続・病弱Sの真面目に大雑把

スポーツを中心に世の中を浅~く斬ります。
アラフォーからアラフィフに向かう独身男のお気楽生活も見れますよ‼

久しぶりを悟られぬよう通常投稿を装う

2018-03-28 19:49:32 | スポーツ
2018年最初の投稿が年度末になるとは自分でも思っていませんでした。バスケ審判として所属している連盟が発展的解消して実業団・クラブ・教員・ママさんが一体となる社会人連盟に新年度からなるため、先日実業団連盟のお別れパーティーがあったのですが、そこで埼玉の審判の先輩さんから「あのブログ止めたの?」と聞かれたためやむなく・・・仕事もピークを越して少し身軽になったのでボチボチ再開します。

この投稿前日にサッカーの代表の試合が行われていたのでボンヤリと観ていましたが、個人的にはここ最近の代表の試合は結果にかかわらず感動も落胆も無い至って平静な感情で試合終了を迎え続けている状況です。この勝っても負けても「ああ、まあそうでしょうね」で終わってしまう理由はどこにあるのでしょうか。

サッカーについての薄口論評自体久しぶりなので記録等不正確な部分もありますが、現在の代表監督さんになって快勝と言っていい試合は記憶の限りでは昨年のW杯予選のアウェイUAE戦とホーム豪州戦だけではないかと思われます。親善試合含めてこの2戦だけがハマったのには、
①相手がイケイケで来てくれた(ポゼッションサッカーとはあえて呼びません)
②監督さんに研究する時間が比較的あった
ザックリこんな状況ではなかったかと思われます。現代表監督さんは前回ブラジル大会では参加国中最弱ではないかと言われていたアルジェリアをベスト16に導いており、決勝トーナメントでも優勝したドイツをかなり手こずらせた人物です。就任後から主義主張を変えていませんが、おそらく志向しているスタイルは「格上に一発かます」状況のみハマるのではないでしょうか。そう考えると前述した2戦以外はスカッとした展開になるはずもなく、先日のマリやウクライナが仮想セネガルやポーランドになったのか甚だ疑問です。まだバルセロナのBチームとかブラジルのユース代表チーム辺りと試合をしたほうが現実性はともかく課題が見つけやすかったかもしれず、協会が監督とどういう意思疎通をしてマッチメイクを組んだのか不明確と言わざるを得ません。

本番数か月前の代表チームを覆う空気は8年前の南ア大会前に似ています。あの時は監督も選手も応援する側もある種の開き直りがあって一応の結果を出しましたが、さて今回はどうなりますでしょうか。監督さんのアクの強さが良い方に出ることを期待したいですが。。

(埼玉のT橋R衛さん、こんな感じでよろしいでしょうか?)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年ありがとうございました。

2017-12-31 09:33:04 | 日記・エッセイ・コラム
2017年も残すところ大晦日のみとなりました。今年はかなり濃密な1年となったのでトピックを3つに絞るのは難渋、ということで5つに厳選してみました。

①夏から出向先の子会社のプロパー社員として転籍。ソコソコ責任ある仕事を任されて地味に忙しかった。
②これも夏からだが、今まで通っていたジムで定期的にパーソナルトレーナーからレクチャーを受けてハード調教実施中。ダイエット目的だったはずが完全にパワーアップトレーニングになり、スーツはオーダーしないと着れない体になってきている。
③バスケ審判は相変わらず厳選されたエグイ試合の担当がメイン。来年度からの組織改編と青いSNSの影響で交流範囲が一気に広がった感がある。
④とうとうメガネをかけている時間帯が1日の半分以上を占めるようになった。老眼はそれほど進行していないが、視力自体が低下してきたため車の運転や、バスケを外から観戦するには近眼用メガネも必須となってしまった。
⑤何がきっかけになったのか不明だが、突如婚活等女性関係について多方面から総ツッコミが入ってきて継続中。気楽にブログを書くのもツッコミの対象になっていて正直息苦しい。

①に関して言えば、2017年はもっぱらプレイングマネージャー的立場でしたが、年明けからはマネージャーとしての比率が圧倒的に増えるため今まで以上にデータオタクの要素が必要になってくるようです。入社時から言われているミッションなので周囲の期待に応えられるよう努力いたします。
②③は連動した話なのか微妙ですが、来年度から発足する社会人連盟でもコアメンバー審判として生き残るために投資しているところでもあるので、アラフィフも見えてきた現実に抗うべく色々チャレンジしていきます。
問題は⑤で、仕事場でもバスケ関係の場でも色々言われます。別に何もやっていないわけじゃないのですが、経験者の皆さんからは本気度が足りなく甘いと思われているようです。ライフスタイルに関する個人的思想とリンクしているところもあるので言いたいことはあるが沈黙せざるを得ない状況ですが、決して諦観しているわけでもないので気長にご期待ください。

総じて2017年はバージョンアップの1年となりましたが、2018年はバージョンアップの結果も目に見える形でお見せする必要も出てくるかと思われます。年齢を考えたら当然と言えば当然のことなので今まで以上に「緊張とお気楽」のメリハリをつけて過ごしていきたいと存じます。

改めてまして2017年お世話になりありがとうございました。2018年もハッピーな1年になるよう皆さま張り切って行きましょう‼
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うわー!いつの間にか年末だ‼

2017-12-02 11:05:09 | 日記・エッセイ・コラム
前回投稿から2か月半ほど経ってしまいました。バスケ関係も大きな大会はすでに終了してしまいやっと何もない休日を迎えられました。
毎回のように言い訳すると、この秋口から仕事上での権限が拡大されてかなり責任ある立場になったため、
1日終わるとグロッキーの連続でした。1度扁桃腺を腫らして2日ほど寝込んだ以外は身体の異常は起きていませんが、
これも年齢相応の宿命と言えるのでオフの日はトレーニングで鍛えて抵抗力をつけていきます。

この冬は五輪シーズンということで久しぶりにニワカスポーツライターの薄口評論も復活させたいところですが、今日はリハビリ投稿ということで
あまり長文を書くつもりがないので追々触れていくつもりです。

そんな中、来年のロシアW杯の組み合わせが決まりました、これも追々取り上げたいところですが、
日本の組だけに関して言えば、ブラジル大会同様、どの国も「これはイケルんじゃない?」と思わせる所が集まりました。
ブラジルではそれでもいいところなく終わったので日本にとっては相変わらず厳しいという認識で臨むべきでしょう。
現代表監督さんはだいぶメディアや「サッカー批評を本業としている(らしい)人」からは叩かれてますが、
よーく分析して相手なりに戦う部分は過去の代表監督よりは長けているように見えますので、
あと半年でどうにかカッコつけられるようにしてもらいたいところです。

終わりに、全然関係ありませんが色々拾ってきたので載せておきます。

に。
15年という年月は残酷です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

脚をプルプルさせながらプロフェッショナルを考える。

2017-09-13 23:08:02 | 東京ライフ
1か月遅れの夏休みということで5連休いただきました。最初の3日間は平塚で行われた全日本実業団バスケットボール競技大会(JIC)の運営・TO等で終日会場に缶詰めでした。今年は審判の割り当てはありませんでしたが、地方からお越しになる上級審判さんに会うたびいろんなことをイジられてしまい、改めて変なところでの知名度だけは全国レベルであることを再確認しました。それもこれも7月から金沢に転勤となったK沢T夫氏の功績ということにしておきましょう。最後はかなり疲れましたが、運営部門の皆さまは改めて大変だなあと痛感しました。
大会は無事終了し、駅前の中華屋での打ち上げではじけまくるという醜態をさらしましたが、楽しい3日間を皆さまありがとうございました。

後の2日間は身体のメンテに宛てました。最終日は恒例のジムにて体幹トレーニングをみっちりと。最初のカウンセリングでかなりイジメて大丈夫な人という分析がされているせいか行く度内容がエグくなってきています。

ウォーミングアップのストレッチの時に専属トレーナーさんから、「病弱Sさんの担当になってからバスケ審判の動きを見る為審判がよく映っている動画をいっぱい見ました」と言われました。審判にフォーカスした動画はそれほど多く一般に公開されていませんが、どうしても動きの特性を確認したかったということで相当トレーニングメニューを作成するための参考にと研究されたようです。有料のオプションサービスなのでやる気とお金の問題に左右されますが、自分のためにデータを入念に収集するあたり、トレーナーとしてのプロ意識に感銘を受けました。一部営業トーク的な所もありますが、効果がある程度ハッキリ自覚できるまでは今後もちょくちょくお世話になる予定でおります。

この5連休中は青いSNSに投稿する度山のような返信が来て対応に疲れてしまいましたが、明日から4連勤で社会復帰するためしばらくはお気楽SNSも封印予定(?)と行きたいところです。皆さん協力してね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しくじり先生、出番です!!

2017-09-04 23:04:35 | バスケットボール
青いSNSで全国の人とじゃれ合っているうちにバスケ界は秋シーズンに突入。いい加減真面目にやれということで東京都青年大会から召集令状が来ました。会場は新装した駒沢屋内球技場。クソ暑く、クソ寒く、ハトがいて、シャワー室には結核菌がいそうで、20数年前に客に向かって「降りてこい、お前」と言った思い出いっぱいの会場でしたが、すっかりセレブの街に馴染んだモダンな建物になり一歩中に入ると新築の香りが漂っています。

自分の担当ゲームは全く何も無く、果たしてゲームすらあったのかも分からないぐらい静かに終わりました(ウソです。時間はかかりました)が、レビューを任されたゲームで色々と出来事が。若い女性レフリーのコンビが担当されましたが、名誉のため詳細は決して明かしませんが結論から言うと「最後の最後、特大にしくじって終わったゲーム」となりました。一部始終を見ていましたが、ある種担当者以上に評価者の技量が問われるレビューとなりました。

ボロクソに罵倒してもいいのかもしれませんが、相手は未来ある若手の女性、ましてや本人たちが一番傷ついているかもしれないので講釈を垂れるのではなくあえてインタビュー形式で難しくした局面について私が観客だと見立てて自身の口から状況説明をしてもらいました。そこでは冷静にすべきことを話してくれたので、次もし同じような状況が起こったら(何度も起こしちゃ困りますが)コートでそれをやって下さいと言って説教タイムは終了しました。最近は試合会場でこういう仕事がめっぽう増えてきましたが、元々揚げ足取りでダメ出しするのは両方が嫌な思いになるので主義に合ってません。TV番組の「しくじり先生」同様、失敗や成功体験を客観的に共有して前向きに記憶に残すという作業は案外日本では(少なくとも審判の世界では)されていないように感じます。

人生そのものがしくじりの連続である(継続中?)お前が言うなと聞こえんばかり、この出来事の前後で相変わらず青いSNSで人権侵害並みの誹謗中傷を浴びておりますが、これからも明るく楽しく炎上してもらえるよう努力いたします⁉
コメント
この記事をはてなブックマークに追加