シネマコミュニケーター高橋裕之のシネマズキ!

レギュラー出演ラジオ FMGIG「マインドシアター」
FMaiai「シネマ感」 FMハイホー「シネマライナー」

初の東映京都撮影所

2008-02-28 18:16:50 | シネマコミュ二ケーター
今日は2ヶ月ぶりの
エキストラアクターの仕事でした。

京都に来てました。

今までの時代劇の撮影は
「松竹京都撮影所」でしたが
今日は初めての
「東映京都撮影所」でした。

「京都太秦映画村」の隣にあるのですが・・・

とは言っても
ロケなんでロケバス乗って
違う場所へ・・・

今日は「松平健さん」とご一緒できました!

”bobbyshiro"を探すことはできませんが
とりあえず3月15日放映です。


監督はあの
「齋藤光正監督」でした。
映像にこだわっておられました!


撮影後に撮影所に帰ってきたら
「由美かおる」さんにばったり!

伊賀忍法帖

角川ヘラルド映画

このアイテムの詳細を見る


悪魔が来りて笛を吹く【リマスター版】

キングレコード

このアイテムの詳細を見る


戦国自衛隊 DTSコレクターズ・エディション

角川エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


かげろう忍法帖 DVD-BOX

タキコーポレーション

このアイテムの詳細を見る


トラック野郎 天下御免

東映ビデオ

このアイテムの詳細を見る


バルトの楽園

東映

このアイテムの詳細を見る


「バルトの楽園」関連記事
遅ればせながら
松平健さん主演
を観て来ました。

ワールドサッカーイヤーならではの
これもある意味「ドイツ」を
題材にした作品です。

第1次世界大戦中
徳島県鳴門市に実在した
板東捕虜収容所での
「日本」=「ドイツ」の
心の交流のお話です。

大きな「泣き」の感動はありませんが
見終わった時に
なんか爽やかな感動が訪れます。

最近の映画の登場人物は
優しい人が多いと
またまた実感した作品です。

いくつかのエピソードが
あるのですが
そのひとつひとつが
コンパクトな感動を秘めてます。

松平健さんって
映画の主演が
これで3本目らしいです。
(意外と少ないですね)

最近映画命と言うほどの
出まくりの俳優
「阿部寛さん」「国村隼さん」も出ていますが
「SAYURI」に続いて
カラーコンタクトレンズ使用演技の
「大後寿々花さん」の演技は
やはりピカイチでした。

10年に一度?
名作を送り出す「出目昌伸監督」

80年代「天国の駅」
90年代「きけ、わだつみの声」
そして00年代が
この「バルトの楽園」

戦争臭くない作品を
是非、ご覧あれ!

☆bobbyshiro価格☆
1300円

にほんブログ村 映画ブログへ



マツケンのAWA踊り
松平健, 吉峰暁子, 宮川彬良, 小西康陽, 佐孝康夫
ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
コメント