シネマコミュニケーター高橋裕之のシネマ感々(かんかん)

レギュラーラジオ番組連動ブログ
「高橋裕之のレイトなシネマ感だよ」「高橋裕之のシネマ感」

9・11 平和とは 映画「ジャーヘッド」も観てほしい(過去記事)

2021-09-10 19:41:00 | シネマ(洋画~2011)
すべてがアカデミー絡みの
「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」
「ブロークバック・マウンテン」にも
主演のジェイク・ギレンホールの
「ジャーヘッド」

「戦争」を取り扱ってはいますが
「戦争映画」ではないですね。

俺自身は「青春映画」とみなしましたが・・・

一時「ベトナム戦争映画」がはやりました。
ドンパチではなく戦争の後遺症編が。

そうこれは「帰郷」の
湾岸戦争編の青春版ではないでしょうか?

劇中にも「地獄の黙示録」「ディアハンター」も
描かれています。

「戦争賛美」でもなく「反戦映画」でもなく
「湾岸戦争」を体験した青年の物語でしょう。

そういった感覚で観ると
出来の良い作品なんですが・・・

みんな「戦争映画」という先入観をもちすぎでは?

あとに続く「ユナイテッド93」
「ワールド・トレード・センター」とともに
「Think War 2006」シリーズの第1弾です。

「ミュウヘン」よりもハイで
「シリアナ」よりも軽めの
この作品を是非、見ていただきたいです。
案内されました。

ジャーヘッド

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

このアイテムの詳細を見る



帰郷

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る

ディア・ハンター

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


地獄の黙示録 特別完全版

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る







コメント (6)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« 9月12日放送番宣! | トップ | 9・11 映画「ワールドトレードセンター」を観て考える... »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (akko)
2006-02-19 18:02:52
>「戦争」を取り扱ってはいますが「戦争映画」ではないですね。



たしかにそうでしたね。

戦争映画として見始めたので最初、違和感がありましたが、なかなか考えさせられる作品でした。

音楽も (bobbyshiro)
2006-02-19 18:11:44
いい曲ばかりで楽しめるのに・・・

客入り悪い~
TB有難うございました♪ (マダムS)
2006-02-19 23:15:26
今晩は♪

 >「湾岸戦争」を体験した青年の物語

おっしゃるとおりですね^^

私もこの映画はジャンルで言えば、青春映画だと思います。

 >「Think War 2006」シリーズ

そういう企画があるんですか?知りませんでした。

教えて下さってありがとうございます(^^)v
観てほしい (bobbyshiro)
2006-02-20 09:43:34
「ミュウヘン」で難しかったと思う人に

この「ジャーヘッド」をおすすめします。
TBありがとうございました (ノラネコ)
2006-02-26 19:54:29
なるほど確かに、舞台が男子校運動部の合宿生活だと思うと、突然青春の匂いがしてきました。

しかし体験したくない青春です(笑
そうですね (bobyshiro)
2006-02-27 02:54:27
でもベトナム戦争の後も

反戦映画がはやったので

今後は湾岸戦争ものも増えるかも?

コメントを投稿

シネマ(洋画~2011)」カテゴリの最新記事