blueskynetcafe

主婦の気まぐれ日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

身体障害者目線

2018年05月02日 10時53分12秒 | 日記
ニュースフィードで強制不妊手術が
報道されていますね
強制不妊手術の裁判が6月に予定
されています。
身体障害者目線で強制不妊手術の
裁判に行かれる強制不妊手術の被害
を受けた方々を応援しています。
裁判所には行けませんが強制不妊手術
を受けた方々の精神的苦痛を司法で
どのような判決が出るのか
精神的苦痛を受けた障害者の方々に
一時的な慰謝料及び救済が国の
判断を待ちたいですね
現在全国で強制不妊手術を受けた
障害者の調査がされています。
私は身体障害者手帳を交付された
のは昭和56年12月でした。
高校生の頃は身体障害者手帳を
持っていました。
生後すぐに身体障害者手帳を交付
されていたら強制不妊手術の対象になって
いたかもしれないですね
主人と結婚する前に結婚差別を義母の
兄弟から受けています。
障害がある娘が嫁に来ることが
義母の兄弟にすれば世間体が悪い
と義母が言いました。
結婚する前は実家の調査もして
いましたね。
平成8年に生まれた長男を義母の
兄弟の嫁二人に奇形児が産まれて
いないか確認をさせていました。
強制不妊手術の法律は当時は合法で
違法ではなかったけれど障害者は
強制不妊手術を受けることを
親・姉妹・兄弟で合意していた時代
の解決をする時が来たのだと
身体障害者目線で感じます。
障害者に不幸な子供を産ませない
運動がどれだけ障害者の人権侵害
になったのか検証してほしい
強制不妊手術を受けた方々の救済も
議員同士で議論して頂きたいです。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 強制不妊手術 | トップ | 業務スーパーレシピ »

日記」カテゴリの最新記事