シネマコミュニケーター高橋裕之のシネマズキ!

レギュラー出演ラジオ FMGIG「マインドシアター」
FMaiai「シネマ感」 FMハイホー「シネマライナー」

ジャウム・コレット=セラ初監督作品!映画「蝋人形の館」

2019-01-29 14:20:15 | シネマ(スプホラッシャ)

ホラーファンが集まって来ると
嬉しいです…

何故か久々に
この記事のアクセスが増えた。

やはり東京国際映画祭時期は
昔から、ホラー系ファンの
血がさわぐ↑↓→←

もうすぐ゛ハロウィン゛やし。

ジャウム・コレット=セラ初監督作品
映画「蝋人形の館」

この監督31歳と若いけど
過去のホラー映画を勉強し愛していると思う。

ホラー映画の集大成と言ってもいいです。
アメリカで大ヒットした理由がわかります。
日本人はホラーやスプラッター、ゾンビというと
「お金を出してまで見ない」とすぐに言いますが
この作品は普通の映画としてみても
かなり完成度が高いです。

あのホラーの名作?
「13日の金曜日」と同じ衝撃です。

上記の作品の他、「悪魔のいけにえ」
「悪魔のはらわた」「スクリーム」の
要素を散りばめ、
あの「オペラ座の怪人」もどきのシーンも?

基本的には昔
リンダブレア主演の「ヘルナイト」そのものだけど。

ちゃんとホラーの基本要素は守ってます。

6人若者の内
一体誰が生き残るのか?
(一番初めにあいつが死ぬとは予想外)
犯人はの殺しの目的、成り行きは?

ホラーお得意の最後のどんでん返しは?

いいですいいです、すべて・・・

果たして「蝋人形の館・2」はあるのか?

きっとみんな「蝋人形の館」いう題名にだまされる
実は「蝋人形の○○」やもん。

※やっぱり俺はホラー大好き人間?※

さあ、部屋を暗くして楽しみましょう!

蝋人形の館 特別版ワーナー・ホーム・ビデオこのアイテムの詳細を見る

#トレインミッション

 

コメント (3)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
« 必見!”スターウォーズ”サー... | トップ | 上映中止運動は事件です「不... »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
良質ホラー (kossy)
2005-10-27 15:13:25
久しぶりにいいホラー映画を観た気分です。

集大成とも言えるかもしれません。

伏線も完璧、ツッコミどころも完璧です(笑)

名作ホラー殿堂入りです・・・
そうですよね (bobbyshiro)
2005-10-27 15:22:13
たくさんの方に観ていただき

感想を聞きたいですね。
悪質ホラー (にら)
2005-11-12 02:07:09
犯人側のトラウマは説明されるものの、それが追い付かないほどの悪質で無慈悲な殺戮ぶりが快感でした。





てなわけで、TBありがとうございました。

コメントを投稿

シネマ(スプホラッシャ)」カテゴリの最新記事

14 トラックバック

『蝋人形の館』 (ラムの大通り)
----これって、ロバート・ゼメキスとジョエル・シルバーが作った ダーク・キャッスル・エンターテイメントの作品だよね。 「うん。ホラーばかり。もうこれで5作目にはなるかな。 リメイクものも含まれていたりするけど、なかでも今回は評判が高い」 ----出演者も魅力的だしね
蝋人形の館 (ネタバレ映画館)
 何がパリスに起こったか?  寂れた小さな町アンブローズ。車のファンベルトを買いに来ただけなのに、逃れようのない恐怖に襲われる若者たち。これぞアメリカンホラーの伝統を継承するキワモノ映画なのだ。怖い、痛い、グロいの連続技によって心拍数がかなり上昇します。
#38:蝋人形の館 (*KAZZの呟き*)
KAZZのこの映画の評価  下らないけど、面白い アメリカの王道ホラーと言った感じの映画です B級映画好きには、たまらない映画だと思うよ 特殊メイクの技術が凄い この映画でパリス・ヒルトン(大金持ちのヒルトン姉妹の片割れ)と、 24のキム(ジャッ...
蝋人形の館 (Imagination From The Other Side)
ロバート・ゼメキスとジョエル・シルバー率いるダーク・キャッスル・エンタテインメントの第5作目は、1930年代と50年代にそれぞれ映画化されている「肉の蝋人形」のリメイク。 主演は「24 TWENTY FOUR」「ガール・ネクスト・ドア」のエリシャ・カスバート。 共演に「フォー
『蝋人形の館 / HOUSE OF WAX』 (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
『蝋人形の館』公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/houseofwax/原題:HOUSE OF WAX製作:2005年米監督:ジャウマ・コレット=セラ出演:エリシャ・カスバート/チャド・マイケル・マーレイ/パリス・ヒルトン33年と53年に映画化された猟奇ホラーをフレッシュなハリウ.
映画館「蝋人形の館」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
題名とパリス・ヒルトンが出ているってだけで、B級ホラーの匂いがプンプンしていたのですが、なかなか面白かったです♪ 80年代のホラー界の帝王、ジェイソンやフレディ、ブギーマンなんかを思い出させる感じがとても気に入りました!殺人鬼って大体必ず悲しい幼少期...
映画「蝋人形の館」 (しょうちゃんの映画観賞日記)
公開当日に劇場で観ました。33年と53年に映画化された猟奇ホラーの再リメイク。ダーク・キャッスル・エンターテイメント製作の第5弾です。とにかく主役のエリシャ・カスバートがめっちゃかわいかった。この映画で一気にファンになりました。エリシャ・カスバートと言えば「24
東京国際ファンタスティック映画祭2005(前編) (あの新作映画観ました!!)
 私的毎年恒例イベント『東京国際ファンタスティック映画祭2005』(以下、東京ファンタ)へ行ってきた。今年で21年目を迎えるこの映画祭。会場の新宿ミラノ座前の広場では、東京ファンタ向けのコンサートが行われていた(誰が唄っていたのかは不明)。例年より、ちょっと華やか.
蝋人形の館 (猫の手も借りたい)
蝋人形の館を見てきました。 ホラー映画を迫力の大スクリーンで見るのは気が引けたのですが、同時上映の他の映画がつまらなそうだったので、これにしました。 予想以上に、ドッキリシ
『蝋人形の館』 (ねこのひたい~絵日記室)
証言1 俺の名は、ジャック・バウアー。 CTUを離れて、今は大塚製薬に雇われ広報活動をしている。 日本に見立てたロスで、うら若きゲイシャガールたちに囲まれて任務遂行中、娘のキムがまたしてもトラブルに巻き込まれたと連絡を受けた。 証言2 我が輩の名は、デ
蝋人形の館 (泥海ニ爆ゼル)
「蝋人形の館」 久々に怖いのを観ました。ゾンビ映画オールナイト@京都みなみ会館ではゾンビつながりの映画を観てきましたが、その中の「キャビン・フィーバー」に多少似ています。とはいっても部分的に、ですけど。お約束の仕掛けがあちらこちらに……ああこわい。 若
「蝋<ロウ>人形の館」 (映画通の部屋)
「蝋ロウ人形の館」 製作:2005年、アメリカ HOUSE OF WAX 200
B4:蝋人形の館 (~勝手に映画評価~)
フットボールの試合を観戦しに行こうと2台の車でスタジアムへと向かっていたカーリーを含めた6人は途中でキャンプをすることにした。林のほうからの異臭と不審車が通りかかったことを除けばその夜は楽しく過ごせた6人であったが、翌日なぜか1台の車が動かなくなってしまった
蝋人形の館 (色即是空日記+α)
『HOUSE OF WAX』 2005年アメリカ監督: ジャウマ・コレット=セラ出演:   エリシャ・カスバート , チャド・マイケル・マーレイ , ブライアン・バン・ホルト , パリス・ヒルトン 公式サイト 1933年、1953年『肉の蝋人形』の再リメイク。  バリス.