シネマコミュニケーター高橋裕之のシネマズキ!

レギュラー出演ラジオ FMGIG「マインドシアター」
FMaiai「シネマ感」 FMハイホー「シネマライナー」

来週の金曜日まで待てない?「13日の金曜日・完結編」

2015-11-13 01:29:58 | シネマ(スプホラッシャ)
来る!
5月13日の金曜日~



13日の金曜日 完結編 - goo 映画

またまたすきやねと言われそうです!
買っておいた「13日の金曜日・完結編」をみました。
公開時に観て以来ではないでしょうか?
まあ話は単純なんで
覚えておりますが・・・

これも途中までは
本当に完結で進んでいた企画ですね。
「1」が大ヒットしたのに
だんだん成績が↓
日本人も一旦完結でホッとしたかも?

そうここまでか次の「5」までが?
”13日の金曜日シリーズ”
「6」からは
”ジェイソンシリーズ”に変身(トウ↑~)

冒頭に「1」から「3」のおさらいが
どうやって完結するのの疑問をだいたまま
ジェイソン殺人は行われます。
シリーズ中、殺しのシーンがいまいち
死ぬのわかるし、
「あっ」と思ったら終わってる。
じらさないと、あかん。

ラストにつえれても
とりあえず完結だという感じ
説得力がありません。

仕方がない「5」へと続くのですが・・・


コリー・フェルドマンも
このあとの出演作で人気が出るのですが

ローデッド・ウェポン1(1993)
メイフィールドの怪人たち(1989)
ドリーム・ドリーム(1989)
運転免許証(1988)
ロストボーイ(1987)
スタンド・バイ・ミー(1986)
グーニーズ(1985)
グレムリン(1984)
13日の金曜日 完結編(1984)

今何処?


結局出演者の
クリスピン・グローヴァーは
プライベート・レッスンPrivate Lessons (1981)
個人授業 My Tutor (1983)
13日の金曜日・完結編 Friday the 13th: The Final Chapter (1984)
りんご白書 Teachers (1984)
バック・トゥ・ザ・フューチャー Back to the Future (1985)
ワイルド・アット・ハート Wild at Heart (1990)
ギルバート・グレイプ What's Eating Gilbert Grape (1993)
カウガール・ブルース Even Cowgirls Get the Blues (1993)
逃げる天使 Chasers (1994)
デッドマン Dead Man (1995)
ラリー・フリント The People vs. Larry Flynt (1996)
ベティ・サイズモア Nurse Betty (2000)
チャーリーズ・エンジェル Charlie's Angels (2000)
ロスト・キッズ Like Mike (2002)
チャーリーズ・エンジェル フルスロットル Charlie's Angels: Full Throttle (2003)
罰ゲーム SIMON SAYS (2006)
鉄板英雄伝説 Epic Movie (2007)
ベオウルフ/呪われし勇者 Beowulf (2007) 声
9 ~9番目の奇妙な人形~ 9 (2009) 声
アリス・イン・ワンダーランド Alice in Wonderland (2010)
と大活躍!!!!!




13日の金曜日 PART4 完結篇 [DVD]
クリエーター情報なし
Paramount Home Entertainment(Japan)Limited(CIC)(D)
コメント

飛び出せジェイソン「13日の金曜日・PART3」スーパー3D

2015-11-13 01:04:18 | シネマ(スプホラッシャ)
※blog初!?
赤青めがね作って観てね
とびだすよ�・ご注意!!※

公開当時は
この作品と「ジョーズ3D」は
スーパー3Dとして公開された
赤青めがねから
紙製偏向めがねになった。
最近スーパー3Dを使ったのは
「タイタニック3D」でした。

話を「13金」に
前作「2」のラストからの
引き継いで物語が始まる。

少しだけ時間軸が入り乱れますが…

前作が゛13日の金曜日゛に
起こった事件なら本作は゛14日の土曜日"
本作が"13日の金曜日゛ならば
前作は゛12日の木曜日゛になると
違う側面も。

また「3」の話へ

まだまだエレファントマンスタイルジェイソン
途中からアイスホッケーマスクジェイソンへ

メインタイトル後からは
前半「飛び出し」を意識した
映像が続きます…
そんな無意味な動作、と
思うのも何ヵ所か。

後半、鉈など
痛々しい系が飛び出して来ると
避けてしまいます。
(普通のDVDでは大丈夫)
「3」は
あくまでも飛び出しイベントなので
特にジェイソンを追究することはなかったけど
ラストに母が湖から飛び出したり
カヌーで逃げたりと
「1」に対しての
オマージュが感じられます。

「1」から「3」13金三部作
「4」から「6」トミー三部作
「7」から「9」1ジェイソン三部作
「10」ジェイソンX
「マイケルベイ版」へと繋がります。




13日の金曜日 PART3 [DVD]
クリエーター情報なし
Paramount Home Entertainment(Japan)Limited(CIC)(D)
コメント

クリスタルレイク・ジェイソン「13日の金曜日」(マイケル・ベイ製作)

2015-11-13 01:02:41 | シネマ(スプホラッシャ)
来た!
5月13日の金曜日~



マイケル・ベイ
「13日の金曜日」

マイケル・ベイ
製作する作品は
派手さとスピード感がある。
それをスラッシャーでやるから
たまりまへんわ。

旧シリーズの
「1」をメインタイトルまどにまとも
タイトル後
まだ布かぶりの「2」のイメージ
突き刺さり感は
飛び出しを意識した「3」
ジェイソン母ネタは
「4」の完結編?
意味の無いのは
やはり意味のない「5」
そんな「1」から「5」の
集大成に
「テキサスチェンソー」を
ミックスしたような作品。

ファンや俺はたまりません…

最後のビックリシーン
何作目かに似てたような�・

特典映像を先に見
本編観ると更におもしろい。


スラッシャー最高と思う俺は
アブナイ・キ…ケンかも?

13日の金曜日 -FRIDAY THE 13TH- スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
クリエーター情報なし
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
コメント