タネの縁側  

偏見に満ちております。どなたの参考にもなりません、各自でお確かめいただきますよう御願いいたします。

映画館に行くべし

2017-12-16 | ビデオ 洋画
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 
TVで11時30まで 夜更かしして見た。


SWシリーズは全部見ているはずなのに、この作品は頼もしい少女が主人公だったなあ、
の記憶しかなかった、
ハンソロ レイア姫って離婚してたの?
まったく記憶がない、どーした私のニュートロン

いやぁ楽しかったわ。

昨日公開の映画に行かねば、いやその前にもう一回おさらいすべきだろうか。
アナキンの3部作はなぜTVでやらないのだろうか、
今日ツタヤに行ったら、たぶん、みんなも復習しているはず(笑

レイの顔がちょっと肥った高梨沙羅ちゃんのようで(沙羅ちゃんの顔がことのほか好きなワタシ)
可愛い可愛い。
BB-8 ころころして可愛い。



やっぱチューバッカだよなあ、言葉不明だけど。


プリクエル・トリロジー
(新三部作) 主人公 アナキン・スカイウォーカー
1999年 スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス  ジョージ・ルーカス
2002年 スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃
2005年 スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

オリジナル・トリロジー
(旧三部作)主人公  ルーク・スカイウォーカー
1977年 スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望 ジョージ・ルーカス
1980年 スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲  アーヴィン・カーシュナー
1983年 スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還 リチャード・マーカンド

シークエル・トリロジー
(続三部作) 主人公 レイ
2015年 スター・ウォーズ/フォースの覚醒(エピソード7) J・J・エイブラムス
2017年 スター・ウォーズ/最後のジェダイ(エピソード8) ライアン・ジョンソン
2019年 未発表(エピソード9) J・J・エイブラムス



TV離婚会見の松居さん、気味悪すぎです。「おかーちゃん」の繰り返し、学芸会レベルでした。
TV不倫否定会見の藤吉さん 大げさすぎです。大泣きがすぎて臭い田舎芝居レベルでした。
太川さん、マスコミにサービスし過ぎ。間男の笑顔、世間の男たちからしたら悲しすぎです。
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 日本の漫画 ケーキ  | トップ | 杞憂とわかっていても »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ビデオ 洋画」カテゴリの最新記事