タネの縁側  

偏見に満ちております。どなたの参考にもなりません、各自でお確かめいただきますよう御願いいたします。

昨日の侵略者より

2018-06-11 | ビデオ 邦画  
予兆 散歩する侵略者 

人間のもつ概念を剥奪する宇宙人たち。
昨夜見た「散歩する・・」の松田龍平に比べると、
今回の侵略者たち(リサーチ班?)はちょっと邪悪で大雑把な感じ。

キャストも不穏感一杯で、良いです。

ああ、もうすぐこの地球は・・って感じさせる。
世間で起こる不条理な事件、無表情で大量殺傷とか、まるで異星人が起こした犯罪のよう。
親族たちのコメントも操られているような気がした。
怪しいと思ったら、近づかないを大原則に毎日を送ろうと思った、いくら余生が短くてもさ。

監督黒沢清
原作前川知大
脚本高橋洋 黒沢清
製作大村英治

キャスト
夏帆山際悦子
染谷将太山際辰雄
東出昌大真壁司郎
中村映里子斉木葉子
岸井ゆきの浅川みゆき



製作年
2017年

製作国
日本
配給
ポニーキャニオン
上映時間
140分
映倫区分
G
オフィシャルサイト

「半分青い。」
こんな理路整然と二人の関係の貴重さを語るなんざ、なんだかちょっとムカつく。
この冷静さが、恋愛関係にはなれんわ、と思うところ。
大事な片割れだけど、恋愛対象じゃない。
ノルウェィの森の主人公の友人たちもそういうことじゃね?。
男女の友情どうこうを語る前に、それぞれの性ホルモンの分泌がある時期には生物的に不自然というか、
こんな若い時に「男女の友情」は難しいのではと思うのだが。
何ドラマを真剣に語っているのだろう、暇この上ないわ、失礼しますた。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 新しい時代の到来 | トップ | 幸せに浸る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ビデオ 邦画  」カテゴリの最新記事