シネマコミュニケーター高橋裕之のシネマ感!(cinema like)

FMaiai毎週木曜日20時~「MAIDO☆あまがさき」21時~「Musicどらごん」に好評レギュラー出演中!

嵐二ノ無言、でも映画は「硫黄島からの手紙」

2018-04-17 10:28:40 | シネマ(洋画~2011)

「硫黄島」2部作の
日本から見た「硫黄島」
「硫黄島からの手紙」

アメリカから見た「硫黄島」
”父親たちの星条旗”も素晴らしい作品でしたが
本作も本当に素晴らしい作品です。

感動を与えられるというよりも
「何か凄いメッセージ」が
感じ取れます。

5日間で終わるとされた戦いを
36日間、戦い抜いた男たち。

「父親たちの星条旗」で
”英雄”に祭り上げられた
男たちにも悲観さあったが
「硫黄島からの手紙」の
男たちにも、また違った悲観さがあった。

「父親たちの星条旗」で
残った謎、日本からの視点が
忠実に描かれていた。

作品的には秀作で
”賞”にも色々ノミネートされていますが
果たしてアメリカは
「ユナイテッド93」「ワールドトレードセンター」
「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」
どの作品に重点を置くのかが
興味ある。
映画は娯楽というならば
「ディバーデット」「ドリームガールズ」に
なるのだろうけど・・・

「硫黄島からの手紙」
感動とか涙ではなく
クリント・イースドウット監督の
メッセージが読み取れたんだけど・・・

bobbyshiro的には
「アメリカ批判」の
”硫黄島二部作”と思いますが
みなさんは、どう感じ取られましたか?ねえ~


<父親たちの星条旗・関連記事>



アカデミー賞監督
クリントイースドウッド監督が
世界に忘れられてはいけない島
「硫黄島」をアメリカ視点で描いた
「父親たちの星条旗」

戦場での惨劇も明確に描かれているが
メインは、島の頂上に掲げた星条旗とともに
映っていた兵士が
”英雄”とアメリカに迎えられたことによって
生じる心の動きだった。

アメリカの勝利を意味するのか?
旗が取り替えられたことによって
「心」がどう動くのか?

本当の”英雄”とは
さらに深いところで
戦争とはを問いかけている。

ところどころで描かれる
日本軍の動きは
謎という形で「硫黄島からの手紙」に
引き継がれていく。

「戦争」という重いテーマを扱っている割には
素直に鑑賞できた作品。

やはり「硫黄島からの手紙」も見ないと
”硫黄島”は完結出来ないように思う。



にほんブログ村 映画ブログへ




『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« これも、心の叫びのミュージ... | トップ | また帰ってくる前に…映画「テ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

シネマ(洋画~2011)」カテゴリの最新記事

23 トラックバック

『硫黄島からの手紙』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『硫黄島からの手紙』鑑賞レビュー! 世界が忘れてはいけない島がある 硫黄島を知っていますか? 東京都小笠原村硫黄島?? グアムと東京のほぼ真ん中 日本の最南端に近い、周囲22kmほどの小さな島 この島で61年前に起こった出来事を あな ...
硫黄島からの手紙 (映画のメモ帳+α)
硫黄島からの手紙(2006 アメリカ) 原題   LETTERS FROM IWO JIMA        監督   クリント・イーストウッド            脚本   アイリス・ヤマシタ       撮影   トム・スターン          音楽   クリント・ ...
硫黄島からの手紙が言いたかったのは何か (映画@古典映画情報)
私の印象に残ったシーンが3つありました。 その一つは、オリンピック馬術選手だっ
硫黄島からの手紙 (活動写真評論家人生)
TOHOシネマズなんば  人間は基本的に戦いというものが好きである。特に男は昔からその傾向が強いと
★「硫黄島からの手紙」 (ひらりん的映画ブログ)
クリント・イーストウッド監督の硫黄島二部作の二本目。 日本側から見た戦争のお話。 戦争映画苦手なひらりんとしては、 覚悟してみなくちゃいけません・・・。
硫黄島からの手紙・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「父親たちの星条旗」 に続く、「硫黄島二部作」の第二弾。 太平洋の小さな孤島を巡る戦いを、アメリカ側の視点、日本側の視点でそれぞれ一本づつの映画にするという、クリント・イーストウッド監督の壮大な実験映画だ。 第一部
映画「硫黄島からの手紙」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Red Sun, Black Sand (Letters From Iwo Jima) 硫黄島に眠っていた、その手紙は61年ぶりに発見された、地中にあった硫黄島からの手紙、それは輸送爆撃機「一式陸攻」によって配達されるはずだった・・ 時は1944年6月、指揮官として陸軍中将 ...
硫黄島からの手紙 (へなちょこ日記)
何のために戦うのか、何のために命を捧げるのか、これは 「父親たちの星条旗」にも描かれていたことですが、勝つ見 込みのない(生きて帰れる見込みのない)こちらのほうがより 逼迫した目的です。全ては日本本土にいる家族のためなの ですから・・・。 硫黄島で ...
「硫黄島からの手紙」 アメリカ人も日本人も、同じ人間 (はらやんの映画徒然草)
イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」に続く硫黄島二部作の二作目です。 「父親
日本は硫黄島で2度負けた~「硫黄島からの手紙」 (万歳!映画パラダイス~京都ほろ酔い日記)
 一部の軍事マニア、元軍人を除いて、どれだけの日本人があの小さな島、硫黄島での激戦に思いをはせてきただろうか。東京都に属するこの島の位置すら、僕らは指し示すことができない。クリント・イーストウッド監督(76歳!)の「硫黄島からの手紙」を観て、と ...
硫黄島からの手紙 (頑張る!独身女!!)
この前、テレビ放送された「硫黄島~戦場の郵便配達~」は女性から見た戦争、そして家族。そして映画「硫黄島からの手紙」は男性から見た戦争、そして家族。両方を見たらそんな風に思いました。
「硫黄島からの手紙」試写会レビュー 私は日本人 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
クリント・イーストウッド監督が撮る戦争映画はこれで完結された。僕は、彼の「父親たちの星条旗」に続く圧倒的なパワーを感じ、自分は日本人だということを感じたのだ。
映画『硫黄島からの手紙』 (サムライ大将の砦)
硫黄島2部作の日本側からの視点。 ハリウッド映画がプロデュースする日本視点映画てことで、「ラストサムライ」のような微妙に合ってるけど違う武士道を描くのかと想像していました。ですが、バロン西などちょっと日本人を美化しすぎなきらいはあるものの、思った ...
映画「硫黄島からの手紙」を観て (とみのひとりごと)
望む平和。
『硫黄島からの手紙』 (セガール気分で逢いましょう)
『硫黄島からの手紙』について感想を書くということは、それが途方もない“怪物”であ
★ 硫黄島からの手紙 ≪Letters from Iwo Jima≫ ★  (映画のおはなし ■ B'zなmainiti !!)
  世界が忘れてはいけない島がある クリント・イーストウッド監督が日米双方から描く 史上初の「硫黄島」2部作 ★ 硫黄島からの手紙 ★ 製作年 : 2006年 製作国 : アメリカ 配給 : ワーナー・ブラザース映画 オフィシャルサイト ?  ...
硫黄島からの手紙 (海老名誠の身辺雑記)
映画「硫黄島からの手紙」を観て来ました。 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』からの引用です。 《硫黄島の戦い( 1945年2月16日 - 1945年3月26日)は、太平洋戦争末期に小笠原諸島の硫黄島において日本軍とアメリカ軍の間に生じた戦闘である。 1945 ...
映画「硫黄島からの手紙」 (オレンジの太陽)
昨年12月に「硫黄島からの手紙」を観た。 「父親たちの星条旗」についてブログを書
硫黄島からの手紙 (SLOBlog)
硫黄島からの手紙 全編日本語で圧倒的に見やすい・わかりやすい・感情移入しやすい。なのでなんとなく日本人の感情に配慮して作成されているような気が…。二宮君はハマり役だけど、うまいのか?と言われるとその辺はよくわからないな~。なんとなく飄々としたキ ...
硫黄島からの手紙 (いろいろと)
硫黄島2部作の第2弾 アメリカ側の視点から描かれた「父親たちの星条旗」に 対し、
【硫黄島からの手紙】命の重さを考える (映画@見取り八段)
硫黄島からの手紙 ~LETTERS FROM IWO JIMA~ 監督:  クリント・イーストウッド 出演:  渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童 公開:...
【映画】硫黄島からの手紙 (特別-the blog-)
硫黄島からの手紙 Letters from Iwo Jima 監督:クリント・イーストウッド 2006年 アメリカ 硫黄島で散った男たちから届けられる、世界へのメッセージ 「父親たちの星条旗」を観たの...
硫黄島からの手紙/LETTERS FROM IWO JIMA(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[硫黄島からの手紙] ブログ村キーワード硫黄島からの手紙(原題:LETTERS FROM IWO JIMA)キャッチコピー:世界が忘れてはいけない島がある。日本から見た「硫黄島」製作国:アメリカ製作年:...