シネマコミュニケーター高橋裕之のシネマズキ!

レギュラー出演ラジオ FMGIG「マインドシアター」
FMaiai「シネマ感」 FMハイホー「シネマライナー」

追悼アーシュラ・K・ル=グウィン氏 映画「ゲド戦記」(過去記事)

2018-01-25 07:55:39 | シネマ(J・アニメ)

公開時「ダビンチコード」並みの
不評が話題だった宮崎吾朗第1回監督作品
「ゲド戦記」
俺的にわね
第1回監督作品としては
合格ではないでしょうか?

父「ハウルの動く城」のレベルと同じぐらいでは?

「千尋」や「ハウル」に比べたら
キャラクター的には落ちますが
キャラクター商品を
売ろうとしていない姿勢は
評価しないといけません。

原作がファンタジー巨編なので
アメリカのように
シリーズ化にしないで
難解なこともあり
感情移入しにくいですが・・・

宮崎特有の
「空」「化け物」「勇気」「成長」
というキーワードは
消化していると思います。

まあ、映像的に
美しさ、驚きさがないのが
残念ですがね。

この作品をステップに
今後の活躍を見守りたいですね。

劇中「テルーの歌」が流れると
聞き惚れてしまいます。



ハウルの動く城 特別収録版ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメントこのアイテムの詳細を見る



※ジブリの中では「紅の豚」が一番好きです!

紅の豚ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメントこのアイテムの詳細を見る




にほんブログ村 映画ブログへ






コメント (31)   トラックバック (121)   この記事についてブログを書く
« キャストの個性が強い?映画... | トップ | 本日公開!名作誕生!映画『... »
最近の画像もっと見る

31 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私は大作だと思いますが、、、 (もぺっと)
2006-07-19 05:44:01
8日に試写会に行きました。原作は読んでいませんが、映画はよかったと思います。メッセージ性があり、(いやみでなく)心に染み入るものがありました。観た後から感動がじわーっとくるような、するめみたいな映画と感じました。10代の男の子にお勧めのような気がします。映画は原作の一部分だけですので、はじめからゲド戦記読んでみようかなと思いました。
後半 (bobbyshiro)
2006-07-20 15:32:58
前半の流れよりも非常に楽しめました!
キャラクター商品について (てぃぷとりー)
2006-07-25 11:21:02
キャラクター商品を売ろうとしていないのは、ただ単に原作者のル・グィンがそんな物に許諾を与えないだけの事なのではないでしょうか ?

ジブリの価値 (KEITA)
2006-07-30 07:22:55
TB有難うございます。

僕は『ブレイブストーリー』より『ゲド戦記』の方が、断然良かったと思うのだ。

ブレイブは、宮部みゆきの思想を大きくそぎ落とした作品で、

原作を読んだ人は、人種差別の問題や、人柱、風読みの描き方に注目していたはずだけど、

それが欠落した作品なのだ。

一方ゲド戦記は、説明不足の感は否めないが、原作の思想は描かれているのだ。

映画に魂を入れる。それがジブリの価値。

だからジブリの勝ち。
そこそこの (bobbyshiro)
2006-08-01 14:54:45
ヒット作になりそうですね。
TBありがとうございます♪ (スイ)
2006-08-03 00:02:32
たしかに説明不足な部分はありましたが、

かえって原作を読みたくなったので、

案外良かったのかもしれません(笑)



テルーの唄は良かったですね。

見せ場の草原で歌うシーンは、引き込まれました!
ゴミじゃないけど (Yu-ka)
2006-08-03 01:45:54
なんか分ったような顔した先生を思い出して不愉快な映画だった。

気持ち悪いシーンも多かったし。

一緒に行ったジェフなんかこの映画に年齢制限がないってオカシイって怒ってたし

100点満点で40点ぐらい。

第一回目にしてはってのも私テキにはヘン。

美容院みたいにレヴェルで金額が違うんならOKだけど。

Unknown (Unknown)
2006-08-04 21:14:01
あたしは、ゲド戦記大好きです。宮崎さんの、男の子  かっこよくない。?あぁラピュタとかもののけひめのね。とくに、ゲド戦記はもろタイプ。 
宮崎親子よりも (bobbyshiro)
2006-08-05 14:51:07
鈴木プロデューサーが

映画化したかったようですよ。
Unknown (ニャンコ)
2006-08-05 22:30:52
駄作とか何とか…最近、分析ばやりだけど

面白くないものは面白くない。それだけ。それ以上でも以下でもない。

つうことは駄作ってことかな。

原作者に訴訟されたら「ジブリカルト」の信者も分かるのではないのかな。

海外は視野狭窄でもないし甘くはないからね。

コメントを投稿

シネマ(J・アニメ)」カテゴリの最新記事

121 トラックバック

ジブリ大スキ病末期 (ミズポムの秘密基地)
スキ♡(´・ω・`)・・・・・・・・・もうね、ジブリがスキでたまらないの♡♡ 特にね、ハウルの動く城{/hearts_pink/} {/ichigo/}ついに!ついに!明日ゎ7月21日金曜日!!ってコトゎ、、、、金曜ロードショーでハウルの動く城!!   ひゃっほ ...
ゲド戦記<試写会> (お萌えば遠くに来たもんだ!)
試写会で観てきました。スゴイ人出でした。 <日比谷公会堂> 監督:宮崎吾朗 原作:アーシュラ・K・ル=グウィン 脚本:宮崎吾朗 丹羽圭子 美術監督:武重洋二 音楽:寺嶋民哉 うーん。 丁寧なアニメーション映画。流石ジブリ。 大作と言って良いと思い ...
ゲド戦記 試写会 (ななめ歩き)
ゲド戦記の試写会に行ってきました!!いぇーい!! え~と感想です。一応反転で ↓ 背景が背景じゃなくて絵画でした。凄いなぁ。欲しいよ(笑) 途中、涙を誘うところも…(あたしだけかなぁ) でもアレンに共感できる部分とかあって、辛かったです。あたしもハイタカ ...
ゲド戦記の試写会感想。 (マミノサプリメント)
えーと、昨日観てきたゲド戦記の試写会の感想です。 まず、アレンが影に追われている、というのは予告編でもありましたが 知っておいたほうがいいみたいです。 私は知らなかったから、初め何におびえているのか分からなかったから(;´д`) 全体的には世界 ...
ゲド戦記 試写会 (実衣のしっぽ日記)
家族が試写会に当たったので、見てまいりました。(自分のはハズレ)えー、原作は読んでおりません。なので、「それは原作からそうだから!」という部分もあるかもしれません。映画を見たままの感想です。 2時間あきずに楽しめたけど、ちょっと物足りない気持 ...
『ゲド戦記』・試写会 (しましまシネマライフ!)
今日は某雑誌で当選した 『ゲド戦記』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★★★☆》 本当
『ゲド戦記』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
物語の舞台は、多島海世界“アースシー”。西海域の果てに棲む竜が、突如、人間の世界である東の海に現れた。それと呼応するかのように、世界では、さまざまな異変が起こり始めていた。農民は田畑を捨て、職人は技を忘れモノを作らなくなった。街では、人々はせわ ...
「ゲド戦記」 (It's a wonderful cinema)
 2006年/日本  監督/宮崎 吾朗  人気ファンタジー小説「ゲド戦記」の映画化。監督は宮崎駿の息子の宮崎吾朗。  え~っとですね、ジブリ作品にしてはあまり広がりが感じられませんでしたね。世界観が確立されてないというか。ナウシカやラピュタに比 ...
試写会『ゲド戦記』 (翠の独り言)
7月29日から公開されるスタジオジブリの最新作『ゲド戦記』の試写会に行ってきました。 この映画は宮崎駿監督の息子である宮崎吾朗氏の初監督作品です。
試写会「ゲド戦記」を観ました。 (★☆★Suppin Girl★☆★)
今日は「心臓検診結果説明会」に出席のため。 チビっ子さんを午後から母に預けたのでした。
ゲド戦記の試写会見てきたよ~!(ネタバレは反転式) (。*。:゜☆キュートに生きちゃおうっ☆゜:。*。)
ゲド戦記の試写会に行って来たよーっ! ネタバレは反転式なので安心して見てね♡
映画:ゲド戦記 試写会 (駒吉の日記)
ゲド戦記 試写会@一ツ橋ホール 「こころを何にたとえよう」 手嶌葵さんの『テルーの唄』が頭から離れない~ 劇中アカペラで歌うシーンは珍しいくらい長い。童謡のような懐かしいかんじの曲で高すぎない声でじんわりしみこんできました。 人と竜と魔法 ...
感想/ゲド戦記(試写) (APRIL FOOLS)
きたよきたよジブリ! 駿の息子・宮崎吾朗が監督でナニかと超話題。周りの映画ライターは低評価出してたけど、どうなの『ゲド戦記』? 7月29日公開。 ゲド戦記 かつては同じ世界にいたヒトと竜。自由を求めた竜と、モノを求めた人間は袂を分かつ。時は流れ現 ...
ゲド戦記 (色即是空日記+α)
今回のゲド戦記は・・・う~ん、、 小さい子供向けの作品ではないです。 世間の評価もかなり厳しいと予想できます。 でも荒削りだけどイイものも感じました。
『ゲド戦記』 (アンディの日記 シネマ版)
娯楽度[:テレビジョン:]         2006/07/29公開  (公式サイト)  満足度[:星:][:星:][:星:]  【監督】 宮崎吾朗 【プロデューサー】 鈴木敏夫 【脚本】 宮崎吾朗/丹羽圭子 【原作】 アーシュラ・K・ル=グウィン  『ゲド戦記』シリ ...
「ゲド戦記」、試写で観て来ました! (chronosphere [Time's Blog])
スタジオジブリ最新作、映画「ゲド戦記」、試写会で観て来ました。宮崎駿の長男である
ゲド戦記がどうやらゴミらしい (samurai burger)
以前Yahoo!ムービーのユーザーレビューを見た時そんな酷いのかと思っていたけど、それを裏付けるかの如く、あの映画評論家で有名な御方様が「もぉー踏んづけてやるっ!」と言わんばかりに怒ってらっしゃいます。 けど、予告編見る限りLOTR好きとしては凄い良さ ...
ゲド戦記ってどうよ (上京日記)
前評判があまりよくないと聞いたのですが・・。 どうなんだろう? CMは、歌はいいけどテルーの台詞は、 まぁあまりうまいとは思わないよね・・。 宮崎監督の息子さんというのもいかがなものか・・? いきなり監督したのかなぁ?大丈夫? でもとりあえず ...
大人一人で見ても面白い「カーズ」 (つねさんの人生奮闘記)
昨日(7月20日)、週に一度、文化的な満足感を充足為、レイトショーを観に行って
ゲド戦記 (まぁず、なにやってんだか)
アサヒ飲料で「ゲド戦記」の試写会が当たったので、9歳の長男と行って来ました。 画像がとても美しいので、絵画を習っている長男や、油絵を習い始めた私にも勉強になるのではないかな、と思ったからです。 実は、宮崎アニメはかなり苦手。でも、宮崎吾郎監督 ...
ヒドイらしい、ゲド戦記 (ソラ色だいありー☆ れっつごー!!!)
Yahoo!ムービー ゲド戦記が トレンドランキングに入ってたので見たんですけど、 やっぱり前評判は相当ヤバイらしいww 始めのページの評価が2点・1点とかだったので、 『また荒らしか?』と思ってずーっと見てみたんですけど、 いつまでたっても1点・2点 ...
ゲド戦記 (映画館で見たい映画)
[ゲド戦記]は宮崎駿の長男・宮崎吾朗の初監督作品でもあり、キャラクターはジブリの流れを受け継いでいるものの、作品は宮崎吾郎が自分の持つ世界観を表現したもので、ジブリ作品と切り離して楽しむべき映画です。作品の根底には現代人のかかえる心の闇が描かれ ...
映画vol.71『ゲド戦記』※舞台挨拶付試写会 (Cold in Summer)
『ゲド戦記』(2006年公開)*試写会 監督:宮崎吾郎 声 :岡田准一 公式HP 『ゲド戦記』を試写会で観ました。 なんとなく物物しい雰囲気だったので、「まさか岡田くんが」と勝手にドキドキしていましたが、ゲストは監督・手 ...
映画「ゲド戦記」試写会鑑賞日記★★★★☆   (ログハウス)
~生命の営みを絶つ者は、生きることの重みを恐れる者。不死に拘る者は、限りある大切な時を死に委ねて生を葬っている亡者。~ 初めてまともな試写会当たりました!(三ツ矢サイダーさんに感謝。早速毎日子供と飲ん
劇場鑑賞「ゲド戦記」 (日々“是”精進!)
「ゲド戦記」を鑑賞してきました「指輪物語」「ナルニア国物語」と並び、世界3大ファンタジーと称されるアーシュラ・K・ル・グウィンの児童文学を映画化。スタジオジブリ20年越しの企画を、宮崎駿の息子で本作がデビュー作となる吾朗が実現させた。全6巻から ...
ゲド戦記 (Akira's VOICE)
深みに欠ける部分はあるけれど, 絵画的な背景で展開される人間ドラマが, ゆったりと心地よく,LOHASな気分に浸り, 響くメッセージは胸を打ち,二カ所で涙。
『ゲド戦記』(2006) (【徒然なるままに・・・】)
スタジオジブリファンの人は安心して良いでしょう。立派な後継者の誕生です。例えて言えば、山田康雄亡き後、栗田貫一が『ルパン三世』を引き継いでいるようなものです。 ついでに原作が、『指輪物語』や『ナルニア国ものがたり』と並んで<世界三大ファンタジー ...
ゲド戦記 (Saturday In The Park)
 日本  アニメ&ファンタジー&ドラマ  監督:宮崎吾朗  出演:(声の出演)      岡田准一      手嶌葵      菅原文太      田中裕子 多島海世界アースシーでは西海域の果てに棲む竜が突如、人間の住む東海域に現 われ共食いを始 ...
『ゲド戦記』舞台挨拶@TOHOシネマズ六本木ヒルズ (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
舞台挨拶シリーズも定着してきたのかな?(ぉぃ今回は、邦画では一番の超大作『ゲド戦記』でございます。ジブリの舞台挨拶は、『猫の恩返し』以来2度目。あの時は、鈴木敏夫Pにサインもらったっけ(爆)にしても、東宝系映画の舞台挨拶、日劇でやる事減ってきた ...
ゲド戦記・・・もう一声 (システムエンジニアの晴耕雨読)
本日公開・・ということで「ゲド戦記」見てきました。先週から『ゲド戦記歌集』聴いて、期待感を盛り上げていたこともあり、とっても楽しみにしていたので・・・・冒頭に、第一巻の巻頭詩が紹介され、 ことばは沈黙に 光は闇に 生は死の中にこそあるものなれ  ...
ゲド戦記 (映画鑑賞★日記・・・)
『TALES FROM EARTHSEA 』公開:2006/07/29監督:宮崎吾朗原作:アーシュラ・K・ル=グウィン『ゲド戦記』シリーズ(岩波書店刊)  原案:宮崎駿声の出演:岡田准一、手嶌葵、田中裕子、小林薫、夏川結衣、香川照之、内藤剛志、倍賞美津子、 風吹ジュン、菅 ...
ゲド戦記 (そーれりぽーと)
ジブリ最新作は父駿から息子吾朗に世代交代の第一作「ゲド戦記」 原作は「指輪物語」「ナルニア国物語」と並んで超有名なんですってね。私はどれも原作を読んでいませんが。 今回は期待半分と、がっかり覚悟半分で観て来ました。 ★★★ “宮崎アニメ”という括り ...
ゲド戦記(罪を背負って旅に出た先にみた答えとは・・・) (オールマイティにコメンテート)
「ゲド戦記」は宮崎駿監督の息子である宮崎悟朗監督に初監督作品として注目され、スタジオジブリが今年最大の話題作として送った作品である。物語は一見奥深そうだが人の心を上手く描いた作品として興味深い作品でもある。
スタジオジブリ作品  「ゲド戦記」  報告  (ImageSynchro イメージシンクロ)
本日公開の、スタジオジブリ最新作・映画「ゲド戦記」を早速、観てきました!まずはパンフレットにどんなことが書かれているかというと・・・   父さえいなければ生きられると思った。   見えぬものこそ。ん~これは期待できる。竜が空を飛んでるぞ、原作 ...
ゲド戦記 (Pocket Warmer)
邦題:ゲド戦記 原作:「ゲド戦記 3 さいはての島へ」アーシュラ・K・ル=グウィ
【映画】大駄作『ゲド戦記』はタダでも見るな! (Badlands~映画・演劇・音楽レビュー~)
ゲド戦記 (ネタバレ映画館)
 父親に反対され、そのために親子の確執が生まれる・・・で、いきなり殺したのか。
ゲド戦記/TALES from EARTHSEA (きょうのあしあと)
「見えぬものこそ。」 監督:宮崎吾朗 原作:アーシュラ・K.ル=グウィン 脚本:宮崎吾朗、丹羽圭子 出演:岡田准一、手蔦葵、田中裕子、香川照之、風吹ジュン、内藤剛志、倍賞美津子、夏川結衣、小林薫、菅原文太、他 公式HP: http://www.ghibli.jp/ged/ ...
ゲド戦記・・・・・評価額1050円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「指輪物語」「ナルニア国物語」に並ぶ三大古典ファンタジーの一つ、アシューラ・K・ル=グィン原作の「ゲド戦記」シリーズ初の映画化・・・・ではない。 一応、原作の三巻「さいはての島へ」をベースとしてはいるが、はっきり
ゲド戦記 (ネット収入で夢をドンドン実現させるブログ)
長谷川です。 29日(土曜)に公開された ゲド戦記 一大ファンタジー映画ということで大期待の中公開されましたね^^
映画 「ゲド戦記」 鑑賞レポート (STABLO.G|スタブロのブログ)
映画「ゲド戦記」鑑賞レポート 「今回は止めておこう。」と、多忙な日々を送る中で諦めていた映画「ゲド戦記」の初日鑑賞。 しかし、最近の作品は全て初日公開に足を運び続けてきたという妙なプライドが、公開前日に迷いを呼び起こす。 この日は久し振りに ...
今の日本社会に向けたメッセージ。『ゲド戦記』 (水曜日のシネマ日記)
国を捨て、影に怯える王子アレンと、魔法使いである大賢人ハイタカ(ゲド)の物語です。
ゲド戦記 単行本セット (Helon's Enjoy Life)
 この夏、スタジオジブリのアニメ映画が公開され、話題となっている「ゲド戦記」。販売元の岩波書店から、大人から子供まで改めてこの名作を映画と違った視点で楽しめるよう手ごろ価格でソフトカバーの単行本が発売されています。
『ゲド戦記』映画レビュー/苦痛な映画/物語の世界31 (坂崎いるか、作家への道&パートナーさがし日記)
ゲド戦記酷評続く/Web2.0的映画レビュー&上映システム/物語の世界30 から続きます。 今回、僕は何とかこの作品『ゲド戦記 』のいい所を探そうとしました。 で、結果のレビューがこれです。 席を立ちたくなる苦痛 開始10分ぐらい ...
ゲド戦記 (映画とはずがたり)
宮崎駿アニメに多大な影響を与えた 世界三大ファンタジー文学のひとつ、 アーシュラ・K.ル=グウィンの同名小説を、 長男の宮崎吾朗が初監督! STORY:多島海世界アースシー。 その荒れた海を行く一隻の帆船。 船長は風の司に海を鎮めるよう命じるが、 ...
ゲド戦記 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ジブリの最新作は、宮崎吾朗監督の『ゲド戦記』。原作は、『指輪物語』『ナルニア国物語』とならび称される、世界的ファンタジーの傑作『ゲド戦記』(清水真砂子訳・岩波書店刊)。 監督は、宮崎吾朗。『ゲド戦記』の企画に際しては、自ら絵コンテを執筆す ...
ゲド戦記 (空の彼方へ)
竜が人間の住む世界に現れて共食いを始めるなど、異変が起こりはじめた多島海世界“アースシー”。異変の原因を探るべく旅に出た大賢者ゲドことハイタカは、その途中で父王を刺して国を飛び出してきたエンラッドの王子・アレンと出会った。2人はともに旅を続け ...
ゲド戦記 (土曜の夜は・・・)
story  ル=グウィンの名作ファンタジー『ゲド戦記』をスタジオジブリが映画化した長編アニメーション。巨匠・宮崎駿監督の息子、宮崎吾朗の第一回監督作品。声の出演は主人公アレン役に岡田准一、ヒロインのテルー役には新
「ゲド戦記」試写会観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「ゲド戦記」 監督:宮崎吾朗 声の出演:岡田准一、 手嶌葵 、菅原文太 、 田中裕子、香川照之、風吹ジュン アーシュラ・K・ル=グウィン原作「ゲド戦記」シリーズを映画化。 多島海世界「アースシー」。世界ではさまざまな異変が起こり始め、均衡が崩れ、 ...
失敗を喜ぶべきか?父殺しの大罪/『ゲド戦記』宮崎吾郎監督 (活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世)
●ゲド戦記● ●原作;アーシュラ・K、ル=グウィン ●監督:宮崎吾朗 ●声の出演:岡田准一/手嶌葵/田中裕子/小林薫/夏川結衣 ●公開:2006年7/28 ●上映時間:115分 楽しみにしていたアサヒ飲料の試写会に見事(泣)にはずれ、公開3日目の7/31に高崎10 ...
「ゲド戦記」吾朗<<<駿 (映画コンサルタント日記)
「ゲド戦記」オープニング興収は9.05億円。「ハウルの動く城」(最終興収196
ゲド戦記感想(ネタバレあり) (生きているって素晴らしい!)
まずは、映画館の感想からw   400席以上あるスクリーンでしたが、入りは30名ぐらいでした。 でもまぁ、こちらの映画館では私が見ている映画の中でも入っている方です。 ただ、今回はDLPシネマプロジェクターでの上映だったので、画質は無茶苦茶綺麗 ...
ゲド戦記みてきました! (CUSTOM ~ドースル?)
やはり、監督が違うとなんか雰囲気もかわりますねー テーマははっきりしていたけど、やっぱり原作を読まないと、??? なまんまなとこありましたが。 で。 ナウシカっぽい雰囲気と、ラピュタっぽい雰囲気がありましたけど、なんか、ちょっとやっぱり違いました ...
ゲド戦記に見える、メイソウするメガコミュニティーとマイノリティーバイタルのアシンメトリー関係 (uRABLOw)
=ゲド戦記に見える、メイソウするメガコミュニティーとマイノリティーバイタルのアシンメトリー関係、及び真贋の如何を左右する決定権について= 以前、結構書いたんですけどね。 やっぱ最近の公開公開公開ってニュース群を見たら思わずログですよ。 そ ...
「ゲド戦記」感想 (穴にハマったアリスたち)
何の罰ゲームか、先週末「ゲド戦記」を見に行く羽目に。 仕方がないので感想記事でも書いてネタにしてみよう。 世間様ではボロクソに叩かれてるみたいですが、頑張ればとっても楽しめるいい映画でした。 【ゲド戦記の見所その1】 クライマックスの注目シーンは、 ...
「トトロ」って、やっぱ哺乳類ですかね? (さすらい人の学級日誌~山手の丘より愛を込めて~)
 今日から、スタジオジブリの新作「ゲド戦記」が公開となる。今回は、宮崎駿監督の長男による作品であるが。 昨夜また「となりのトトロ」をテレビでやっていたので見た(家事をしながらだったので、ちゃんと見られなかったが)。 これは、毎年夏になると必ず放 ...
ゲド戦記 (Big Screen)
○TALES FROM EARTHSEA ○ファンタジー/ドラマ[◆◆◆◆◇◇4/6] ○2006日本/115min/スタジオジブリ・東宝/公開2006/07/29 映画館に行くたびに、予告編で「テルーの唄」を聴かされたせいでしょうか、「ゲド戦記」という物語のあらすじしか知らず、キャラ ...
映画「ゲド戦記」 (スイの気まぐれ日記。)
いつの間にか、今日から8月。 すっかり忘れてました、暑中見舞い。 さて、この間の日曜に「ゲド戦記」観てきました。 自分の感想を書く前に、ちょいと検索してみたんですが、 何とまぁ!ジブリ作品とは思えないほどの酷評の数々。 賛否両論だとは聞いてましたが ...
【映画感想】ゲド戦記見てきたお【レビュー】 (魔法先生リリカル☆ハギま!)
まさに前評判通りのヤバさ!! こんな劇場作品があっていいのか‥‥‥   ハギ=スプリングフィールド 初めに━━━私は原作未読者です。 また、ジブリ作品に関して特に思い入れがあるわけではないです。 と
映画「ゲド戦記」 (まぎぃ別館2)
公開初日,10時からの回に合わせて,長女と見に行く。そう娘の言う「カントク作品」。車内ではCDに合わせて娘は挿入歌の「テルーの唄」を歌う。私が歌おうとすると「女の子の歌だよ。お父さんは歌っちゃダメ。」って。「ゲド見に行くからね。」っていうと,「ゲド ...
『ゲド戦記』2006・7・30に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
?2006 二馬力・GNDHDDT 『ゲド戦記』   公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ ある日、西の果てに棲む竜が人間の住む東の海に現れ、同時に人間界にさまざまな災い起こるようになる。災いの源を探る旅に出てる大賢人ゲド(通称ハイタカ)(菅原文太)は ...
ゲド戦記 (神近まり 歌うたいのBlog ~Mari Kamichika Singer's Blog~)
宮崎吾朗さんデビュー作の「ゲド戦記」初日の7/29の土曜日に観てきました。ネタバレしないよ。感想を書くと超~長くなるから5つだけ。面白かった。 怖がりの私にはちょい怖いところも。 (ちなみに私は”もののけ姫”も”アキラ”も ”ムーミン”さえも怖いと ...
「ゲド戦記」 (しんのすけの イッツマイライフ)
「ゲド戦記」、 アニメ作品として制作されたのですから、 もっと爽快に、スカッとさせて欲しかったな~というのが本音でした。
ゲド戦記 (ちわわぱらだいす)
試写会があたったので瑠璃さんと見に行ってきました。。。 感想ですか・・・・ ねむたかったぁ~って言ったら「寝てたじゃん」って。。。 はい、寝てました(- -;) ストーリーがスローテンポ。どんでん返しもないサプライズもない。 途中寝ててもしっかりお ...
【劇場映画】 ゲド戦記 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 竜が人間の住む世界に現れて共食いを始めるなど、異変が起こりはじめた多島海世界“アースシー”。異変の原因を探るべく旅に出た大賢者ゲドことハイタカは、その途中で父王を刺して国を飛び出してきたエンラッドの王子・アレンと出会った。2人はと ...
「ゲド戦記」を見に行きました。 (ランチママの徒然日記)
まずビックリしたのが、ガラガラだったこと!びっくりです・・・。MOVIXの一番大きなシアター(518席)での上映だったのに多分50人くらい・・・(~_~;)いくら平日のお昼の回だとは言え、これはないでしょう・・・。まだ公開して1週間たってないし、夏休み中ですよ ...
ゲド戦記/感想 (映画★特典付き前売り券情報局)
2006年07月29日公開のアニメ映画「ゲド戦記」を見ました。 * ネタバレあり * 見終わって最初に思ったことは、パパ・宮崎駿さんが作ったらどんなだったかな~?と…ナンセンスなことですがね。 ストーリーは均
「ゲド戦記」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
幼少時は人並み以上にアニメ番組を見ていた事を考えると、自分はかなり異質な人間なのかもしれない。と言うのも、スタジオジブリが手掛けた作品で実際に見た事が在るのは、「となりのトトロ」と「火垂るの墓」、そして「おもひでぽろぽろ」の3作品だけなのだから ...
私的考察 映画「ゲド戦記」 (やまたくの音吐朗々Diary)
スタジオジブリ発、宮崎駿監督の長男である宮崎吾朗氏の第1回監督作品「ゲド戦記 」観賞。 この映画は一幅の掛け軸のようだ。 示唆に富んでいるというよりは、メッセージそのもの。 その掛け軸には?? 「人は自然の均衡のなかにあり」 ??と書かれ ...
『ゲド戦記』★その1 (ふつうの生活 ふつうのパラダイス)
残念でした。これは『ゲド戦記』とはいえない。ヤフーの映画評を読んでも酷評が多い。さすがに私もこれは駄作としかいえない。これだったら、『ブレイブストーリー』の方が面白かった。『ゲド戦記』が持つ良さも独特の雰囲気もほとんど描けていない。がっかりです ...
『ゲド戦記』★その2 (ふつうの生活 ふつうのパラダイス)
その1から続きます。ところで、この中に出て来た『シュナの旅』ですが、これは、宮崎駿の絵物語で、しかも、かなりマイナーなものなので、どれくらいのひとが知っているでしょうか。私はこの作品がアニメにならないものかなーとずっと思っていました。ただ、もの ...
『ゲド戦記』★その2 (ふつうの生活 ふつうのパラダイス)
その1から続きます。ところで、この中に出て来た『シュナの旅』ですが、これは、宮崎駿の絵物語で、しかも、かなりマイナーなものなので、どれくらいのひとが知っているでしょうか。私はこの作品がアニメにならないものかなーとずっと思っていました。ただ、もの ...
「ゲド戦記」45点。 (mountain77 D.Reverse side)
ゲド戦記・オリジナルサウンドトラック スタジオジブリhp ほんとにジブリか。
「ゲド戦記」 熟成度が足りないワインのような・・・ (はらやんの映画徒然草)
「ゲド戦記」観てきました。 巷では評判あまりよろしくなかったので、やや期待度低か
『ゲド戦記』、観ました。 (肯定的映画評論室ココログ支店)
 『ゲド戦記』、映画館で観ました。 無数の島から出来たアースシーでは、様々な異変が起
『ゲド戦記』 宮崎吾郎監督 演出の基礎能力不足とセンスオブワンダーのなさ (物語三昧~できればより深く物語を楽しむために)
評価:★★☆星2つ半 (僕的主観:★★★星3つ) ? ? 『ゲド戦記』を見てきた。ブログなどでのあまりの酷評振りに、見る気を失いかけはするが、やはり話題ものは見に行かねばならない、と鑑賞。 ? 結果を一言でいうと、まぁ悪くはないじゃないか!でした。
ゲド戦記・感想 (JAI-YA。の日記)
一夜明けてもう書く気にもなれなかったが それでも思い付いた雑感を無秩序に列挙しよう。 まずは背景がノッペラボウで立体感がない。 上映後パンフレットを買い読んでみて 背景は絵画的に描かれたそうだが私には響くものはなかった。 次にアレンが父を刺した理 ...
ゲド戦記 (kisatonomori blog)
ことばは沈黙に 光は闇に 生は死の中にこそあるものなれ 飛翔せるタカの 虚空にこそ輝ける如くに ゲド戦記観に行ってきました ゲド戦記 - Wikipediaより ゲド戦記(ゲドせんき)は、アーシュラ・K・ル=グウィンによって書かれ、1968年から20 ...
ゲド戦記 (にわうたぶろぐ)
 やはりジブリというブランド映画ですから、気にならないわけがありません。監督が誰であろうと、話題性がどこにあろうと、とりあえず褒めるのも文句を言うのもまず実際に観てからだ!  ちなみに私は原作の方は未読です。うんうん、判ってる。こういうのは ...
受け継がれしもの「ゲド戦記」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
「ゲド戦記」もしくは「海辺のカフカ」? (これは映画を見ている途中、ふっと思った
『ゲド戦記』という物語 (手当たり次第の本棚)
映画『ゲド戦記』といえば、今夏の「ジブリ映画」なのだが、制作決定となってから懸念の声が強かった、それが大当たりしたかのように、現在、ネットでは酷評が続いているようだ。 それは、ずぶの素人である二代目と、父親宮崎駿、そしてジブリという世界のブラン ...
『MOE』2006年9月号 (週刊明るい空 オタクなパート書店員の奇妙な空間)
MOE (モエ) 2006年 09月号 [雑誌] この号はとてもお勧め。確かに私はスタジオジブリ版『ゲド戦記』は他の方々にお勧めしていません。でもね、この雑誌はお勧めです。まず、この雑誌はこの表紙にだまされてはいけません。実はこの雑誌の中でとても貴重なのは、なん ...
『ゲド戦記』観ました!! 【編集部日記】 (CINEMA COMIN'SOON シネマブログ)
こんにちは、編集部のうめ吉です。 このところ全然映画を観に行ってなかったんですが...
『ゲド戦記』 (ひま人のノンストレス生活。)
映画『ゲド戦記』 監督;宮崎吾郎 を 観ました! Yahooのユーザーレビュー
『ゲド戦記』 (Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐)
「心を何に喩えましょう」 映画を見終わって劇場に後にして、そして、数日がたった今でもなお、澄みきった歌声が頭の中でリフレインしています。 とても印象的な映画だったと思います。 「ゲド戦記」 メッセージ性が強い作品だなぁ~と言うのが、一番の印象。 ...
「ゲド戦記」みたぜ! (「(新)極私的視点」ブログ)
このブログにたどり着くヒトで、最近は「亀田」というキーワードが多いんだけど、その
〈映画〉ゲド戦記/アーシュラ・K. ル・グウィン (Crescent Moon)
 「ゲド戦記」見てまいりました。  映画の「ゲド戦記」は、原作「影との戦い」~「帰還」までの細々とした部品を集めて新しい物語を作ってしまった――そんなイメージを受けました。 なので原作をものすご~く好きで思い入れの深い人には「なんじゃこりゃ~? ...
『ゲド戦記』 (☆えみたんの日記帳☆)
この前友達と「ゲド戦記」を見に行ってきたよぉ~♪ ストーリー 島と海の世界、アースシー。 ある日、西の果てに棲む竜が人間の住む東の海に現れ、同時に世界中でさまざまな異変が起こるようになる。 災いの源を探る旅に出た大賢人ゲドは、道中で国を捨てた王子 ...
映画『ゲド戦記』 (白猫宮)
ゲド戦記 宮崎吾朗 / スタジオジブリ 手ばなせない度 : ★★☆☆☆ 仕事帰りに見てきました。すでに酷評は聞いていたので見ようか見まいか迷ってたんですがね。怖いもの見たさに視聴決定。  感想としては「やっちゃったなぁ」という感じ。  具体的にど ...
【映画】大駄作『ゲド戦記』はタダでも見るな! (Badlands~映画・演劇・音楽レビュー~)
ゲド戦記 感想 (日々緩々。)
観てきましたー!『ゲド戦記』。 観るか観ないか、迷っていたのですが。。。 なぜって、あまりにも厳しいレビューばかり目にしていたので・・・(汗 まぁ、人は人、ということで、あまり期待はせずに行ってみることに。 そして観終わって・・・ あれ?そこまでは ...
ゲド戦記?? (みかりんの独り言♪♪)
先日、ゲド戦記を観て来ました。
ゲド戦記 (日記帳)
昨日は、映画『ゲド戦記』を観ました。 公開して間もないのに、思っていたより人が少なかった。 これも以下ネタバレ含みます。 ↓ ジブリの映画はやっぱり絵がすごい。 色んなところが緻密に描かれています。 映画を観る前は、前情報は一切シャットア ...
ゲド戦記 (奥様的部屋)
なにかと噂になっているジブリの新作公式サイト えっと・・・私自身はジブリにそれ程思い入れはないけれど、それでも観終わった後には"????"と首をかしげてしまった ん~・・・"ジブリ"ブランドに対する期待が大き過ぎたのかなぁ?どこがどう、って訳ではな ...
ゲド戦記 (徒然なる日記)
映画「ゲド戦記」の感想です。
ゲド戦記 (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”Tales from Earthsea”原作=アーシュラ・K・ル=グィン。脚本=丹羽圭子/宮崎吾朗。音楽=寺嶋民哉。監督=宮崎吾朗。世界の均衡が崩れ始めた世界アースシーでは様々な異変が。その原因を探す旅に出た大賢人ハイタカ(真の名はゲド)は、心に闇を持つエンラッ ...
ゲド戦記 (法と本とマイライフ)
ゲド戦記を見ました。 正直にいうと、少しストーリーが、分かりにくかったなぁと思う。 結構、観客の気持ちをほったらかしって感じで。 CMがすごくよさそうの見えたので、反動も大きく、映画を見終わった後は、(あ~あ)って感じでした。
★「ゲド戦記」 (ひらりん的映画ブログ)
8/1映画の日、夜7:45~の回で見てきました。 1000円の日だし・・・ ジブリだし・・・ 混むかな・・と思ったので、久しぶりにネット予約。 ひらりんの前に20名ほど席が埋まってました。 上映前になって約8割の入り・・・ってとこでしょうか。
ゲド戦記(映画館) (ひるめし。)
かつて人と竜はひとつだった。 CAST:岡田准一/手嶌葵/田中裕子/小林薫/夏川結衣/菅原文太 他 ■日本産 115分 原作読んでないのが悪いのか、なにがいいたいのかよくわからなかった・・・。 竜と人の話? 少年の心の葛藤の話? 少年とおっさんの旅物語 ...
映画:「ゲド戦記I」~コロナで (David the smart ass)
「ゲド戦記」見てきました。あ~、コロナがあんなに混んでたのは久しぶり。並んでチケット買ったのは記憶にないくらい。 ゲド戦記・オリジナルサウンドトラックposted with amazlet on 06.08.14寺嶋民哉 カルロス・ヌニェス
ゲド戦記を観てきました。 ~わりと良作ですよこれ。~ (日がな一日ラらラら日記)
 ゲド戦記を観てきました。  簡潔に言えば、主人公とヒロインの話。より正確に言うと、「ヘタレな主人公をヒロインが更正させるお話」です。  原作モノの映画化で、大事なのは、「映画の中での完結」と、「物語の広がり」
ゲド戦記 2006-43 (観たよ~ん~)
「ゲド戦記」を観てきました~♪ 人間界に現れるはずの無い竜が出現した、それを機に様々な異変が起きる。世界の均衡が崩れつつあると予感し、旅に出た大賢人のアシタカ(声:菅原文太)は、父親を刺して逃亡中の王子アレン(声:岡田准一)と知り合った。アシ ...
『ゲド戦記』を観た (ちんたら日記)
『ゲド戦記』(2006年日本)監督:宮崎吾朗、原作:アーシュラ・K・ル=グウィン、声の出演:岡田准一、手嶌葵 ★★☆☆☆ 世界が狂い始めていた・・・。やがて人々が魔法を信じることができなくなったとき、大賢人ゲドは世界のバランスを崩す者の正体を突き止め ...
酷評が多いですが ~ゲド戦記を観て~ (横須賀Life)
 まず先に、ネタバレは書きませんが、    どうしても気になる方は、      今回は遠慮してください。    映画「ゲド戦記」          映画の批評や、ブログでの感想、      色々見てみましたが、       結構酷評が多いですね。   ...
映画 『ゲド戦記』 (Death & Live)
あんな軽くて弱くて細い声で、生きるだ死ぬだを語って欲しくないんだがな。 『ゲド戦記』 2006年 アニメーション 監督 : 宮崎吾朗 アニメのことは良くわからない。 自分にとって一生で一番のアニメは『未来少年コナン』だ。 映画にはならなかったけどね ...
ゲド戦記 (休日旅行人)
はい初日に見ました まずですね o( ̄ー ̄;)ゞううむ もののけ姫の路線みたい。
ゲド戦記/TALES from EARTHSEA(2006,JP) (The Final Frontier)
どんなに悪評が漂っていても、話題作には変わりなし。仕事で観てきましたよん☆ ゲド戦記多島海世界“アースシー”では、西海域の果てに棲む竜が、突如、人間の住む東海域に現われ共食いを始めた。それに呼応して、世界ではさまざまな異変が起こり始める。世界の ...
ゲド戦記 【監督:宮崎吾朗】 (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
世襲監督などと揶揄される、巨匠の息子の監督作品。この映画、意外と好きだったりする。 原作は実家にあったが読んだ事ない。原作に関する記憶といえば、金子修介のガメラ2で本棚にしまってある資料を持ってきてもらおうとした水野美紀が「ゲド戦記の後ろに」みた ...
『ゲド戦記』 (地球が回ればフィルムも回る)
アーシュラ・K・ル=グウィンの『ゲド戦記』だけではなく、『ゲド戦記』の影響を受けた宮崎駿のマンガ『シュナの旅』を参照している。が、もとネタの『ゲド戦記』そのものに宮崎吾朗監督が愛着があることは伝わって来る。 ル=グウィンという作家は、また僕流に ...
「パイレーツ」「ゲド戦記」競り合う (映画コンサルタント日記)
1周年記念と言う事で今週は記事特盛で行きます! 先週末のボックスオフィスは上位2
ゲド戦記 06年165本目 (猫姫じゃ)
ゲド戦記 2006年   宮崎吾朗 監督   アーシュラ・K・ル=グウィン 原作岡田准一 、手嶌葵 、田中裕子 、菅原文太 、風吹ジュン 原作ものですよね。人間と魔法使いと竜が存在するんですよね。 息子さんが、初めて監督したんですよね。 てか、やっぱ ...
命を大切にしないやつなんて大嫌いだ! (キャバ嬢このはの気まぐれ日記)
「 ゲド戦記  」見たよ~ ♪.......心を何にたとえよう 鷹のようなこの心       心を何にたとえよう 空を舞うような悲しさを....♪ あんま期待せずに見に行ったら、 いや~思ったより 面白かったよ。 ? ネットで批判ばかりだけど ...
ゲド戦記 (Extremelife)
ル=グウィンの名作ファンタジー『ゲド戦記』をスタジオジブリが映画化した長編アニメーション。巨匠・宮崎駿監督の息子=宮崎吾朗の第一回監督作品。声の出演は主人公アレン役に岡田准一、ヒロインのテルー役には新人・手嶌葵。 久々の映画記事更新ですぅ!実 ...
ゲド戦記 (PLANET OF THE BLUE)
夏休みに従妹と一緒に観てきました。 アニメ作品は今年初です。 監督  宮崎 吾朗 声  岡田 准一  手鷲 葵  菅原 文太  田中 裕子  香川 照之    風吹 ジュン  内藤 剛志  倍賞 美津子  夏川 結衣  小林 薫 ...
竜の化身なの (藻、たくさんの日々。)
今日は映画を観に有楽町へ。 午後から雨があがったので、一大決心をして映画を観に行くことにしたのです。 観たのは、「ゲド戦記」。 ネット上で酷評されていますが、ジブリシリーズだし、 やっぱり一度は観ておきたいなと思っていました。 もうピークは ...
ジブリの新作は「ゲド戦記」 (ひねもすのたりの日々)
公式サイトによると監督は宮崎駿氏のご長男宮崎吾朗氏。来年7月公開予定。さすがジブ
ゲド戦記 (オイラの妄想感想日記)
宮崎吾朗は本当にアニメを撮りたかったのかな。 ジブリの商売に利用されただけだったら可哀想だな。 宮崎吾朗はジブリじゃなく違う制作会社で作ればよかったのに。 妄想感想いきます!
ゲド戦記 (20XX年問題)
レビューを更新しました。 レビューを見てみたい方は当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
アニメ評:ゲド戦記 (写真と映画のブログ)
エンラッドの王は、「手紙を片付けたい」と重臣たちと別れ、自室への階段を昇った。 国に、不吉な影が迫りつつある。 土地は痩せて、原因不...
アニメ評:ゲド戦記 (映画と写真のブログ)
エンラッドの王は、「手紙を片付けたい」と重臣たちと別れ、自室への階段を昇った。 国に、不吉な影が迫りつつある。 土地は痩せて、原因不明の病が流行し、魔術師たちに魔法の力が失われてしまった。 それに、竜が東世界に現れたという報告もある。 何かが起きつつあ...
ゲド戦記 (モノクロのアニメ)
エンラッドの王は、「手紙を片付けたい」と重臣たちと別れ、自室への階段を昇った。 国に、不吉な影が迫りつつある。 土地は痩せて、原因不明の病が流行し、魔術師たちに魔法の力が失われてしまった。 それに、竜が東世界に現れたという報告もある。 何かが起きつつあ...