シネマコミュニケーター高橋裕之のシネマズキ!

レギュラー出演ラジオ FMGIG「マインドシアター」
FMaiai「シネマ感」 FMハイホー「シネマライナー」

追悼アーシュラ・K・ル=グウィン氏 映画「ゲド戦記」(過去記事)

2018-01-25 07:55:39 | シネマ(J・アニメ)

公開時「ダビンチコード」並みの
不評が話題だった宮崎吾朗第1回監督作品
「ゲド戦記」
俺的にわね
第1回監督作品としては
合格ではないでしょうか?

父「ハウルの動く城」のレベルと同じぐらいでは?

「千尋」や「ハウル」に比べたら
キャラクター的には落ちますが
キャラクター商品を
売ろうとしていない姿勢は
評価しないといけません。

原作がファンタジー巨編なので
アメリカのように
シリーズ化にしないで
難解なこともあり
感情移入しにくいですが・・・

宮崎特有の
「空」「化け物」「勇気」「成長」
というキーワードは
消化していると思います。

まあ、映像的に
美しさ、驚きさがないのが
残念ですがね。

この作品をステップに
今後の活躍を見守りたいですね。

劇中「テルーの歌」が流れると
聞き惚れてしまいます。



ハウルの動く城 特別収録版ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメントこのアイテムの詳細を見る



※ジブリの中では「紅の豚」が一番好きです!

紅の豚ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメントこのアイテムの詳細を見る




にほんブログ村 映画ブログへ





コメント (31)   トラックバック (121)