高橋裕之のシネマズキ!(シネマコミュニケーター)

レギュラー出演ラジオ FMGIG「マインドシアター」
FMaiai「シネマ感」 FMハイホー「シネマライナー」

リンジーローハン大丈夫?映画「BOBBY ボビー」にも出演!

2018-10-27 04:13:40 | シネマ(洋画~2011)
1968年6月5日、
アメリカの希望ロバート・F・ケネディ暗殺。
世界の歴史を変えた運命の夜、
アンバサダーホテルにいた22人の”希望”の物語。
「BOBBY」

”希望”の物語~
前向きにとらわれるけど
実は”希望”を無くすと言う意味も含まれている。

映画は、「グランドホテル形式」で進んでいくが
巧みに当時の映像も織り込まれている。



上映時間2時間のうち
ほとんどが様々な人間ドラマを描き
バラバラだったエピソードが
ラスト15分、”BOBBY"の暗殺により
1つに繋がる。

その瞬間の”衝撃”は凄かった。

あまりの衝撃に
口がポカンと開いたままになった。
閉じた瞬間にさらなる衝撃が・・・

映画を観ていることを忘れ
その時代を生きた人物と同様に
”歴史”を見たような感覚が訪れる。

”BOBBY”の偉大さ
人々のドラマ
見事に調和した作品だ。
実話の要素を含んでいるので
手放しで
「良い作品だ」「素晴らしい」という表現が
相応しいかどうかわからないが。

衝撃作に違いない!

豪華キャスト、観たさで望むと
更なる衝撃を感じるに違いない。

”悲劇”ともとれるこの作品、
たたえかたとしては悲しくも思える。




監督・脚本・出演のエミリオ・エステヴェスの元に
集まった出演人メイン22人も凄いけど
全員書けないやー!

父親のマーティン・シーン、
元恋人のデミ・ムーア、そん現夫のアシュトン・カッチャー、
まだまだ健在のシャロン・ストーン、クリスチャン・スレーター
このあたりが個人的に好きな俳優陣です。

22人のうち、かならず1人は
各自すきな俳優さんがいると思います。

エンターテインメント的な出演者
シビアなシリアス展開
多くの人に見ていただきたい作品です。

bobbyshiroは映画「BOBBY」を
大プッシュします!







※ランキング応援もよろしくね!








コメント   トラックバック (58)   この記事についてブログを書く
« 三池監督の「46億年の恋」で... | トップ | 映画「アサルト13/要塞警察... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

シネマ(洋画~2011)」カテゴリの最新記事

58 トラックバック

ボビー (Lovely Cinema)
2006/アメリカ 監督:エミリオ・エステベス 出演:アンソニー・ホプキンス(ジョン・ケイシー)    マーティン・シーン(ジャック・スティーブンス)    ローレンス・フィッシュバーン(エドワード・ロビンソン)    ハリー・ヴェラフォンテ(ネルソン) ...
ボビー / BOBBY (我想一個人映画美的女人blog)
ボビーとは、アメリカ大統領 JFK(ジョン・F・ケネディ)の実弟であり、 後継者と目されていたロバート・F・ケネディの愛称。 ロバート・F・ケネディ 去年のトロント映画祭で観てきた作品、いよいよ日本でも公開!! 3月公開予定だったはずが、突然2月に変更されていた。...
BOBBY ボビー (気ままにDIARY)
「ボビー」の試写会に行ってきました。 とても素晴らしい映画でした。 人気ブログランキング←ポチッとヨロシク♪ロバート・F・ケネディが暗殺された日に、事件が起こったアンバサダーホテルに居合わせた22人(もっと?)の人々を描いているのですが、素直にもう一度...
ボビー (メルブロ)
ボビー上映時間 2時間 監督 エミリオ・エステヴェス 出演 アンソニー・ホプキンズ シャロン・ストーン デミ・ムーア イライジャ・ウッド リンゼイ・ローハン ローレンス・フィッシュバーン 評価 6点(10点満点) 会場 一ツ橋ホール(試写会)  「...
『ボビー』 (ラムの大通り)
※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がいいかも。 (原題:Bobby) 「う~ん。う~ん」 ----ど、どうしたのニャ? 「いやあ、この映画、あまりにも特殊すぎてね。 ご紹介が実に難しいんだ」 ----ち...
映画「ボビー』を試写室にて鑑賞。 (e-mono select)
 1968年6月5日、ロバート・F・ケネディが暗殺される16時間前に暗殺場所になったアンバサダーホテルを舞台に、事実の中にフィクションを盛り込み、「グランド・ホテル」スタイルという、同じ場所で様々な人物が同じ時間軸で交差する22名の群像劇。キャストがと...
映画「ボビー」・・・もう一つの未来 (システムエンジニアの晴耕雨読)
映画「ボビー」 今日封切りだったので、「不都合の真実」を見た後、続けて見る。 封切日にもかかわらず・・・映画館は10名ほど?! ボビー・・とは、JFKの弟で、元・司法長官のロバート・F・ケネディのこと。 映画の舞台は、1968年6月5日のカリフォルニア...
映画~ボビー (きららのきらきら生活)
 「ボビー」公式サイト1968年のロバート・F・ケネディ暗殺事件当夜、アンバサダーホテルに集った22人に焦点を当てた人間ドラマ。“ボビー”の愛称で国民に愛されたアメリカ大統領候補が凶弾に倒れるまでの一日を、彼に希望を託した人々の人生を通して描く。名門アンバサ...
「ボビー」 (てんびんthe LIFE)
「ボビー」よみうりホールで鑑賞 またまた私の勉強不足というかあまりの常識の無さにへこみました。恥ずかしいので,そこに触れるのはよしましょう。 ロバート・ケネディ上院議員がアンバサダーホテルで暗殺されたとき,そこに居合わせた人々という設定で作られた群像...
BOBBY ボビー (C'est Joli)
BOBBY ボビー’06:米 ◆監督・脚本:エミリオ・エステヴェス「ウィズダム/夢のかけら」「CSI:ニューヨーク」(TV)◆出演:ハリー・ベラフォンテ 、ジョイ・ブライアント 、ニック・キャノン 、エミリオ・エステヴェス 、ローレンス・フィッシュバーン 、ブライアン・...
ボビー (映画チラシ館)
2006年 120分 監督 エミリオ・エステベス 出演者 アンソニー・ホプキンス、デミ・ムーア、シャロン・ストーン、イライジャ・ウッド、リンジー・ローハン、ヘレン・ハント、クリスチャン・スレイター、ウィリアム・H・メイシー、ヘザー・グレアム、ローレンス...
「ボビー」 (てんびんthe LIFE)
「ボビー」よみうりホールで鑑賞 またまた私の勉強不足というかあまりの常識の無さにへこみました。恥ずかしいので,そこに触れるのはよしましょう。 ロバート・ケネディ上院議員がアンバサダーホテルで暗殺されたとき,そこに居合わせた人々という設定で作られた群像...
試写会鑑賞 一ツ橋ホールにて ~ エミリオ・エステヴェス 「 ボビー 」 (** Paradise Garage **)
こんにちは。 雨の休日、日曜日です。 今日は、昨日 一ツ橋ホールにて行なわれた試写会で観させて頂いた、エミリオ・エステヴェス氏の新作映画について。 『 ボビー ( BOBBY ) 』 ( ‘06年 アメリカ ) 《 STAFF 》 監督 : エミリオ・エステヴェス 脚本...
ボビー(2006年) (勝手に映画評)
1968年6月5日。民主党の大統領候補ロバート・F・ケネディ(RFK)が、カリフォルニア州予備選挙の勝利直後に暗殺されたその日に、様々な理由から暗殺現場となったアンバサダー・ホテルに集っていた、様々な人々のその日を描いた映画です。RFK暗殺は実際の出来事ですが、こ...
「BOBBY(ボビー)」 (ガムザッティの感動おすそわけブログ)
ジョン・F・ケネディ大統領の弟で上院議員のロバート・F・ケネディが民主党の大統領候補に名乗りを上げ、その予備選のさなかに暗殺された、1968年6月5日。この日、現場となったアンバサダー・ホテルに集ったさまざまな人々の悲喜こもごもな人間模様を描きながら、「1968...
試写会:BOBBY (おととびのいろいろ)
「BOBBY」の試写会に行ってきました。 α-STATION(FM KYOTO)
試写会讃歌(3)- ボビー - (ゆんた☆の観劇・鑑賞・旅日記)
ボビー(BOBBY)の試写会に行ってきました。場所は一ツ橋ホール。 ボビーこと、
ボビー (Diarydiary!)
《ボビー》 2006年 アメリカ映画 - 原題 - BOBBY 1968年6月
たとえばボビーからはじめて  1968 アメリカ (ちび通 写真日記)
今日はシュガーベイブ ”SONGS” を聞きながら  山下達郎の声が若い! そりゃそうだ ライナー見てタマゲタ  '75年リリースだった 昔 六本木PIT INNで生達郎を聞いたことを思い出しました 80年代だから ライブハウスで見れた最後期ですが 今日はそっち方向...
感想/ボビー(試写) (APRIL FOOLS)
運命を変えた一日は、ボクの運命をも変えました。 『ボビー』2月24日公開。1968年6月5日、「ボビー」の愛称で親しまれた大統領候補ロバート・F・ケネディが暗殺された。悲劇の地となったアンバサダーホテルにいた人々はその日、何をし、何を見たのか。人種も立場も違う22...
Bobby (かいやの徒然なるままに)
 昨日観てきました。  あまりの衝撃故に、書こうと思っていた感想が書けず、落ち着いた今日にすることにしました。
1968年6月5日【ボビー】 (犬も歩けばBohにあたる!)
1968年6月5日、LAアンバサダーホテルで、次期大統領候補としてカリフォルニア
BOBBY ボビー (東京で安く映画を観る.com【実践編】)
@TOHOシネマズ六本木ヒルズ  〔公式サイト〕 【前売り券】で【1500円】 前売特典でカレンダー (写真)→ 土曜出勤にもめげずに行ってきたよ 感想: 公式サイトを見て貰えれば判るんだけど、もの凄い豪華キャスト。 で、いざ映画が始まってみるとこれがまたサッパ...
映画 「ボビー」 (ようこそMr.G)
映画 「ボビー」 を観ました。
ボビー~1968・6・5 希望が消えた日 (Osaka-cinema-cafe)
2008年のアメリカ大統領選挙。 知名度などから、ヒラリー・クリントン上院議員が 一歩リードかと思われますが、党の公認候補に なるためにも、まだまだ厳しい戦いが 続くと思います。 2008年から40年前の大統領選挙。 大統領確実と言われた候補が、命を落...
試写会『ボビー』 (夫婦でデート)
奥さん映画に酔いました~(T T) 14日よみうりホールで行われた『ボビー』の
ボビー 70点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
ぶっとくぶっとく生きよ~♪ 公式サイト 1963年に暗殺されたアメリカ大統領、ジョン・F・ケネディの弟、RFKことロバート・F・ケネディが暗殺された1968年6月5日、事件現場となったアンバサダーホテルを舞台に、当日の事件までのホテル内での、様々な人間模様を描いた...
ボビー (2006) BOBBY 120分 (極私的映画論+α)
 この映画の主人公は「1968年」という「時代」でした。
「ボビー」映画感想 (Wilderlandwandar)
ロバート・ケネディ暗殺事件を題材にした映画「ボビー」(原題BOBBY)を見てきま
BOBBY☆独り言 (黒猫のうたた寝)
ケネディの暗殺の日の、ホテルでの出来事・・・かなり勘違いしてたのは、ジョンとロバートってオチもつきますが^^;;『BOBBY』観にいきました。レイトショーですが、さすがの注目作なのに・・・しかも結構広い劇場なのに入りはいまいち?でも、おかげで堪能できた...
「ボビー」 入魂の一撃! (やまたくの音吐朗々Diary)
2月24日より公開される映画「ボビー」の試写。2007年の映画史に間違いなくその名を刻むであろう傑作である。「語り尽くせない」という言葉があるが、この映画にはその言葉がぴたりと当てはまる。プロット、キャスト、演技力、映像、セット、編集、メッセージ性……あまり...
ボビー (今、此処に。)
ボビーの試写会に行ってきました。
ボビー (パフィンの生態)
『BOBBY』2006年アメリカ、監督、脚本エミリオ・エステヴェス 1968年6月5日、大統領候補ロバート・F・ケネディが暗殺された LAアンバサダーホテル。事件16時間前から暗殺の瞬間まで、 22人の様々な人間の苦悩や衝突、和解、別離、出逢いを描くこと...
シリアスなTHE有頂天ホテル。『ボビー』 (水曜日のシネマ日記)
アンバサダーホテルを舞台にロバート・F・ケネディ暗殺事件当夜前日からを描いた群像劇です。
映画「ボビー BOBBY」 (ぼくと、師匠と・・・明日へ  DAO)
気になっていた映画「ボビー BOBBY」を観た。 よかった!! 1968年の6月5日の1日を描いた映画 この日は、ジョン・F・ケネディの弟の ロバート・F・ケネディ(ボビー)が暗殺された日 この事件がおきたLAのアンバサダホテルにいた22人の 1日とロバート・F・...
ボビー (UkiUkiれいんぼーデイ)
エミリオ・エステヴェスさ~ん! あなた、こ~んなに引きつけられる脚本を書ける方だったのねぇ~。 監督としても、とても素晴らしい出来栄えでした! 出演者が豪華なだけの映画かと思いきや、そうではなかった! <出演者> ハリー・ベラフォンテ(元ホテ...
ボビー (雑記のーと Ver.2)
「ボビー」をTOHOシネマズなんばにて鑑賞。 1968年のロバート・F・ケネディ暗殺事件当夜、アンバサダーホテルに集った22人に焦点を当てた人間ドラマ。“ボビー”の愛称で国民に愛されたアメリカ大統領候補が凶弾に倒れ
「ボビー」 (-☆ EL JARDIN SECRETO ☆-)
群像劇の肝は何かといえば、個別の人物設定や物語が充実していることに加えて、いかにそれらを一つの主題に収れんさせていくかにかかっています。昨年のアカデミー作品賞に輝いた「クラッシュ」も綿密に織り込まれた秀作でしたが、この「ボビー」は、何よりRFKの暗殺とい....
ボビー (Alice in Wonderland)
とうとう今日で2月も終了してしまいますね。やっぱり2月は逃げるように過ぎ去ってしまいました。 今月はいろいろ忙しくて映画鑑賞8本、読書2冊、DVD鑑賞にいたっては1作品に終りました。今月はミュージカル映画月間だったのですが1本しか見れなかったので3月も...
BOBBY (龍眼日記 Longan Diary)
1968年6月5日。 ロサンゼルスのアンバサダー・ホテル。 大統領候補のロバート・F・ケネディ上院議員(通称ボビー)が暗殺された。 その日、その場所にたまたま居合わせた人種も職業も年齢も違う22名の1日を アンバサダーホテルを舞台に描く群像劇。 監督がエミ...
ボビー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『ロバート・F・ケネディは、ジョン・F・ケネディの弟で暗殺された人』という認識しかなかったが、豪華競演もあって鑑賞してみることに。。。【story】1968年6月5日、アメリカの希望ロバート・F・ケネディ=ボビーが暗殺される。次期大統領候補として彼がカリフォルニア州...
『ボビー』試写会☆2月13日大阪メルパルクホールにて (銅版画制作の日々)
2月24日よりロードショーされる『ボビー』の試写会に、友人と行って来た。ボビーとはロバート・F・ケネディの愛称。1968年6月5日、彼はアメリカの希望とまで言われ、次期アメリカ大統領候補としてカルフォルニア州選挙を勝ち取ったその勝利の夜凶弾に倒れ、42歳という若...
ボビー (週末映画!)
期待値: 95%  22人の視点から語られる群像劇。 アンソニー・ホプキンス、ヘレン・ハント、シャロ
ボビー(映画館) (ひるめし。)
世界の運命が、変わるとき―――。彼らは何を見たのか。
ボビー (Bobby) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 エミリオ・エステヴェス 主演 フレディ・ロドリゲス 2006年 アメリカ映画 120分 ドラマ 採点★★★ 未だかつて交際を円満に解消したことがない私でも、街角などでふいに昔の彼女に出会ったりするのは、ちょこっと嬉しかったりもするもの。ただ見かけただけでも、当...
ボビー (悠雅的生活)
1968年6月5日。ロサンゼルス。‘その’1日。
ボビー (とにかく、映画好きなもので。)
 何故、時代を経て伝わるロバート・ケネディ(愛称ボビー)の演説が、今を生きる現代においてもスッと心に入ってくるか。言葉による静かな力がアンバサダー・ホテルに静かに響くとき。その時代に生きている人々の姿も同時に観え、また今を生きる人々と底...
エミリオ・エステベス監督「ボビー」 (詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記))
監督 エミリオ・エステベス 出演 アンソニー・ホプキンス、シャロン・ストーン、デミー・ムーア  いろいろなエピソードがからみあう群像劇。からみあいながら1968年を描き出す。出色は、なんといってもケネディーの演説である。この映画はケネディーの演説をもう一度...
ボビー(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
話題作みたいだから。というだけで観ることにした「ボビー」。 ( → 公式HP ) 出演:ハリー・ベラフォンテ 、ジョイ・ブライアント 、ニック・キャノン 、エミリオ・エステヴェス、ローレンス・フィッシュバーン、ブライアン・ジェラティ 、ヘザー・グレア...
「ボビー」:白金小学校前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}ここは? {/hiyo_en2/}八芳園。昔は誰か偉い人の庭園だったらしいけど、いまでは有名な結婚式場よ。 {/kaeru_en4/}ひとくちに結婚ていってもいろいろな形があるんだなあ、と思い知ったのがアメリカ映画の「ボビー」。 {/hiyo_en2/}ロバート・ケネディが暗殺...
ボビー (2006) / BOBBY (茶和茶和ぶろぐ)
  1968年6月、ロサンジェルス、アンバサダー・ホテル。ベトナム戦争は悲惨さを極め、キング牧師が暗殺されたその年、混迷する社会で、人々は不安を抱えつつ、心から”救い”を求めていました。そこに滞在する人、働く人、22人にそれぞれの人生。戦争を終わらせるこ...
映画「ボビー」 (don't worry!な毎日)
 ロバート・F・ケネディーのスピーチ! これが、この映画のすべてだと思う。     私が考えていることは明快だ。    我々は共に取り組んでいける。    ここ何年も、アメリカでは不和、暴力、幻滅が社会にはびこっていた。    黒人と白人の間に、...
映画「ボビー」 試写会にて (渋谷でママ気mama徒然日記)
監督、脚本:エミリオ・エステヴェス 出演:ハリー・ベラフォンテ、エミリオ・エステヴェス、ヘザー・グラハム 、アンソニー・ホプキンス 、イライジャ・ウッド、ヘレン・ハント、ジョシュア・ジャクソン、アシュトン・カッチャー 、シア・ラブーフ 、リンジー・ロー...
ボビー (eclipse的な独り言)
   これを映画として捉えると完全な失敗作と思います。でも感動しました。何故でし
映画「BOBBY」 (お~い えっちゃん!)
-1968年、僕が生まれた年。JFKの弟ロバート・F・ケネディーが大統領選に出馬した。兄同様破竹の勢いの予備戦と人々の熱望と期待を一身に受けて、次期大統領候補へと。 6月5日アンバサダーホテルで勝利演説があり、銃弾に倒れ翌日妻エセルに看取られ息を引
ボビー BOBBY@我流映画評論 (ジフルブログは映画・音楽・札幌グルメを紹介|GFL BLOG)
今回紹介する作品は、豪華キャストが揃った映画『ボビー BOBBY』です。 まずはストーリーから・・・ その日もアンバサダーホテルには様々な人々が居合わせていた。 如才ないホテルの支配人、不満を募らせる厨房の見習い、恋に悩む電話交換手、客の悩みに親身に耳...
『ボビー』'06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ様々な人々が居合わせていたアンバサダーホテルにカリフォルニア州予備選挙に勝利した次期大統領候補ロバート・F・ケネディ上院議員が現れる。誰もが歓喜に酔いしれたその夜、悲劇は起きた・・・。感想ボビーと言っても、千葉ロッテの監督でもナイジェリア人の外....
「ボビー BOBBY」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
ボビー BOBBY 東宝このアイテムの詳細を見る 1968年6月5日、カリフォルニア州の予備選を勝利で飾り、次期アメリカ大統領候補として 多くの国民から大きな期待を寄せられていたロバート・F・ケネディ上院議員が暗殺される。 この悲劇の16時間前、現場となったロサンジェ...