ONE EVENING~Is that you , John Wayne ? Is this me ? ~

歴史ゲームの対戦報告・紹介と温泉とアウトドアと料理とゆる~い話

ラビリンスをPBEM

2017-02-28 22:52:27 | 迷宮と覚醒
 おはようございます、こんにちは。

 年明けから、にく(仮称)さんに教導いただき「ラビリンス(GMT)」をPBEMで対戦しております。

 このゲーム、ルールは把握してしまえば比較的簡単です。
 が、最初は何をしていいやらイメージが掴めません。
 さらにUSとジハーディストが非対称であるため、プレイ前に陣営を確定した方がスムーズにプレイできると思います。
 第1戦は次々とにく(仮称)さんのジハーディストが原理主義国家を樹立し詰めろをかけるとUSは軍隊を派遣して何とかしのぐ自転車操業プレイに終始。
 最後はパキスタンから流出した反応兵器が○○タワーで炸裂しサドンデス負けでした。
 打つ手が無いのに世界のためにプレイを続けなくてはならない展開に、オバマ氏が「うちは世界の警察官じゃないっしょ!」と叫びたくなる気持ちが痛いほど判る教育的なゲームです。

 にく(仮称)さんは有数のラビリンス使いと思われ、物足りないと思われますが、見落としていたルールや実際の展開などが把握でき、私には非常に有意義な対戦です。
 
 しかもPBEMだと自分の対応できる時間でプレイできるためストレスがなくプレイできます。
 いつの日か、にく(仮称)さんをあわてさせることができるよう精進していきたいと思います。
 また一人でも多くラビリンスの面白さに触れていただきたいと思います。

 にく(仮称)さん、今後ともよろしくお願いいたします。

 以下は自分向けの【ルール確認】。
 ・反米のイスラム教国にはイデオロギー戦争を実施できない(7.2.1.1)。
 ・カード82「Jihadist Videos」セルが配置されていない国家は非イスラム教国でも可。
 ・カード93「Taliban」イスラミックルール国家でも孤立政権マーカーを配置する。
 ・ジハーディストは自分のフェイズの最初に自発的に幹部マーカーを除去できる(USの国威アップを防ぐため)。
 ・政治姿勢の「評価」と「選択」に注意。

 また更新します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 札幌歴史ゲーム友の会201... | トップ | ネオショー会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

迷宮と覚醒」カテゴリの最新記事