シネマコミュニケーター高橋裕之のシネマズキ!

レギュラー出演ラジオ FMGIG「マインドシアター」
FMaiai「シネマ感」 FMハイホー「シネマライナー」

久しぶりの片岡義男にインスパイヤされて「YOURS」

2018-12-10 13:12:15 | bobbys☆h エッセイスト
もう22年前の作品になります
片岡義男の「YOURS」

片岡義男の本を読む時の感覚って
本当に映画を観ている時の感覚と似ています。

本当はこの作品も映画化して欲しいな~
藤原紀香と伊藤英明ぐらいで、どうやろ?

やはり片岡義男流の
彼と彼女の物語
ええわ~
コメント

インスパイヤ・秋元康「彼と彼女とカクテルと」

2018-11-01 10:48:06 | bobbys☆h エッセイスト
これはある人物の話が元ネタです。


「彼と彼女とカクテルと」


メニューにはないけれど
君のために作った
オリジナルカクテル

他の人が飲まなくても
君だけが飲んでくれれば
それでいい

誰も知らない二人だけの味

大切にしなかったから
定番メニューにならなかった

僕も君の定番になれなかった

始めからメニューになかったから
誰も気づかない物語

今日も一人
カクテルに酔いしれる時が注ぐ



別冊カドカワ 総力特集 秋元康 カドカワムック 62483-77 (カドカワムック 374)
クリエーター情報なし
角川マーケティング(角川グループパブリッシング)
コメント

泣かないで「悲しがる君の瞳」銀色夏生

2018-10-29 00:52:02 | bobbys☆h エッセイスト
「悲しがる君の瞳」は単行本です。

短編エッセイ
エッセイ
ポエムとミックスされてます。

イラストがね
「このワガママな僕たちを」と
おんなじ絵なんですよ。

本一冊
内容も企画も全て銀色夏生世界一色

これが本当の銀世界?


悲しがる君の瞳
銀色 夏生
角川書店
コメント

わかりやすい銀色夏生「わかりやすい恋」in森高千里

2018-10-18 11:04:27 | bobbys☆h エッセイスト
これは銀色夏生の初期の作品です。
初版の時に購入したけど
再び読んでみました。

まだ作詞家寄りの表現
それが良かったんだけどね。

銀色夏生も若かったし
俺も若かったし
まだ御洒落パワー?があったころやなあ~

写真のモデルには
なんと”森高千里”が登場します。
♪17才を歌う前の
少しマイナーな曲が好きでした!
♪ミーハーまでやね。

だからデビュー作の
映画「あいつに恋して」は観に行った。
現在TOHOシネマズ梅田
スクリーン9が
まだニューOS劇場だったころの
”わかりやすい”お話でした。




ザ・シングルス(初回生産限定仕様)
クリエーター情報なし
ワーナーミュージック・ジャパン
コメント

6年前の入院時に読んだ本は・・・

2018-03-25 10:19:30 | bobbys☆h エッセイスト

俺が好んで読む本は
短編小説か、エッセイ。

お気に入りは・・・
「片岡義男さん」「銀色夏生さん」「三代目魚武濱田成夫さん」です。

深読みせずに、感覚で読みます。

たまに俺もエッセイ書くけど意味不明かな?



コメント

電車内で銀色夏生「GO GO Heavenの勇気」

2018-03-24 15:39:23 | bobbys☆h エッセイスト

まあ通院の時が多いですが
阪急電車内の読書
今年も続いています。

先頭車両、携帯OFFの読書は自己満足。

この作品も読み直しです。
「GO GO Heavenの勇気」

ちょっと世代が若すぎますが・・・
納得できる表現も

やっぱり見かけはオジンだけど
心は未熟なんだと思いながらも
はまって読んでしまった。

17才から19才の世界なのに。

「ピンチがchance.」

そうだ!そうだ!

Go!Go!Heaven
クリエーター情報なし
トイズファクトリー
コメント

意味不明エッセイ集?

2017-04-19 08:10:35 | bobbys☆h エッセイスト
(バターな感覚)

バターでないとダメだと彼女が言う

バターでないとダメな料理もある

バターだったらひつこくなる料理もある

ひつこい性格は嫌がられる

だから俺はマーガリンでいい。


(田楽)

食べ物ではなく

楽しい田園

楽しい楽園があってもいいじゃないか

落ち着く・・・


(カ・レー)

カレーが多いとカレーライス

ライスが多いとライスカレー

とにかくおいしければそれでいい

福神漬があれば更にいい

「福」の「神」様が「漬け」てくれた
食べ物だよ。

俺的にはソースで更に上昇↑


(ヨーグルト人生)

ヨーグルトうぃ和えると

すべてがアップ↑

俺も誰かを和えると

幸せや人生がアップするのかな?

ちょっと甘い人生と

嫁さんに言われるかもね。



※食事のおかずにインスパイャされた
意味不明なエッセイでした!

コメント

秋元康が゛渡辺麻友゛に贈る「ジェリービーンズの片想い」

2017-04-19 04:55:36 | bobbys☆h エッセイスト
まゆゆの歌は「大人のジェリービーンズ」
これは秋元康のエッセイ
「ジェリービーンズの片想い」

またまたお洒落
紳士的世代で
こんな作品を書くとは羨ましい

男女の出会い
共通の時間
別れ
一人の時間

目に浮かぶように
描かれています。

実経験というよりは
秋元康の別脳の
lovestoryですね。

なんか映画に出来そうな
エピソードの集まり…

是非、
生田斗真と篠田麻理子で
映像化したらいいやろなあ~

↓これはお洒落だけど
大人大人しすぎてるね。

あの頃映画 「マンハッタン・キス」 [DVD]
クリエーター情報なし
SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D)
コメント

旅する銀色夏生「ケアンズ旅行記」

2017-02-23 01:39:08 | bobbys☆h エッセイスト
銀色夏生がケアンズに行った時の
旅行記、写真と文章mix…

ケアンズ、オーストラリアの
北東部にあるんですね。

彼女の子供達の写真も載ってます。
小さい頃にオーストラリアに行けて
いいなあ…

大人になった時に
更によい経験だったと思うやろね。

日本人らしくない感じが
オーストラリアにマッチしてるのが
不思議な程に心地よい。


ケアンズ旅行記 (角川文庫)
銀色 夏生
角川書店
コメント

秋元康氏も認める銀色夏生「生活」with竹内寿(過去記事)

2014-02-20 08:06:01 | bobbys☆h エッセイスト
この間の
「SMAPXSMAP」で
秋元康氏が出ていて
銀色夏生作詞の
「そして僕は途方に暮れる」を
褒めていた。

俺からしたら
秋元康氏も銀色夏生も
世界観の共通はあると思う。

比較的最新刊なのに
BOOKOFFで105円だった
「生活」(幻冬舎)

俳優 竹内寿をもとに
詩集なのか
彼の写真集なのか
微妙な仕上がり
その世界観も”銀色夏生”なんだと思う。


おっさんをモデルにすると
こんな作品はできないだろうけど(笑)
コメント

来年も「相田みつを」に助けてもらおう!

2013-12-09 01:24:21 | bobbys☆h エッセイスト
↑画像は
以前、出店中のバザーでみつけた
御言葉湯呑
飾りにしています(笑)


昨年の大病入院時から読み始めた
「相田みつを」の御言葉

本当に助けられました!

片岡義男、銀色夏生、秋元康、326、
三代目魚武濱田成夫もいいけど
やはり元気つけられるのと
前向きになれるのは
「相田みつを」の御言葉だ!

来年も更なる向上の為に
「御言葉」に助けてもらおう!と!

相田みつを 2014カレンダー
クリエーター情報なし
TRY-X Corporation(Books)
コメント

映像化にしてほしい銀色夏生「イサクのジョーク」

2013-09-07 00:31:45 | bobbys☆h エッセイスト
銀色夏生の本を読んでると
意外と映像が浮かんでくる。

でも本に
挿絵とか写真とかあるだけでも充分なんだけど

映画化してほしいと思った作品
「イサクのジョーク」

若い青春から
しっかりした大人物語までが
描かれている。

監督は誰がいいやろ
音楽は誰がいいやろ
出演は誰がいいたろと
久々に考えながら読んだ
気に入った作品。
コメント

あくまでも銀色夏生流「四コママンガ」

2013-06-03 00:43:26 | bobbys☆h エッセイスト
最近は、本を読みペースが減ってます。
また映画を観る回数が
増えているからだと思いますが・・・
でもブックオフがセール時は
ムキになり買うだけ買います。
読んでない本が
増えるばかり。

その中で
神戸への行き返りで読めたのは
銀色夏生さんの
「四コママンガ」です。

笑う本ではないですが
お決まりの感覚本です。

不思議感覚に
陥りたい時に
読むといいかもしれません。


4コママンガでおぼえる日本語 いろいろ使えることばをおぼえる編
佐々木 仁子
アスク出版
コメント

さくさくっと銀色夏生「おでこちゃん」

2013-03-30 13:27:17 | bobbys☆h エッセイスト
体調不良だと
食欲も減りますが
読書欲も減ります。

先週のペースに比べると
がた落ち

でも銀色夏生なら
さくさくっと

「おでこちゃん」
気分転換には程よい作品でした。


おでこちゃん (角川文庫)
銀色 夏生
角川書店
コメント

これまた所要時間10分「波間のこぶた」by銀色夏生

2013-03-24 18:49:20 | bobbys☆h エッセイスト
これまた10分で完読

見たのか?読んだのか?
眺めたのか?パラパラ漫画か?

「岩場のこぶた」に続いての
「波間のこぶた」

もしかしたら家にもあるかも?

気になる本は一緒で
感覚的に買うので
一度買ったのを
再度、買ってしまうことがあります。

退院したら
やっぱりリストを作ります(笑)

岩場のこぶた (角川文庫)
クリエーター情報なし
角川書店
コメント