「ボブ吉」デビューへの道。

goo ブログ キャラクターテンプレートでもお馴染み「ボブ吉」。
メジャーデビュー目指して、作者の奮闘日記!

大倉孝二さんの似顔絵。「わたしたちの教科書」第6話

2007-05-20 19:52:51 | 有名人似顔絵【あ行】


●「わたしたちの教科書」第6話「恋をする気持ち」
真木よう子、転落事故の真相、変化していく登場人物の印象・・
という共通項目で、当初映画「ゆれる」をイメージして見ていました。
「ゆれる」は、吊り橋から、真木よう子演じる智恵子が転落するわけですが、
裁判になるまで、その転落の詳細は映像にはありません。
「わたしたちの教科書」も、転落自体は映像にありませんよね。
確か2度悲鳴があがったと思うんですが、1度目は窓から身体が
落ちそうになって悲鳴、2度目は実際に落ちてしまって悲鳴、
と理解してるんですが、どうでしょう。
ただその時の、落ち方、姿勢で、まったく印象が変わってくるはずで、
その様子が一切ドラマ内で語られてないのは、ちょっと卑怯な
感じがします。
今回6話でも、「藍沢明日香を殺したのは・・」というセリフが出てきます。
僕は、「藍沢明日香という存在を殺した」と、理解してるんですが、
変に思わせぶりで、安いなと感じてしまいました。
しかし一体「何ドラマ」なんでしょう?
広島の地方紙には、「新しいジャンル」のような紹介記事がありました。
まあ確かに、5話で意味深な話をしてた仁科朋美(谷村美月)が、
6話ではセリフも無し。画鋲の犯人だって、匂わせるけれど、
明確には示さない。1話1話で別物のドラマみたいです。
良く言えば新しい味わい、わるく言えば流れが切れてる。
いっそエンターテイメントに徹してくれてれば、
「アンフェア」的に盛り上がれるんですが、デリケートないじめ問題が
絡んでるだけに、真面目に感想書かなくちゃと思ったり(笑)

『人間の心の奥底に眠る暗い影。
それはほんの些細な、思いも寄らぬきっかけで、露(あらわ)になる。
そんな人の危うさを見つめる事で、人間そのものの在り方を問う。』
これはナビ番組での、締めのナレーションです。
転落事故は、人間の心の奥底を露にする、きっかけに過ぎないんでしょうか?
いや、転落そのものにも何か意味があると思いたいです。
その意味も、単に「自爆テロ」ではない事を願っています。
そういえば5話の、「サンキュー」しか英語を知らないアラブ人のお話も
自爆テロを連想させるものでしたよね。
どうしても伝えたい事があるのに、その方法が的外れで、それが滑稽で哀しい。
エンディングテーマの歌詞と合わせると、イヤな予感は強まります。

どうでもいい事なんですが、放送開始前の「ザ・テレビジョン」では
菅野美穂の役名は、「沢木珠子」となっていました。
実際には「積木珠子」となったわけですが、珠を積むっていうのが面白いなと。
何か「報われない事をしている」というイメージじゃないですか?
ついでに書くと、喜里丘中学というのは、「霧に包まれたような」という
意味が込められてるんでしょう。その源が「雨木」。
でも雨木の名前は「真澄」。やがて霧も晴れるんでしょうか。
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
« ボブ吉待受「ボブ吉の叫び(G... | トップ | ボブ吉待受「奈良のボブ吉(G... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (かりん)
2007-05-20 21:26:13
>珠を積むっていうのが・・報われない事をしている
>霧に包まれたような・・でも雨木の名前は「真澄

すっごいですね!!感嘆しました。
ここまで読んでおられるんですねえ。
名前のイメージって本当に大事です。珠子は本当に誰にも報われないことをしていますし、霧の学校で雨ときたら暗くじめじめした印象ですね。
ドラマを象徴する名前に見えてきました。最後に「真澄」と結んでくれたということは、明日香の無念が晴れる日も近いと受け取りたいですね。
Unknown ()
2007-05-20 22:25:33
大倉さん、すごく良く特徴をつかまれてますねーー!!

珠子の名前など、SHINGO。さんのコメントを読んで
色々考えられているのだなー、と
すっごく、感心しちゃいましたよー。
このドラマ、伏線のようなものがいっぱい張られすぎて
あっちに行ったりこっちに行ったり・・・。
朋美の件なんて顕著ですけど、
確かに流れが切れている感じがしますね~。
音也 (小龍)
2007-05-21 00:48:44
霧に包まれた中学の元締めが「雨木」
ふっ、深い!
息子の「音也」にも何か意味がありそうですね
転落シーンは、後だしジャンケン的に真相究明の鍵として使われそうな予感(ズルいですが・・・)
コメントありがとうございます。 (SHINGO。)
2007-05-21 02:11:45
☆かりんさん、こんばんは。
来てくださってありがとうございます。
今季のドラマ、実質的初感想です(笑)

>ここまで読んでおられるんですねえ。
いや、どういうドラマなのかわからないから
小さなところから攻めてるだけなんです。
役名って、変わるもんなんだなとか、感心しながら。。。

>明日香の無念が晴れる日も近いと受け取りたいですね。
なんとしても明日香の件だけは、意味のあるものにしてくれないと
このドラマの意義さえないような気がします。
ドラマ初日の番組宣伝で、菅野さんは結末はもう決っていますと
言っていました。
ということなら、脚本家が書きたいテーマがあってこその
ドラマだと信じたい。
まあ、今はフラフラと横道に逸れっぱなしですが(笑)

☆霞さん、こんばんは。
来てくださってありがとうございます。

>このドラマ、伏線のようなものがいっぱい張られすぎて
伏線って、あり過ぎても鬱陶しいですよね(笑)
10代なら、ワクワクして見るんだろうけど、
ただ単に、視聴者を引き付けたいだけの要素も
あるような気がしています。

あの画鋲の事件だって、教師全員まとまったかに見せて
終盤で、加地先生を一斉に無視。
1話の中で、やることではないと思う。
ドラマって、どこかでホッと出来る部分があってこそ
成立すると思うんですけどね。
このドラマは、とにかく落ち着かないんですよ(笑)

☆小龍さん、こんばんは。
来てくださってありがとうございます。

>息子の「音也」にも何か意味がありそうですね
まだ、素性のわからない人物ですからね。
わかってるのは、何か罪を犯したんだろうってこと。
この人が、雨木副校長の片側をダークにさせてる原因
なんでしょうね。

>後だしジャンケン的に真相究明の鍵として使われそうな
そうなんですよ。
「空から降る一億の星」の失敗を、思い出させます。
後から後から真実が出てくるだけじゃ、な~んも面白く無い。
これはサスペンスではないんだろうけど、
推理させる事は、視聴率にも関わる重要な事。
その見せ方が、巧くないんですよね~。。。
まあこの手のドラマは、なんだかんだ文句言いつつも
好きなので、見続けますが(笑)
Unknown (サワラ)
2007-05-21 21:57:36
TBありがとうございます。
イラストの「戸板先生」の表情がとても好きです。彼がドラマの中でよく見せる雰囲気そのもの、って感じで。ラストで彼がやってることはちょっと安っぽい気もします…。
学校パートでのやりすぎや演技過剰は、私は「全員が『学校』を演じている」という風にうけとってしまいました。学校にまつわる問題のテンプレートを演じているんじゃないかなと考えていました。
だから、当座の問題が先送りされればそれ以上は追及しない、という演出スタイルとってるのかな。と。
舌足らずなコメントですみません。
過剰妄想かなーと思いながらも、こういう推測しながら見るドラマは楽しい…。
上手い! (mana)
2007-05-21 23:08:15
大倉さんの似顔絵もSHINGO。さんのコメントも♪
お久しぶりのSHINGO。さんの鋭い視線を感じて嬉しいです(笑)
いつも名前まで分析されますよね。面白いです。予想通りでもそうでなくても。コラコラ

>伏線って、あり過ぎても鬱陶しいですよね(笑)
その通り!このドラマ、何をどう書こうか分からなくなってレビューは途中リタイア。でも最後まで見届けたいし。

>真面目に感想書かなくちゃと思ったり(笑)
真面目の意味から言うとこう言う系は書き難いですね。小ネタもない真面目系で言うなら「華麗なる一族」のようなものならとことん書けるわぁ(笑)
いじめ問題は苦手です。「生徒諸君」は2話から完全リタイアでした。
結末がドーンと来ないと納得出来ません。雨木や珠子の過去に期待!
転落自爆テロであって欲しくないですね。
はじめまして♪ (仮名)
2007-05-21 23:18:38
こんにちは。
トラックバックを辿ってやってきました。
トラックバックありがとうございます。

大倉孝二サンのイラスト、とてもよく特徴を捉えられてますね。次に大倉サンを見たとき、このイラストを思い出してニヤけてしまいそうです。
このドラマ、春クールの中でかなりハマってみています。結末がどうなるのか楽しみです。

ほかのイラスト、まだ全部拝見しておりませんが、アンフェア考察は見入っちゃいました。

またお邪魔いたします。
コメントありがとうございます。 (SHINGO。)
2007-05-22 02:50:06
☆サワラさん、こんばんは。
来てくださってありがとうございます。

>当座の問題が先送りされればそれ以上は追及しない、と
そうですね。そういう演出もありますね。
ただ何かスッキリしませんよね。
「闘う女性は描きたかった」と脚本家さんが
おっしゃってるんですが、そこに焦点を絞ろうとしても
なんか邪魔が入るというか、話の腰が折られてるような。。。
推理しながら見るのは、僕も大好きなので、
楽しくは見てるんですが、もうちょっと巧く作ってくれれば
さらに面白くなるのになぁと、残念な気持ちも。

☆manaさん、こんばんは。
今季のドラマ、単独での初感想です。
感想を書いて、コメントをもらう、懐かしい感覚(笑)

>予想通りでもそうでなくても。
そうそう、その場しのぎで、外れも多い(笑)

>このドラマ、何をどう書こうか分からなくなって
ポイントがよくわからないんですよね。
上にも書いたんですが、「闘う女性が描きたかった」という
脚本家さんですが、どうも伏線というより、
横道に逸れてる事が多いような?
ま、実際の人生なんて、そんなものですが、
ドラマですから、ある程度、的を絞ってくれないと、
視聴率も上がらんだろうに。。。

>いじめ問題は苦手です。
来期、フジの土曜深夜「ライフ」は、ハードないじめものですよ(汗)
正直、「いじめ問題」を真正面から連ドラでやるのは、
無理が有ると思う。
よほど腰を据えて描かないと、滑稽になってしまう。

>雨木や珠子の過去に期待!
珠子は、離婚以外に絶対に、何かありますよね?
な~んであんな性格になったのか、それが知りたい。
雨木も息子がネックなんでしょうけど、
それは、転落事故と関係あるんでしょうか?
さすがに、そこまで関係ないか。。。

☆仮名さん、こんばんは。
来てくださってありがとうございます。

>春クールの中でかなりハマってみています。
>結末がどうなるのか楽しみです。
そうなんですよね。僕も色々文句言う割には、
ハマって見てるんでしょうね(笑)
もう少し巧く作ってくれたら、もっと視聴率も
上がっただろうにと、残念な気持ちが強いです。
いい役者さん、たくさん出てるのにねぇ。。。

>アンフェア考察は見入っちゃいました。
かなり外れてます。お恥ずかしい限りです(汗)
深い! (WAKA)
2007-05-25 00:18:38
こんばんは~。
SHINGOさんの感想、かなり深いですね。
ウンウンとうなずきながら読みました。
私もこのドラマは見ています。
今週分はまだ見れていないのですが。
最初は面白かったのですが、イマイチはいりこめないでいます。
ただ、謎が多いので、最後まで見てしまうと思います。

大倉さん、とっても似ていますね。
特徴がよく出てますね~。さすがです!
☆WAKAさん、おはようございます。 (SHINGO。)
2007-05-25 09:36:32
>ウンウンとうなずきながら読みました。
でも、自信はないんですよ。
昨日の放送で、明日香は自殺って構図になってるし。
事故って言ってたのは、一体何だったんだ???
まあ、それもダマシかもしれませんが、
大体、事故当時、警察が調べれば、ある程度事故か
自殺か、わかりそうなもんだけど。
それと、目撃情報、ないってことになってましたね。
じゃ、あの悲鳴は何だったの?
どう考えても、落ちる瞬間を見たような悲鳴だったけど。。。

>ただ、謎が多いので、
ホント、無駄に謎が多いんですよね(笑)
それをスッキリさせる為に、見てる感じですね。
昨夜の放送はテンポがあって面白かったので、
この調子でいってほしいです。

コメントを投稿

有名人似顔絵【あ行】」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

29 トラックバック

わたしたちの教科書 第6話 (Happy☆Lucky)
第6話
わたしたちの教科書 第6話 「恋をする気持ち」 (テレビお気楽日記)
直之(谷原章介)「クライサー法律事務所は西多摩市からの依頼を受ける。それと共に積木珠子(菅野美穂)、クライサー法律事務所は君を解雇する。僕との婚約の話も無かった事にしてくれ。」なんて男。父親は直之の為に医療ミスして母親を殺した病院を訴えなかったのに、自分は...
わたしたちの教科書 第6話 (くつろぎ日記)
珠子、君は間違っていない。
わたしたちの教科書(5月17日) (今日感)
あっさりクライサー法律事務所を解雇され、婚約話もなかったことに。 珠子が転落の一途とすると、逆に上昇気流に乗ってきたのが、信念のない男・加地(伊藤淳史)を筆頭の喜里丘中学校の教師の面々。
私たちの教科書 第6話 (日々緩々。)
瀬里の父の余命、母の他界した理由… 珠子が初めて耳にする話の中、瀬里の口から最終的に出たのは 珠子を解雇するということ。 事務所側と珠子の前面対決ということですね{/v/} 学校では、着々と副校長色が広がってました~{/face_gaan/} 加地先生の作ったアンケート...
わたしたちの教科書(第6話) (霞の気まぐれ日記)
うわーーーん、解雇だってー!! そう来ましたか。。 しかも、婚約も解消とは・・・。 それでも諦めない、珠子。 辞めちゃう覚悟まで出来てたんだ・・・。 母親の信念、ってやつですかねぇ。。 決意は固いようです。 一方副校長は、学校でのいじめの状況を徹底調査する...
『わたしたちの教科書』 第6回 「恋をする気持ち」 メモ (つれづれなる・・・日記?)
今回は恋のお話が2本?なのかな。 ちょっと本線からずれてたような回でしたが、あとあと、意味がでてくるんでしょうかね。
わたしたちの教科書~第6話・恋愛! (一言居士!スペードのAの放埓手記)
わたしたちの教科書ですが、熱血教師・加地(伊藤淳史)は完全に体制側に取り込まれてしまったようです。こうなると弁護士・積木珠子(菅野美穂)の孤立も深まるのですが、明日香(志田未来)のお爺さんにまで「いじめがあると思っているのはあなただけじゃないのか」など...
わたしたちの教科書 第6話 珠子の決断と加地の学校 (レベル999のマニアな講義)
内容瀬里直之は、積木珠子に最後通告する。瀬里『クライサー法律事務所は、西多摩市からの依頼を受ける。   それとともに、積木珠子を解雇する』珠子は、判断を迫られる。明日香のことで訴えるのかどうか。だが、決意する珠子。一方、学校では雨木副校長の指示により、...
わたしたちの教科書 第6話 (今日からきっといいお天気)
デレッデレw 先週の加地先生パートは一時間丸々ツン展開でしたが、今週は見事なまでのデレ展開。 加地先生がいじめの追究をやめた途端、加地先生と肩を組み合いながら「俺たちは友達だ」とか言う教師陣に心底むかつきました。 その状況に全く疑問を抱かず、しらじら...
わたしたちの教科書vol.6 (ita-windの風速計)
■わたしたちの教科書脚本/坂元裕二出演/菅野美穂、伊藤淳史、真木よう子、酒井若菜、大倉孝二水嶋ヒロ、佐藤二朗、五十嵐隼士、前川泰之、戸田昌宏小市慢太郎、谷原章介、志田未来、風吹ジュン谷村美月、鈴木かすみ、柳田衣里佳、伊藤沙莉、山本ひかる冨浦智嗣、池田晃...
「私たちの教科書 第6話」珠子、君は間違っていない (バスタイムTV(お風呂テレビでドラマに浸る))
そこに恋愛感情はなかった。だから言うんだ。僕を好きになったことは、一度もなかった、と
《わたしたちの教科書》◇#06 (まぁ、お茶でも)
雨木副校長は、何から何を守りたいのだろうか? 全校のいじめに関するアンケートをとり終わり、集計の結果、何処からもいじめを知らせるものは見られなかった。雨木は、職員室で、三澤教諭の日記を公開した。
一度も好きだったことはなかった・・・今日までは。(菅野美穂) (キッドのブログinココログ)
・・・うわあ。しびれるようなラブシーンを見てしまったぞ。ラブシーンで泣いたのって
わたしたちの教科書第6話・感想 (またつまらぬものを書いてしまった)
前回激動の第5話がとても面白かったのですが、今回は閑話と云った所です。 珠子がしおらしい所を見せたのと(別れのシーンは秀逸だったと思う)、アイアンメイデン(勝手に命名)と加地に恋愛フラグが立ったって事くらいかな。
「わたしたちの教科書」の話6 (のらさんのうだうだ日和)
木曜劇場「わたしたちの教科書」 {オフィシャルサイト} 第六話・「恋をする気持ち」(視聴率10.1%、平均視聴率10.95%)丁度、前半最後の折り返し地点(全12話予定)になってやっと藍沢明日香(志田未来)の前の担任・三澤亜紀子の話が出てきましたね。雨木...
わたしたちの教科書 第6回 短め感想 (ぐ~たらにっき)
『恋をする気持ち』
『わたしたちの教科書』6話 (ド素人日記)
なんだかよく分からなくなってきました。
わたしたちの教科書 第6話 (カナログ)
同志だったはずの加地先生にも美月ちゃんにも裏切られ、すっかり手詰まりの珠子。明日香の祖父にまで本当にいじめがあったのかと問われる始末。踏ん張りどころだね…。ここで新たなキーワード病気療養中の前任の三澤先生が登場。会話の端にでてくる存在だったけど、ここに...
わたしたちの教科書 第5話 第6話 (Septett)
地味ーに谷原が敵対する男になってきたので楽しいです。嫌な男を演じて欲しいという願いはかないませんでしたが、今回本当にいい男演じてくれました。あの別れ方は切ないよなあ。それにしても、ちょっと肌弛んできたっぽくて哀しいです。 ついでに、結構劇的に加地が餌付...
わたしたちの教科書 第六話 (特に個性の無いブログ)
恋をする気持ち
わたしたちの教科書 【第6話】 恋をする気持ち (THE有頂天ブログ)
わたしたちの教科書 菅野美穂主演ドラマ「わたしたちの教科書」第6話を見ました。 ■わたしたちの教科書 「第6話」 あらすじ  直之(谷原章介)は、西多摩市からの依頼を受けることを決意する。そして、敵対関係になってしまう珠子(菅野美穂)に、喜里丘中学校を...
『わたしたちの教科書 第6話』 (これって どうでしょう)
  脚本の盛り上がりとしては前半中盤後半こんな感じでございました。この中盤の部分ですが珠子(菅野美穂)と直之(谷原 章介)のシーンです。あの件、あんなにいります? それともこれから、なにかの伏線になるのかなぁ・・・それまた ラストが サスペンスみたいな...
「わたしたちの教科書」(第6話:「恋をする気持ち」) (鉄火丼のつれづれ日記)
今回の「わたしたちの教科書」は、喜里丘中でいじめについてのアンケートを行ったり、珠子(菅野美穂)と瀬里(谷原章介)が別れることになったりする、という内容である。今回のエピソードを見終わって、鉄火丼は[?]と、強く思った。
わたしたちの教科書 6話 (ひだまりでおひるね(旧あっちゃん語録))
いつどこで「嘘でしたーー」って言われるか、どきどきしながら見てた私は間違ってたでしょうか?^^;
わたしたちの教科書、孤独の賭け 第6話 (Dara Dara Diary)
<わたしたちの教科書> イソはやっぱり…前回で受けた印象どおりだったという感じです。 別れのシーン、珠子のことを本当に愛してるんだな…というのが伝わってきました。 自分と相手の信念が違った時に、相手が相手の信念に沿って歩けるよう、自由にしてあげるのって、...
[テレビ]「わたしたちの教科書」12話 最終回 (「短歌と短剣」探検譚)
→先週感想 窓の 手すりって元々あったっけ? 等と思って、谷村美月の証言を疑いだしたが考えすぎだった。 あとミステリにおける”あやつり問題”。犯人は志田未来だったのか。 裁判と立て籠もりは特にストーリー上 連動せず、ぎこちない繋ぎ。 立て籠もりで「生徒の替わ...
大倉孝二 結婚 関連最新情報 (大倉孝二 画像・動画 最新情報ブログ)
大倉孝二、[映画] 大帝の剣見る前は阿部ちゃん5割くらいのつもりの映画だと思って...
大倉孝二 ブログ 関連最新情報 (大倉孝二 画像・動画 最新情報ブログ)
大倉孝二 最新画像・高画質壁紙情報スーパー「ハジメ屋」専務役の佐野史郎さん、長女...