シネマコミュニケーター高橋裕之のシネマズキ!

レギュラー出演ラジオ FMGIG「マインドシアター」
FMaiai「シネマ感」 FMハイホー「シネマライナー」

5月18日(水)「エド・ウッド・ナイト」十三・シアターセブン”トンデモシネマ”

2016-05-17 18:29:10 | シネマコミュ二ケーター

このトンデモ映画をみんなでワイワイ観よう!
トンデモ・シネマLIVE
史上最低映画監督
エド・ウッド NIGHT
『プラン9・フロム・アウター・スペース』

『グレンとグレンダ』

【2016/5/18(水)】


ここでしか観れない珍しいB級映画やトンデモナイ映画等を毎月1本上映。
生解説を聞きながら、食べたり、飲んだり、しゃべったり、
仲間と楽しく映画を観るまったく新しいパーティ感覚の上映です。
開催日2016年5月18日(水)時間18:30 開場 / 19:00 開演
※ いつもより、開場時間・開演時間が早くなっております。お気をつけ下さい。
出演者コメンテイター:大木ミノル、杉本忠宏、徳丸新作、高橋裕之
大木ミノル 大木ミノル
映画監督、「恋の映画を作ろう」「大阪最後の日」「最寄りの怪談」等、
個性的な映画を撮り続け、2014年制作の「時空脱獄NINJA ジライヤ」では
伊賀の國忍者映画祭 審査員特別賞、「時空脱獄NINJA」では
映画少年短編映画祭 技術賞を獲得している。海外クラシック作品の普及にも努めており、
これまで発売したDVDは250タイトル以上ある。

杉本忠宏 杉本忠宏
コミカルな演技の俳優で『未確認生物ムンムン』の生みの親でもありFM橋本のDJや
『時空脱獄NINJA ジライヤ』、『妖怪剣客』で活躍。

徳丸新作 徳丸新作
関西圏を中心にテレビ・ラジオの冠を15本もつ悪役俳優。
2015怪談グランプリに出演し高得点を獲得。
『時空脱獄NINJA ジライヤ』では準主役オロチを演じて話題。

高橋裕之 高橋裕之
シネマコミュニケーター。FM aiai「MUSICどらごん」にレギュラー出演中。
独特の映画紹介は”アンチ”を生むほどの人気。


コメント

重大発表のひとつです。「月いちレギュラーから毎週レギュラーに変わります」(FMaiai)

2016-05-05 17:19:28 | FMaiai
月いちレギュラーで出演させていただいていた
FMaiai
「まいど!!あまがさき☆」と
「 Music どらごん」
先週は嬉しくもあり厚かましくもあり
2週連続で出演させていただきました。
なんと本日2日(木)も出演させていただきます。

3週間連続?
申し訳ありません!
毎週レギュラーで出演させていただく事になりました。
念願です、レギュラーなんて。

頑張りますう。

20:00からの
「まいど!!あまがさき☆」では
”塚口サンサン劇場情報”として
上映作品の案内や
映画館とのタイアップ、企画なども
お知らせしていく予定です。

21:00からの
「 Music どらごん」では
宇津呂鹿太郎先生の
”映画に愛を込めて”のコーナーの
「おとぼけ的相手」をさせていただきます。



何故に、にやけているのでしょうか?

是非、放送をお聞きください!

サイマル放送開始で
全世界に?発信!

FMaiai

毎週木曜日20:00~22:00です。

よろしお願い致します。
コメント

ディズニー映画「ライアンを探せ!」意外と笑えたのにな~

2016-05-05 16:33:15 | シネマ(アニメ)
公開が終ってあいまいましたが
お正月映画として公開された
ウォルト・ディズニー映画
「ライアンを探せ!」

昨年の「チキンリトル」より
ヒットしなかったのですが
作品的にはこっちの方が面白かったです。

ニューヨーク動物園の人気者
子ライオンのライアンを探して
父親のサムソンが
仲間たちと冒険の旅に出るのですが・・・

展開はまるで
「ファインディング・ニモ」
動物版、地上編的。

でも「ライアンを探せ!」は
大人にも通用する
ギャグ、コメディが多々あった。

仲間たちとのやり取りも
「大笑い」してしまった。
(「マダカスカル」のような
ドタバタではなく~)
ちょっと幼稚な笑い満載なので
「くだらない」と思えばそれまでよ。

幼稚的な笑いの好きな
bobbyshiroには大満足でした。

動物アニメに飽き飽きしてきたんだろうね、
みんな。
だから客入りも悪かったのでは?

来年の
「トレジャー・プラネット」よりも
面白いことを期待します!

「ライアンを探せ!」
DVD出たら観てみてくださいね。

ファインディング・ニモ

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント

このアイテムの詳細を見る


チキン・リトル

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント

このアイテムの詳細を見る


<チキンリトル・bobbyshiro記事>

~2D版~
「インディジョーンズ」
「キングコング」
「宇宙戦争」「サイン」の
パロディもあり楽しめました。

ただ「チキンリトル」の失敗を観ていると
ハラハラどきどきもんでした。

音楽もどちらかと言うと
大人向きかも知れませんね。

~3D版~
「チキンリトル」としては
2回目の鑑賞です。

3-D版をみて感じました
2-D版の時は思いませんでしたが
この作品は3-Dを意識して製作されていたんですね。

画面の向こうからこちらに迫ってくる
シーンが多いですよね。

オープニングのシーンもそうですが
後半の宇宙人のシーンも
迫ってくるでしょう。

でも3-D版は
上映10分ぐらいで
感覚が慣れてしまうので
内容を知っている俺にとっては
少し残念気味でした。
(鑑賞の子供たちの「わあわあ」も
約15分で終わった)

トレジャー・プラネット

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント

このアイテムの詳細を見る








コメント   トラックバック (1)

映画「エラゴン·2」は、不滅です。(笑)

2016-05-05 16:27:19 | シネマコミュ二ケーター
映画「エラゴン」は
人気があると言うよりも
"見せておいて"と言う
尻切れトンボな
欲求不満を解決してほしんだろね。

今の時代なら
CGだけでDVDででも見せて欲しい。

シリーズ物として
製作されたのに~。
コメント

シネマコミュ二ケーター高橋裕之5月5日子供の日

2016-05-05 15:40:03 | シネマコミュ二ケーター
シネマコミュ二ケーター高橋裕之0505
コメント