タネの縁側  

偏見に満ちております。どなたの参考にもなりません、各自でお確かめいただきますよう御願いいたします。

昭和63年無法地帯の街

2018-11-23 | ビデオ 邦画  
弧狼の血
大沢在昌の新宿鮫とはまた違った、一匹狼の警官。
「仁義なき戦い」はヤクザ側の事情だったと思う、これは警察側、
とにかく命がけ。
たけしのアウトレイジとも違う、こっちのほうが激しい、参った。

松坂くん、ここでも一生懸命仕事してます。
「半分青い。」のまーくんもがんばってます。
ヤクザの組織図は後からネットで判明。
これがわかってないと、ちょっと戸惑うかも。
養豚業者さんたちに申し訳ないです。


この前の「義母・・・」とは打って変わった竹野内のヤクザ、珍しい、もちろんがんばってます。
ヤクザ、ほんとにイヤです。
ヤクザ映画が作れなくなってもいいので、この世から排除してください。

R15ですが、年齢は上でも、ココロがお子様、絶対ダメです。




@@@
広島の架空都市・呉原を舞台に描き、「警察小説×『仁義なき戦い』」と評された柚月裕子の同名小説を役所広司、松坂桃李、江口洋介らの出演で映画化。「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」の白石和彌監督がメガホンをとった。昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島・呉原で地場の暴力団・尾谷組と新たに進出してきた広島の巨大組織・五十子会系の加古村組の抗争がくすぶり始める中、加古村組関連の金融会社社員が失踪する。所轄署に配属となった新人刑事・日岡秀一は、暴力団との癒着を噂されるベテラン刑事・大上章吾とともに事件の捜査にあたるが、この失踪事件を契機に尾谷組と加古村組の抗争が激化していく。ベテランのマル暴刑事・大上役を役所、日岡刑事役を松坂、尾谷組の若頭役を江口が演じるほか、真木よう子、中村獅童、ピエール瀧、竹野内豊、石橋蓮司ら豪華キャスト陣が脇を固める。



スタッフ
監督白石和彌
原作柚月裕子
脚本池上純哉
企画プロデュース紀伊宗之
プロデューサー天野和人

キャスト
役所広司 大上章吾
松坂桃李 日岡秀一
真木よう子 高木里佳子
滝藤賢一 嵯峨大輔
音尾琢真 吉田滋
他にたくさんたくさん



製作年
2018年

製作国
日本

配給
東映


上映時間
126分

映倫区分
R15+
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 天才なら気づけ | トップ | 東京は川が多い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ビデオ 邦画  」カテゴリの最新記事