「ボブ吉」デビューへの道。

goo ブログ キャラクターテンプレートでもお馴染み「ボブ吉」。
メジャーデビュー目指して、作者の奮闘日記!

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 最終話(西島隆弘クンの似顔絵)。

2016-03-22 23:45:57 | 有名人似顔絵【な・は行】


有村架純×高良健吾「いつ恋」最終回、長い恋模様の結末は?視聴者の“余韻”収まらず
月9『いつ恋』ハッピーエンドへ安堵の声 「泣かされた」西島隆弘の名演に“朝陽ロス”
「いつ恋」月9史上最低視聴率「10話平均」9・7% フジの「負のスパイラル」続く
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 最終話
「ながら見」だったし、見てない回もあり、登場人物の相関関係も把握出来ずでしたが、
いつのまにかハマってて、終盤はFODの無料配信分を繰り返し見てしまうほどでした。
登場人物の相関関係も把握できてないのに、何が良かったんだろう?と考えてみると、
高良健吾くん演じる練のキャラクターなんだろうなーと思います。
こんな時代遅れとも言うべき善人いないだろうし、いたとしても、
正直者で損しまくる存在だろうなと・・。
地元の人との電話で出る福島弁(?)も良かった。
そんな練のキャラクターが新鮮だったのかな。

最終回ということで、一気に全てが好転してきたという感じはしましたね。
延長して、もっとじっくり描いて欲しかったが、そこは視聴率の壁かな(汗)
とにかくファミレスでの、練と音(有村架純)の会話はいくらでも聞いていられるくらい、
焦らされながらも、そのやりとりの面白さに惹き付けられました。
そしてファミレスからのトラックに乗り込むシーン、あれは北海道ではないようですが、
公式ツイッターによると・・
「あのシーンを撮った日、あの夜だけ雪が降ったのです。奇跡の様でした。
いつ恋にはちょっとの運があったのだと思います。努力は時々報われる。そう思えました。」
いやーあの雪が舞うトラックのちょっと引きのシーン、綺麗だったー
あの日だけ降ったというなら、それは奇跡と呼んでいいと思います。
月9史上最低視聴率というのはとても悲しいことですが、
もし放送開始前に戻れるなら、全話録画して、何度も見返してそう。
「ナオミとカナコ」もそうでしたが、数字は気にするな、
良いドラマを作り続けて欲しいと思います。

にほんブログ村 イラストブログ 人物イラストへ
にほんブログ村のランキングに参加しています。
よかったらちょこんと、クリックしてみてください。
コメント