シネマコミュニケーター高橋裕之のシネマ感々(かんかん)

レギュラーラジオ番組連動ブログ
「高橋裕之のレイトなシネマ感だよ」「高橋裕之のシネマ感」

嵐特集・二宮和也出演映画「硫黄島からの手紙」

2019-01-28 22:45:58 | シネマ(洋画~2011)

「硫黄島」2部作の
日本から見た「硫黄島」
「硫黄島からの手紙」

アメリカから見た「硫黄島」
”父親たちの星条旗”も素晴らしい作品でしたが
本作も本当に素晴らしい作品です。

感動を与えられるというよりも
「何か凄いメッセージ」が
感じ取れます。

5日間で終わるとされた戦いを
36日間、戦い抜いた男たち。

「父親たちの星条旗」で
”英雄”に祭り上げられた
男たちにも悲観さあったが
「硫黄島からの手紙」の
男たちにも、また違った悲観さがあった。

「父親たちの星条旗」で
残った謎、日本からの視点が
忠実に描かれていた。

作品的には秀作で
”賞”にも色々ノミネートされていますが
果たしてアメリカは
「ユナイテッド93」「ワールドトレードセンター」
「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」
どの作品に重点を置くのかが
興味ある。
映画は娯楽というならば
「ディバーデット」「ドリームガールズ」に
なるのだろうけど・・・

「硫黄島からの手紙」
感動とか涙ではなく
クリント・イースドウット監督の
メッセージが読み取れたんだけど・・・

bobbyshiro的には
「アメリカ批判」の
”硫黄島二部作”と思いますが
みなさんは、どう感じ取られましたか?ねえ~


<父親たちの星条旗・関連記事>



アカデミー賞監督
クリントイースドウッド監督が
世界に忘れられてはいけない島
「硫黄島」をアメリカ視点で描いた
「父親たちの星条旗」

戦場での惨劇も明確に描かれているが
メインは、島の頂上に掲げた星条旗とともに
映っていた兵士が
”英雄”とアメリカに迎えられたことによって
生じる心の動きだった。

アメリカの勝利を意味するのか?
旗が取り替えられたことによって
「心」がどう動くのか?

本当の”英雄”とは
さらに深いところで
戦争とはを問いかけている。

ところどころで描かれる
日本軍の動きは
謎という形で「硫黄島からの手紙」に
引き継がれていく。

「戦争」という重いテーマを扱っている割には
素直に鑑賞できた作品。

やはり「硫黄島からの手紙」も見ないと
”硫黄島”は完結出来ないように思う。



にほんブログ村 映画ブログへ





コメント   この記事についてブログを書く
« 嵐特集・二ノ宮和也の声映画... | トップ | 必見!”スターウォーズ”サー... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

シネマ(洋画~2011)」カテゴリの最新記事