇ~。インターネットより早い!」 by庄介 うっど~~~ん!良かったよ(´゜ー゜`)b こういう能天気でハイテンションな役って、ユースケ・サンタマリアにピッタリでしょ~! でもユースケの箸の持ち方なっ ...
UDON・・・・・評価額1250円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
お昼ご飯にたまたま讃岐うどんを食べ、そのままフラフラと劇場へ。 私をこの映画に誘ったのは、間違いなく「UDON」の力だ(笑 「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督が、故郷の香川県とソウルフード「讃岐うどん」への
UDON (Schicksal)
UDON(うどん) なぜ今うどん?というのもあるけど、予告編を最初に見て以来、見てみなくてはと決めていた。 うどんを知るにはいい映画だろうか。香川県のPR映画っぽいところ
「UDON」試写会にて 監督舞台挨拶 (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
先週ファボーレ東宝で行われた「UDON」の試写会に行ってきました。
UDON 2006 134分 (極私的映画論+α)
 讃岐うどんの本場、香川県でうどん職人の息子として生まれた松井香助は、ビッグになると言って家を飛び出しニューヨークへと渡った。しかし、夢半ばで挫折し、借金を背負って帰郷することに。そして、親友の紹介で地元のタウン誌で働き始めた香助。そこで彼は、 ...
「UDON」 (the borderland )
チラシには「全米メディアが早くも注目!」「ハリウッドはドーナツの映画を先んじて作るべきだ。」「UDONで今の日本を表現するとは、お手並み拝見!」などと景気のいいコメントが並びたてられてますが、全部デーブ・スペクターが考えたんじゃないのってほど、 ...
「UDON」 (俺の明日はどっちだ)
昨日の夜中、ピーター・バラカン司会のNHKの番組「Weekend Japanology」の再放送を観ていたら香川の特集で“讃岐うどん”を紹介していた。 そして番組の中で登場していた香川のおじさんが話す流暢で的確な英語の解説はとても面白くて思わずうどんが食べたくなっ ...
UDON☆独り言 (黒猫のうたた寝)
実は、数年前に讃岐うどんを食べに香川まで行きました。 そのときの思い出はここで思い切り語ってるんですが そーいうわけで(どーいうわけで?)結構讃岐うどんには思い入れがあったりして 観てみましたよ・・・初日に『UDON』^^;;; 前半は讃岐う ...
UDON (なにも起こらなかった一日の終わりに)
 …うど~んん(江守徹調で。観ていない人には分かりずらいですがイントネーションが絶妙)  ということで月曜にバイトが休みだったので「UDON」を観てきましたよ~。  NY。  松田香介(ユースケ・サンタマリア)はコメディアンを目指してはるばるN ...
UDON (Akira's VOICE)
麺は美味しい。 薬味も効いている。 しか~し,ダシは薄味。
「UDON うどん」みた。 (たいむのひとりごと)
湾岸君ならぬ、UDON君?(ちょっとかわいいかも。)『Captain UDON THE MOVIE』是非に観たい!とは思わないけど、きっと観ちゃうんだろうなぁ(笑)ということで、「UDON」を鑑賞。”踊るシリーズ”の本広×亀山。タッグを組
UDON (skywave blog)
躁的雰囲気を楽しむ映画です。 前半は、うどんブームが作られていく面白さのコメディ。後半は、対立していた父と子の再生を描くヒューマンドラマ。げらげら笑って、最後にしんみ
UDON (三度の飯より映画好き)
我が故郷のソウルフードは何だろう…。独活かな?それは名産か…。 正直言って、「あーうどん食いてえなー」という気持ち以外に残ったものはあまりありませんでした。とはいっても決してつまらないわけではないのですが。ほとんどのエピソードが実話を基にして ...
「UDON」 うどんの話なのにコシがない (はらやんの映画徒然草)
讃岐うどんブームのきっかけを作った麺通団をモデルにしたお話です。 映画を観ている
UDON (おいしい手料理)
今日は「胃にやさしいものにしておくれ」とタフオからの申し出があり、うどんにしま...
★「UDON」 (ひらりん的映画ブログ)
ウドンよりソバが好きなひらりん。 うーーーん、ユースケだし・・・ フジテレビくさいし・・・ っと、迷ったけど、今月あんまり映画見てないし・・・ チネチッタのポイント貯まっててタダだし・・・ ちょっと笑えそうなので、見てみることに・・・
udon (It's a Wonderful Life)
うどんは特に意識した事ないけど、お昼に月2くらいで食べてるかな? 大阪のうどんは普通にオイシイですし、行列なんてしなくてもいつでも 食べられるし。讃岐うどんスタイルのお店も結構多いです。 香川で讃岐うどん食べた事って一度しか無いかなぁ。 ウ ...
「UDON」 (塩ひとつまみ)
この映画を観たあとに うどんが食べたくなるとは聞いていましたが…
【劇場鑑賞90】UDON (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
一杯100円の奇跡が始まる
『UDON』舞台挨拶@日劇2 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
映画『UDON』の舞台挨拶へ行ってきた。監督は、OD・踊るシリーズでおなじみの本広克行監督。本広作品の舞台挨拶はこれで4回目の参加σ(●゜∇゜●)は『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』にエキストラ出演してるし、誕生日も監督と一緒だ ...
UDON (rumble::place)
本広監督の最新作『 UDON 』を観てきました。何度か香川に讃岐うどんを食べに行
UDON (映画館で見たい映画)
大物になる夢を抱え、アメリカへ飛び出していった男が 夢破れ帰ってきた故郷で出会った、一杯の讃岐うどん。 UDONは誰もが必ず持っている『ソウルフード』を通して 主人公が知る仲間や家族との絆を描いた物語です。 コメディアンを目指してアメリカへと飛び立った ...
『UDON』 6P (OL映画でいやし生活)
私的オススメ度:6P 1/2くらいの確立で当たるFMTOKYOの試写会がまた当たりました。いつも平日でしかも突然ハガキがくるので、行けた試しがあまりないのですが、今回は土曜日だったので、会社の先輩と見にいってきましたぁ。 【STORY】 成功を ...
UDON (ガブ飲み生活♪)
映画ファーストデーの本日、ユースケサンタマリア主演の「UDON」を観てしまいました。 タイトル通り「讃岐うどん」がテーマの映画{/silver/} 前半は「うどん」ブームへの道のりが、勢いがあって笑いもふんだんに、なかなか面白い映画{/face_warai/}だったので ...
『UDON』 (Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐)
“うどんを1杯お願いします。” いやいや…。 “UDONを一枚お願いします。15時30分の回で…。” とても映画のチケットを購入しているとは思えない、ちょっと気恥ずかしい、映画館のカウンターでの一コマ。 (スタッフのお姉さんもクスッと笑っていましたから…。) ...
『UDON』 (ねこのひたい~絵日記室)
「選択で作られ、選択で滅ぶかもしれない」のがX-メン。 「マニュアルで作られ、マニュアルで滅ぶかもしれない」のがうどん。 ある意味、どちらもメン類です。
UDON (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
「踊る大捜査線」シリーズの亀山千広プロデューサーと本広克行監督が仕掛ける(!?) 「ブームは作るモンじゃない」とか言いながら東京のテレビ局の「会議室」で適当なコト言ってるところが秀逸かも。 UDON スタンダー
UDON [Movie] (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画(DVD)「UDON」         (本広克行:監督/戸田山雄二:脚本)  UDON スタンダード・エディションポニーキャニオンこのアイテムの詳細を見る  一言に集約するなら、  「おいしいうどんが食べたくなる!」映画です^^  ほんとにおいしそうなんですよ...
『UDON』'06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ成功を夢見てN.Y.に渡米していた松井香助(ユースケ・サンタマリア)は、挫折した事により故郷の田舎町に戻ってきた。借金を背負い人生のどん底にいた香助の前に地元の雑誌社で働く編集者の恭子(小西真奈美)が現れる。香助は恭子や地元の人々と触れ合ううちに地...
UDON (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『観ないと、マズイ!』  コチラの「UDON」は、タイトルの通り日本のソウル・フードの1つうどんを巡るハートウォーミングなコメディで、本日8/26に公開になりましたので、早速観て来ましたぁ~♪  お話としては、うどん屋の息子松井香助(ユースケ・サンタマリア...