「ボブ吉」デビューへの道。

goo ブログ キャラクターテンプレートでもお馴染み「ボブ吉」。
メジャーデビュー目指して、作者の奮闘日記!

大泉洋さんの似顔絵。

2010-10-21 09:07:41 | 有名人似顔絵【あ行】


「ハンマーセッション」みたいな設定キターーーーー(゜∀゜)ーーーーー!!!!
しかし・・仮釈放中の元詐欺師を、会計検査庁の検査官にスカウトって、
まぁぶっとんだ設定ですね(汗)
税金とは、国民が国家に信託した「国民の財産」である。
その財産を守る「国民の盾」、それが会計検査庁である。

ってことで、「黄金の豚 ―会計検査庁特別調査課―」始まりましたーー!
第1話は、介護付老人ホームの不正を見抜くこと。
認可ひとつでボロもうけが可能な、老人ホームの経営。
そのホームの業者と社会福祉庁長官が癒着して、
巨額の賄賂を受けているとの噂・・。
芯子(篠原涼子)と新人の工藤優(岡田将生)、角松(大泉洋)の3人が
調査を進めていくと、都内の一等地にあるホームの1つを、
社会福祉庁長官の息子が、マンション代わりにして、
居住してるという事実を掴んだ。
これはホーム1件につき、10億の補助金を認可してくれた
長官に対して、見返りなのでは?
これを突破口にして、業者と長官の利益供与、贈賄を、
立証しようというのだが、福祉は聖域と、調査中止の命令が下る。
一度は調査を諦めた特別調査課、しかしガードの緩い長官の夫人に
狙いを定めて、調査を再開。
地道な調査の積み重ねで、夫人の派手な金遣い、そして
ボランティアへの手当の架空計上にたどり着く。

わずか3000円の手当も積もりに積もり、架空計上1億3824万円で、
現役官僚の起訴。
しかしその長官へは、国庫から退職金1億3000万円が支払われる・・
観た直後の正直な感想としては、意外に爽快感がなかった。
でもその爽快感のなさが、1話の狙いであり、
リアルなところなのかもしれませんね。
篠原涼子さん、大泉洋さんとくれば、どうしても「ハケンの品格」を思い出し、
あの面白さ爽快感を期待しますが、これはまた違った面白さを
見せてくれるんじゃないかという予感は感じました。
出勤前の駆け足の感想で、申し訳ない(汗)

にほんブログ村 イラストブログ 人物イラストへ
にほんブログ村のランキングに参加してみました。
よかったらクリックしてみてください。
コメント (2)   トラックバック (9)