シネマコミュニケーター高橋裕之のシネマズキ!

レギュラー出演ラジオ FMGIG「マインドシアター」
FMaiai「シネマ感」 FMハイホー「シネマライナー」

2012年ラスト・メッセージ「七転び八起き」by bobbyshiro

2012-12-31 18:45:53 | bobbys☆h メッセージ
2012年は、転んだ”入院”退職”があった

2013年は、起きる”挑戦”拡大”がありますように・・・

今年、お世話になった方、ありがとうございます。

来年も、よろしくお願い致します。

昭和の人間なんで、「紅白歌合戦」「年越しそば」で

新年を迎えます!

2013年、明けたらフェイスブック、ツイッター

ブログ、ミクシィでお会いしましょう!


だるまの形と八つの味わいが楽しめる!!人生 七転び八起き 【だるませんべい】
クリエーター情報なし
株式会社菓房茶房
コメント

♪嵐を呼ぶ男♪館ひろしアブデカ「まだまだあぶない刑事」

2012-12-31 18:45:32 | シネマ(邦画~2011)
「エイトレンジャー」の脇役?で復活!?
初日の舞台挨拶で
「八人目のメンバー」ですって
言ったらしいけど
ほんとは゛九人目゛では?

そんなキャプテン?
館ひろしのアブデカ
「まだまだあぶない刑事」の感想です。

感想は懐かしい!
衰えてない!
話の展開最高!
といった感じです。

テレビシリーズや
劇場版を知らない世代には
わからない
おきまりのエピソードもあり
非常に楽しめます。

話も単純な割には
ちゃんと二転三転します。
それもなぜかさわやか”””

東宝の「踊る大捜査線」シリーズに対抗の
東映の「あぶない刑事」シリーズ
東映らしさがあふれ出てる
ほんとに楽しめる邦画です。

まだまだあぶない刑事 デラックス

バップ

このアイテムの詳細を見る

コメント   トラックバック (8)

YUI紅白初登場で休業!「タイヨウのうた」泣いた?

2012-12-31 18:43:33 | シネマ(邦画~2011)
主題歌
「good-bye days」がヒットしている
YUI主演の「タイヨウのうた」

泣くつもりでハンカチを用意していったのに・・・

「うるうる」きたのは2箇所ぐらいでした。

月の下でしか生きられない少女と
サーフィン好きな陽に焼けた少年が
出会って奇跡の物語がはじまった。

二人が交わるまでの
エピソードは微笑ましかったのですが
それから話がとんとん拍子に進むので
登場人物に感情移入ができませんでした。

病気を扱った作品ですが
やっぱり「明日の記憶」に
負けたかも?

YUIのサクセスストーリーに
なってしまっているような気がしました。
(YUIの長編プロモーションビデオ)

でも多分
映画自体は素晴らしいものと思うのですが
やはり主人公が高校生の年代だったので
おっさんには理解できなかったのを
反省するとともに
年齢の温度差を痛感しました。

だから「うるうる」来たのは
父親役の岸谷五郎のセリフでした。

ラストの♪good-bye daysが流れても
涙が出なかったbobbyshiroでした。

未成年限定作品?

感動した良かったいう感想が多いのに
「すみません、おっさんは不向きでした。」


にほんブログ村 映画ブログへ




タイヨウのうた×YUIと薫のうた

レントラックジャパン

このアイテムの詳細を見る


Good-bye days
YUI for 雨音薫, YUI, Akihisa Matsuura, hideyuki“Daichi”suzuki
ソニーミュージックエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る



コメント (6)   トラックバック (12)

ゆく年2012・くる年2013「しめ飾り」

2012-12-31 17:42:27 | bobbys☆h メッセージ
長年、スーパーでしめ縄を販売していましたが
最近はしめ飾りに移行してますね。

昨年はかざらなかったので
今年は気分程度に・・・


まんべくん 絵馬 【 人生改善 】
クリエーター情報なし
まんべくんオンラインショップ
コメント

マイ2012洋画ベスト5(誰とも被らないはず)

2012-12-30 17:24:05 | シネマコミュ二ケーター

邦画各社の得意分野が強く出た、2012年の映画業界を総括(クランクイン!) - goo ニュース

2012年の洋画で
この作品をベスト1に持ってくる人はいない!
映画人生を捨ててでも(笑)ベスト1に
「ピラニア・リターンズ」
これほど初日に観たくなる映画はなかった
なぜゆえにか先着プレゼントのTシャツが欲しかった
鑑賞中は「ポップコーン映画」状態でした!!!



この映画を馬鹿にしたらラストのように・・・・・・になるよ!

ベスト2は妥当に「最強のふたり」


障害者と黒人
普通でも差別されやすい状況のふたりが
観客に勇気を与えてくれます。
見た人100%が絶賛する作品です。
もうこれは、人間と人間の固い絆の物語。
こんな関係がたくさんあるといいのにね。

ベスト3は
観終わった後で
右手を挙げてガッツポーズをとりたくなった作品
「リンカーン弁護士」



この爽快感は凄い!
一種のエンターティメント作品になっている。
法廷物と勘違いしたかもね
だまし合い、さぐり合い、頭脳線の物語
意外な人物が悪者であったり
意外な人物が途中で死んだりと
「崖っぷちの男」とどちらにするか迷ったけど・・・

ベスト4は最後の追い込みで
「ホビット~思いがけない冒険~」



2時間50分の長尺を感じさせなかった
ジェットコースタームービー。
3年間の新たなたびに付き合うかどうか?
観客も決断して鑑賞しなければならない。

「ロード・オブ・ザ・リング」のレベルを
守っています。
映像的にも見ごたえあります。
「ロード・オブ・ザ・リング」に繋がる
ビギニング的なエピソードも。
他国ではランキング1位を獲得してるのに
日本では大苦戦!
この醍醐味は映画館で体験してほしい。
(アベンジャーズ、エクスペンタブルズ・2と迷った)


ベスト5も迷ったけど
観客が多かったら上位に入れるだろうけど
俺的には好きな作品
「プレイ~獲物~」


今までは「ソウ」シリーズがありましたが
その路線も携えている作品
一体どうなっていくのかが全く予想出来なかった。
二転三転、正義が勝っても悪が勝っても
どっちでも拍手な感じでした!


*クレーム続発するようなベスト5でございいい~

ちなみに昨年は
ベスト1
男たちの挽歌
(リメイクだけど、やっぱり香港ノワ‐ルはいい)

ベスト2
猿の惑星/創世紀
(感動作品でした)

ベスト3
完全なる報復
(しっかりした内容と演技。
許しがたい方が理解出来るのは何故!?)

ベスト4
コリン Love of the dead
(今までにないゾンヒ映画。切ない。)

ベスト5
アンヨシ
(もう涙ぐまし)





SCREEN (スクリーン) 2013年 02月号 [雑誌]
クリエーター情報なし
近代映画社
コメント

マイ2012邦画ベスト5(誰とも被らないよ)

2012-12-30 00:00:38 | シネマコミュ二ケーター
一応、今日で映画鑑賞の見納めだったので
マイ2012邦画ベスト5を決めてしまいます。
多分、この順位と被る確実は宝くじ当たるより難しい
誰とも被らずキャリーオーバー

今年のベスト1は皆のブーイングを覚悟で?
「シグナル~月曜日のルカ~」です。

「時をかける少女」仲版の
谷口正晃監督作品である。
この作品でデビューの三根梓が出演。
今年も紅白歌合戦にでる「AAA」の
西島隆弘も出ています。
この作品で
日本アカデミー賞助演男優賞にでも
ノミネートされてほしい高良健吾も出演。

映画館が舞台です
なつかしのポスターや映画が登場します。

映画館や映画技師を中心にした作品は少ない中
人物像・人生観・人間性を
優しく描いています。

フィルム上映している映画館の映写室も・・・
フィルムの変わり目の
画面に映し出される黒丸?●?がシグナルです。

映画技師の苦労を観たら
「映画鑑賞」というのが更に奥深いものになりますよ。

本当に映画館ノスタルジーです。

ラストに上映される大映映画の
たまらんあの特撮作品
「ガメラ対深海怪獣ジグラ(1971」も登場!
完全デジタル化になる前に観てほしい作品。

ベスト2はゆうばりで絶賛された「へんげ」




上映時間は1時間ないのに
面白さ、衝撃さは大作以上です!
この展開、誰が予想できるか?
ころがり込んでいく展開にはまってしまう。

個人的には、好きな映画のジャンルがすべて
詰め込まれていました!

前半、気色悪くて「さぶいぼ」出っ放し~!
後半失笑するも、大興奮!
あのラスト展開には拍手を贈りたい(パチパチパチ)
もしパート2が作るなら
まったく違ったジャンルにして
まとめていくんやろうな。
今年の邦画界を語るなら見ておくべき作品。

そしてベスト3は
50歳のおっさんを劇場内で泣かせやがった
「ひみつのアッコちゃん」



全体にはトム・ハンクスの「ビッグ」だけど…

映画評論家の人は
この作品を正しく評価してるだろうか?
興行的には不発でしたが・・・

ファンタジーであり
感動作であり、人間ドラマであり
コメディであり、アイドル映画であり、
本来の映画の持つ
エンターティメント性を網羅した作品。

綾瀬はるかオンリーではない…
綾瀬はるかの七変化は
冒頭でイッキに見せつけて
「これは変身映画じゃないよ」と
監督から挑戦状が果たされた感じ。

原作のイメージを大幅に崩さない程度で
モコちゃん、大将、小将、カン吉も、
もちろんチカコも出るが
「見いちゃった」の名台詞はなし!!

まあアッコちゃんは
綾瀬はるかでピッタリですね。

脇役演技人が総て良い!!
ファンタジーだけど皆、熱演…





これまた大杉連は日本アカデミー賞助演男優賞候補だ!
これまた吹石一恵は日本アカデミー賞助演女優賞候補だ!

ベスト4はね
これを今年の邦画ベスト1にする人が多いと思うけど
「桐島、部活やめるってよ」



成長株の橋本愛
主演でありながら
押さえ気味の神木龍之介も良かった
またベテランなのに二十歳になってない
大後寿々花も、やっぱりうまいね。

すべての面で
主人公は一人でないね。

群像で登場人物多いけど
学生時代にあてはまる人物ばかりだった
思っていたことを
映像で見せつけられるので同感。

パンフレットに「バンテージポイント」風とも
書いてあった、それも納得。

古くは「ナイル殺人事件」?

邦画なら「時をかける少女」
「アフタースクール」?

面白く
お見事としか言い様のない作品。

俺もそう、 みんな゛ゾンビ゛が好きだ!

ベスト5は悩んだけど「テルマエ・ロマエ」



原作はあるけど
日本でも、こういうコメディな
作品が作れるんやと感心した作品。

どれもこれも捨てがたい作品でしたが・・・

誰とも被らない2012年邦画ベスト5でした!

ぴあ Movie Special 2012-2013 (ぴあMOOK)
クリエーター情報なし
ぴあ
コメント   トラックバック (1)

bobby‘shiro的 映画館大賞2012(2012映画総集編)

2012-12-29 17:32:24 | シネマコミュ二ケーター
本来の「映画館大賞」は
映画館スタッフが選ぶ映画賞ですが、
俺的には
今年一番映画を見た映画館に”賞”?を贈ります。

良く行った映画館と言うのは
観に行きたくなる映画をセレクトした
映画館と言えるでしょう!
作品以外にも引き寄せる魅力があったはず!

見事第1位の「映画館大賞」は・・・

文句なしに「30本鑑」賞した「塚口サンサン劇場」です!
まんまと”世界スタンプラリー”に動かされたりと・・・



「サニー~永遠の仲間たち~」「決闘の大地で」
「一枚のめぐり逢い」「アーティスト」
「マーガレット・サッチャー」
「アメイジング・スパイダーマン」
「超能力者」「ファミリー・ツリー」
「海猿・ブレイブハート」「ベッカムに恋して」
「どついたるねん」「ルー・アーブルの靴磨き」
「四谷怪談」「星の旅人たち」「私が生きる肌」
「トップガン」「アウンサンスーチー」
「桐島、部活やめるってよ」「運命じゃない人」
「エクスペンタブルズ・2」「北のカナリアたち」
「裏切りのサーカス」「踊る大捜査線・ザ・ファイナル」
「黄金を抱いて翔べ」「最強のふたり」「鍵泥棒のメゾット」
「007/スカイフォール」「ホビット」「大奥」
「妖怪人間ベム」

縁があって映写室もみせてもらった!


今年は「映画秘宝」に掲載されたりと
展開にひろがりを見せた映画館でした。来年も話題が豊富そうです!
映画館からしても30本見たので俺がトップか?


第2位は9月からの鑑賞にもかかわらず12本
NPO法人淀川文化創造館「シアターセブン」



企画上映にハマりました!

”ダリオ・アルジェントの美学”
「歓びの毒牙」「私は目撃者」
”ハーシェル・ゴートン・ルイス映画祭”
「ゴッドファーザー・オブ・ゴア」
”グラインド・カフェ”
「スペース・ウルフ」「ファントム」
「吸盤男オクトマン」「夜叉」
「ザ・ハース~霊柩車~」「メカニカルマン」
「夏の桜」「ゴーイング・ステディ/グローイングアップ・2」
・「残酷メルヘン/親指トムの冒険」

*会員にもなったのであと2本でスタンプがたまる。

第3位はとりあえず尼崎市なんで
「黄金を抱いて翔べ」にも登場した
「MOVIXココエあまがさき」で11本鑑賞


入院生活あと退院後慣らしでみた「ポテチ」
「メン・イン・ブラック・3」「ファイナルジヤッジメント」
「ただ君だけ」「崖っぷちの男」「苦役列車」
「ひみつのアッコちゃん」「アベンジャーズ」
「プロメテウス」「劇場版ミューズの鏡」
「推理作家ポー/最後の5日間」

木曜日のみの鑑賞でした(笑)メンズデー・MOVIX

果たして来年も「塚口サンサン劇場」がトップ独走か?
そうやな~1月も4本見る予定!

その他の2012年鑑賞作品
「大拳銃」「へんげ」「クレイブ・エンカウンターズ」
「三島由紀夫/11・25自決の日」
「シグナル・月曜日のルカ」「テルマエ・ロマエ」
「プレイ~獲物~」「台北カフェ・ストーリー」
「リンカーン弁護士」「ピラニア・リターンズ」
「くそガキの告白」「アイアン・スカイ」
「神秘の法」「いろは食堂の夜」「ウエディング」
「ピカピカのさようなら」「宇宙刑事ギャバン」
「綱引いちゃった」「アパートメント431」
「新耳袋 怪談 異形」「カジノゾンビ」
「ウーマン・イン・ブラック」「リターン・トゥ。ベース」
「砂漠でサーモンフィッシング」「モンスター・トーナメント」
「フランケン・ウィニー」

5月から邦画洋画新旧商業自主色々あわあせて
78本!!!!!
久々の70本超え~果たして来年は?

この中から2012年ベスト決めないと!
コメント

一度食べてみよ「神戸トルコライス(カツライス)」

2012-12-26 12:56:02 | bobbys☆h グルメ
今日は眼科の為に通院です。
本日も綺麗可愛い先生に会えて眼はパッチリ(笑)

今日は実家の方の垂水での食事になるけど
前回の通院時に食べたのは
半年ぶりの「神戸トルコライス」



今回は「カツライス」の方を注文
俺の味覚が正常になったのか
ライスのバターっぽさが薄かってGOOD!



通院の楽しみの一つにランチがあるのでした。

前回は「エビライス」の方でした。



「カツライス」の方が美味しく撮影されてるなあ~


のぼり屋工房 のぼり 21201 トルコライス
クリエーター情報なし
のぼり屋工房
コメント

”阪急電車”で「阪急そば」各駅停車の食べくらべ

2012-12-25 11:22:42 | bobbys☆h グルメ
駅構内にある立ち食いそば
発祥は十三だったと思いますが・・・

昔は乗り換え駅で
父親がよく食べていたのを記憶しています。

宝塚ファミリーランドへ行くときは西宮北口で
箕面スパーガーデンにへ行くときは石橋で
今日と方面に行くときは十三で

俺も何箇所か行きました。
塚口はもちろん武庫之荘にもあった
十三はもちろん茨木市も
池田もあるし石橋は構内と表
もちろん梅田にも。

阪急そばに行くと食べるのは「カレーうどん」
この間、避けていた梅田店で「カレーそば」を食べた。
前回、おいしなかったけど今回はOK!

店舗によって、作る人によって味が変わります。

池田、石橋構内、塚口がベスト3かな?

この間、あるJRの駅構内で食べたが、×だった。

今度、チャミのカレーの「カレーうどん」食べに行かないと!!!


夏でも冬でも
↓カレーうどん




阪急電鉄プロファイル[改訂版]~宝塚線・神戸線・京都線~ [Blu-ray]
クリエーター情報なし
ビコム株式会社
コメント

待ち合わせが「法善寺横丁・水かけ不動」の似合う方・・・

2012-12-24 23:11:05 | bobbys☆h メッセージ
待ち合わせ場所は
みんなほとんどが同じ場所?

阪急梅田ならビックマン前

南海難波ならロケット広場

まあ次の行動がしやすいところですかね。

俺の場合は、やはり駅改札前とか
映画館前とかが多いです・・・




先日の待ち合わせは、なんと「法善寺横丁・水かけ不動」
この人とここで待ち合わせなんか凄いと思った。

お相手は渡辺先生(俺は、いつもこう呼ばさせていただいてます。)
シンデレラエキスプレス渡辺裕薫さん(松竹芸能)です。

松竹の芸人(しょうちくのおとこ)
クリエーター情報なし
シンプレコーズ


関西演芸協会の活動もされてます。



来月の1月15日(火)は法善寺横丁で独演会
1月27日(日)は通天閣劇場にてライブ第166回 夕刊シンプレ新聞社+200を開催!



うまくゆけば1月に塚口に登場します!(予定)

法善寺横町 (タチバナ文芸文庫)
クリエーター情報なし
たちばな出版


明日は




コメント

007シリーズと同い年。50周年「007/スカイフォール」

2012-12-24 19:42:42 | シネマ(洋画2012→)
やっぱり安心して観れます
アカデミー賞にもノミネートされるのか?
期待されますが・・・

007シリーズ50周年ですね。



ションコネリーの時の作品は
殆どテレビ放映鑑賞でした。

親が「ゴールドフィンガー」のテーマ曲が好きで
シャリーバッシーを観に行ったとか?
俺は留守番だったんやろね。
記憶にはありませんが・・・

劇場で初めての007は「黄金銃を持つ男」
今は亡き神戸・三宮の阪急文化での名画座公開で。
小学6年生でした。
家族から離れての初映画だったはず。
友達と(苗村祐一)名前、憶えてるわ!!!

これがスパイ映画なんや、007なんやと。




10作目記念の「私を愛したスパイ」は
堂々と一人で観に行ける歳になってました。

「オクトパシー」も友達と旧々の神戸・国際松竹で・・・

「ムーンレイカー」はSFっぽくなっていましたね。
真の007ファンは怒りかも?

「美しき獲物たち」で少し路線を元通りに?





この辺も無難な作品
ソフィマルソーも出るし。(ラ・ブームやし)

ダイ・アナザー・デイは初日に観に行った。
(マドンナの主題歌だったので)




ダニエル・グレイグバージョンは更に面白くなったと思います。
「カジノ・ロワイヤル」「慰めの報酬」と

そして「スカイフォール」
冒頭から好きですね。

ジェームズボンド死す?

そこから始まる展開
”スパイ”であることの宿命など
”M”がというのが一番の衝撃。

謎解きはすぐにバラし
頭脳作戦を中心に、どう対処するのかが面白かった。

お正月は、やっぱり007

”塚口サンサン劇場”フィルムにて上映中!!!
フィルムのダークがいいんだよねえ。

3D公開しなかったのには大拍手!!!!!!!

コメント   トラックバック (2)

さようなら「平清盛」最終回記念?”神戸平野祇園”

2012-12-24 15:02:15 | bobbys☆h メッセージ
神戸で祇園と言えば”平野”
俺も平野の祇園さんは2回ぐらいしか行ったことがない。
この間、通院の合間に
平野まで足を延ばしてみました。
35年ぶりの”平野”
ここも「平清盛」ゆかりの地です。




「清盛」と言うお酒
「清盛サイダー」と言う飲料
平野商店街も頑張っていたけど
「ドラマ館」や「ジオラマ館」には負けてしまう。



もし機会があればふらっと立ち寄ってみてください。


限定発売!清盛の夢 100g×3 送料無料!
中村珈琲株式会社
中村珈琲株式会社
コメント

網(あみ)ではなく「綱(つな)引いちゃった!

2012-12-24 03:06:21 | シネマ(邦画2012→)
もう綱引きも終わります。

大阪なんばTOHOシネマズで「綱引いちゃった!」を見たのを
”忘れてしまいちゃいそうになってました”

当日は大阪でのイベント的試写会
主演 井上真央 玉山鉄二 水田伸生監督の舞台挨拶もあり
ムービングの撮影も
「大ヒット上映中 わー」と叫ぶやつ。



進行役は読売テレビ森若佐紀子アナウンサー



実は昔、ハウス食品のイベントで
一緒に進行役をさせていただきました。
あまり人気度を知らなかったので
緊張しなかったのですが
後で調べてビックリでした!
(1回だけ御礼メールしたんだけど)

映画は、
井上真央がでてるので青春物と間違われそう
「綱引いちゃった!」と綱引きがテーマで
スポーツ物と間違われそう。

違うんだけどなー

どちらかと言うと力強い熟女が主人公かな?

松坂慶子さんを中心に西田尚美さん、ソニンまで
井上真央とはNHK朝のテレビ小説の先輩にあたる
浅茅陽子さん、笑いを独り占めの渡辺直美さん。

感動もさせ、笑いもさせるこの作品
どちらかというと
おばちゃん世代に観てほしかった。

まだどこかの映画館で引いてるでしょう!

麻ロープ分径36mm1m単位切り売り
クリエーター情報なし
クラン






コメント

年が越せない正月映画?「ウーマン・イン・ブラック~亡霊の館」ハリポタ負ける。

2012-12-24 02:01:01 | シネマ(洋画2012→)
ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 - goo 映画


超大作なら11月下旬から正月映画
12月公開の作品は大体が正月映画となるのですが・・・
これは正月映画だったのか?
「トワイライトサーガ」までのつなぎだったのか?
興行が全然思わしくない作品。

「ハリポタ」シリーズが終了し
勝手に”ダニエル・ラドクリフ”を正月の顔にした感じ。

「ウーマン・イン・ブラック~亡霊の館~」
(「ハリポタ・イン・ブラック~失敗の館~」)



正統派なゴシック・ホラーなんだけど
正統派すぎて難しい、派手さも・・
まあゴーストストーリーはこんな感じでしょうが。

”ダニエル・ラドクリフ”に父親役は早い
まあ起用するのならコメディの父親役やね。

やはりこの手は秋に観る方がね、似合う。

「怪談 新耳袋 異形」の方が良かった(笑)


ゴースト・ストーリー傑作選――英米女性作家8短篇
クリエーター情報なし
みすず書房

コメント

ナンバでアナバで294円均一「WA風 わふう 難波店」

2012-12-24 01:20:11 | bobbys☆h グルメ
もう1か月以上前に行った店です。

近くの「岩崎塾(ホルモン)」には
行ったことあるのですが、ここは初!
「WA風 わふう 難波店」
メイン通りから少し入るとこんなにいい店が・・・

”bobbys”の二人で二階の掘りごたつで。



ドリンクも均一なら「レッドアイ」
”ビール”嫌いな俺向けのビールカクテル



定番な”ポテトフライ”



これなんやったっけ?



メニューに偽りはありません。

*久しぶりに居酒屋でナンパしているサラリーマンを見た!

悔しかったら”逆ナン”されてみいと
過去の栄光を心で思った俺でした。

*南海通り りくろーおじさんを過ぎで大きめの路地を北側に・・・
コメント