シネマコミュニケーター高橋裕之のシネマ感!(cinema like)

FMaiai毎週木曜日20時~「MAIDO☆あまがさき」21時~「Musicどらごん」に好評レギュラー出演中!

空海に繋がるのか?想像を裏切る悲劇な一族映画「王妃の紋章」~過去記事~

2018-04-05 11:54:45 | シネマ(韓流・アジア)

画像の一族を描いた「王妃の紋章」

「HERO」「LOVERS」のチャン・イーモウ監督作品です。

予告編を見たら”ワンパターン”だと
感じる方がいるかも知れませんが
それはホンノ一部分。

さすがに進化を続ける監督、
うまく展開方法を変えている部分も・・・

前半は、アクションシーンも
BGMも控えめで
ずっしり見せてくれます。

終盤になって
一期にチャン・イーモウワールドになるのですが
今回はそんなのは見所ではありません。

一族の話が~
重く、悲劇で、韓国流ののりなのに
”中国映画”として展開されます。

不倫、近親相姦、裏切り、
憎しみ、復讐、執念、異母兄弟など・・・
何故に、こんなことが集中するものかと。

題名の「王妃の紋章」も意味があるけど
それに描かれている「菊」に深い意味が。

もう誰が一番悪いのかなんか関係ありません。
終わっても”重い”
あの終劇で良いのか?
いいんですよ。いい意味での裏切りです。

上の要素の韓国映画で泣いたみなさん、
今回は”泣く”なんてことはない。
”王妃”のように
「毒」を飲まされた衝撃な作品です。

きっと”チョウ・ユンファ”の

代表的な中国映画になるし、
一作ごとに大女優になる
”コン・リー”の

胸にもやられます。

「頭文字D」の
ジェイ・チョウも

頑張ってます!

衣装と、セットに
金を惜しまない本作品。
中国映画史上歴代1位!ということにも
大納得!

英雄 ~HERO~ スペシャルエディションレントラックジャパンこのアイテムの詳細を見る



LOVERSレントラックジャパンこのアイテムの詳細を見る






『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« 過去の栄光❗️TBS日曜劇場... | トップ | 関ジャニ∞の村上&すばる「あ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

シネマ(韓流・アジア)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

5 トラックバック

★「王妃の紋章」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の平日休みは「109シネマズ川崎」で。 このシネコン・・・売店で企画商品売るのが得意みたいで、 今週は「スシ王子~」にちなんで、「スシ味のポップコーン」を販売中・・・ 試食したら、激マズっ・・・ 「リトル・レッド」の時のイチゴ味ポップコーンも不味か...
「王妃の紋章」 (てんびんthe LIFE)
「王妃の紋章」シネトレ独占ブロガー試写会 WB試写室で鑑賞 画像提供 シネトレ 誰がなんと言おうと、この煌びやかで閉ざされたどろどろの空間が好きです。 限りなく贅沢に作られた衣装や美術品、まずはそこに目が行ってしまいます。 豪華絢爛に作られたセットにも...
王妃の紋章 (映画通の部屋)
「王妃の紋章」満城尽帯黄金甲 / CURSE OF THE GOLDEN FLO
「王妃の紋章」を観る (紫@試写会マニア)
「HERO」では男の生き方を感じさせ、「LOVERS」では愛の絆の強さを感じさせてくれたチャン・イーモウ監督。今作品「王妃の紋章」ではなんとも煌びやかで壮大な中にも寒々しい無常と非情と衰退、巨大々国の唐の晩期の栄枯盛衰を、描いています。 この作品、なんと本国で...
華やかな「王妃の紋章」裏の意味 (再出発日記)
「王妃の紋章」を観て、最初の感想は擬似黒澤明を観たようで興ざめしていたのですが、現代中国の現状をチャン・イーモウとして批判的に描いたのだと思い至ると俄然面白く思えてきました。話は黒澤明「蜘蛛巣城」「乱」を彷彿させるが、美術演出は意識的に金と原色を使い豪...