広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Kindle Fire HD のナビゲーションバーを消してみた。(要:Root化)

2013年01月26日 00時05分53秒 | Kindle
Kindle Fire HD 専用でカスタマイズされたアプリは、画面下のナビゲーションバーが隠れて、最適化されていますが、他の端末でも動作するアプリでは、ナビゲーションバーが常に表示されています。

隠れるスタイルを知ってしまうと、なんとなく邪魔に思ってしまうこのナビゲーションバー。

/System/build.prop のパラメーターを変更することで消せることが解りました。(要:Root化)

build.prop を編集出来るアプリを利用して、「qemu.hw.mainkeys」の値を 「1」にすることで、Androidデバイスにハードボタンが存在することになり、ソフトキー(ナビゲーションバー)が表示されなくなります。

設定を変更して、再起動するとナビゲーションバーが表示されません。

ナビゲーションバー有りの時。


ナビゲーションバー無しの時。

一番下のアプリ名まで表示されます。

ナビゲーションバーを消したことにより、アプリからホーム画面に戻る時や、一つ前の画面に戻る時に操作するボタンがなくなってしまいます。
それを補うのが、LMT Launcher です。

このアプリをインストールして、起動することにより、画面の端の特定の場所をタッチすると ポップアップメニューが表示されます。

このメニューに「戻る」、「ホーム」の機能を割り当てることで、ナビゲーションバーと同様の操作が可能になります。
※アプリによっては メニューキーが反応しないことがある様です。


ナビゲーションバーが無いことにより、ツイッターアプリ等では、表示アイテム数が増えて視野が広がります。

ナビゲーションバー有り。


ナビゲーションバー無し。


前の画面に戻る時や、ホームに戻りたい時には、LMT Launcher の反応エリアをタッチし、ポップアップメニューから操作できます。




ポップアップの反応エリアは 左右下の3箇所を指定できます。

LMT Launcher は ランチャーなので、アプリを設定することも可能です。


ちなみに、Kindle Fire HDの ホームアプリは 標準ホームに戻しました。

やはり Kndle Fire HDは標準ホームアプリが快適に使えることが解りました。


コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« Nexus7 カスタムROM 変更。パ... | トップ | Nexus7 カスタムROM Dirty AO... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2013-01-26 10:11:21
変更箇所が「qw・・・」ってなってますが「qe・・・」ですね!
写真はちゃんとなってるんでキーのミスタッチですかね
Unknownさん、こんにちは。 (ホビー)
2013-01-26 15:06:17
>>「qw・・・」ってなってますが「qe・・・」

すみません。誤記です。

コメントを投稿

Kindle」カテゴリの最新記事