ONE EVENING~Is that you , John Wayne ? Is this me ? ~

歴史ゲームの対戦報告・紹介と温泉とアウトドアと料理とゆる~い話

札幌歴史ゲーム友の会2018年8月例会(話題の〜)

2018-08-14 09:45:57 | 例会
おはようございます、こんにちは。

久々に札歴例会に参加しました。
初日は「モスクワ攻防戦(歴史群像)」「バルジの戦い」、「応仁記」。
「モスクワ攻防戦」は、今一番ホットなゲーム。
ドイツ軍をVALさん、ソ連軍を私が担当。
ちなみにVALさんはベテランで今回初対戦(ソロプレイなし)。
私はソロプレイ2回(ドイツ軍2戦2勝)。

ドイツ軍は装甲軍団を先頭に突破を図りますがサイの目が振るわずジリジリした前進。
ソ連軍はドイツ軍との隣接を避け戦線を構築。
こうするとドイツ軍の第1戦闘フェイズを無効にできますが、両軍の戦闘が少なくドイツ軍の損害ポイントが貯まりません。
ドイツ軍はツーラ強襲を繰り返しますがソ連軍は耐えきります。
そんなこんなでドイツ軍攻勢期の6ターンが終了。
この時点で各軍の損害ポイントは1〜2程度でした。
モスクワには指一本触れさせませんでしたが、勝利条件都市はツーラを除きドイツ軍が総取り。

ソ連軍は6ターンのソ連軍フェイズから反攻を実施。
ターンオーバー(ソ連軍が2回戦闘できる)後も全戦線で攻勢に出ます。
しかし、損害ポイントに余裕があるので中々窪んでくれません。
最終的に全戦区のドイツ軍損害ポイントはマックスの8に到達しましたがそこまで。
普通に配置すればソ連軍は勝利条件都市には触れられませんでした。
都市占領数はドイツ軍5:ソ連軍2でした。

ソ連軍4都市占領への道は遠いデス。

「バルジの戦い」「応仁記」はさわりだけなので特に無いです。


終了時盤面。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 札幌歴史ゲーム友の会201... | トップ | 札幌歴史ゲーム友の会201... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

例会」カテゴリの最新記事