シネマコミュニケーター高橋裕之のシネマズキ!

レギュラー出演ラジオ FMGIG「マインドシアター」
FMaiai「シネマ感」 FMハイホー「シネマライナー」

チャッキーは永遠なり!「チャイルド・プレイ/誕生の秘密」

2014-10-12 02:00:59 | シネマ(スプホラッシャ)


俺のチャッキーは戻って来ませんが・・・

本物のチャッキーが戻って来た第6弾!
「チャイルド・プレイ/誕生の秘密」
劇場公開してほしかったなあと思いつつ
DVDで鑑賞しました。


原点に戻るなので
「ビギニング」かと思いきや
「ビギニング」&「現在」そして「7」?
的な仕上がりで大満足。

全編に「チャイルド・プレイ」愛
「ホラー映画」愛がたくさん詰まっています。

チャッキーの顔が可愛すぎると思っていたら
それもネタの一つだった。

登場人物に
80年代に流行したグッドガイ人形の認識がある。
それも伏線かも?

キャラクター映画ではなく
恐怖感がだたよう。
チャッキー目線のアングルが最高!
「オーメン」へのオマージュも。
「パペットマスター」へのオマージュあり
ドキドキ感炸裂!
画像はデジタル化され綺麗だが
要所要所に80年代ノスタルジーが。

屋敷、雷鳴
1時間過ぎるとチャッキー爆発!
ホラー映画の集大成と言っても
過言ではないと思います。
「ソウ」の存在やスプラッターを意識し
見事に超越していた。

初期の「1」~「3」の
正真正銘の続編か?と思わせておいて
実は完全な「6」で
サービス満点。

ここで打ち止めになるのか?

ユニバーサル作品になったので
是非「7」を期待します。

ほら新たな〇〇VS〇〇で、
”あいつ”だけがいない!



チャイルド・プレイ/誕生の秘密 [DVD]
クリエーター情報なし
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
コメント

特別版は如何に?!映画「アバター」

2014-10-03 22:41:45 | シネマ(洋画・SFチック)
映画『アバター』 - シネマトゥデイ

あの「タイタニック」から12年
ジェームズ・キャメロン監督の
最新作映画「アバター」が公開になります。

全世界同時公開のため
ほとんど試写会は行われずの公開になりますが
21日「ジャパンプレミアin大阪」で
少しだけ早く鑑賞してきました。



詳しいストーリー等は
公式サイドで確認していただくとして
宣伝コピー「見るのではない、そこにいるのだ」は
”3D”で観ている観客にもあてはまるけど
実は主人公にもあてはまるコピーです。

サブタイトル「もうひとつの体、もうひとつの運命」
そう主人公とともにそれを3Dで体験します。

前半は映像に目がいくため
作品のストーリーを追いかけるのを忘れてしまい
理解に時間がかかったけど
中盤から後半にかけて
意味がわ
コメント   トラックバック (37)