やよひのつれづれ日記 Yayoi's Japanese Calligraphy

毎日のことを書き留めています。





広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

シークカバブ(ラム肉のつくね焼き)

2007-12-18 05:40:32 | 料理
カバブは太い鉄の串にさして焼く料理です。中近東でとてもポピュラーな料理です。スパイスを使わなものもありますがこれは少々使っています。(今回は鶏ひき肉で作りました)金串がない時は割りばしでも代用できます。(焼くときはホイルで割り箸をつつむ)

材料(4人分)
ラムひき肉 300グラム おろしにんにく 小さじ2 おろし生姜 大さじ1
チリペッパー 小さじ1と2分の1 ターメリック 小さじ3分の2 クミンパウダー 小さじ1 ガラムマサラ 小さじ1 塩 小さじ2分の1 こしょう 適時
玉ねぎ 4分の1 パブリカ 適時 レモン・マンゴチャツネ 適時

作り方
ラム肉にスパイス・塩・こしょうを入れて手でよくかき混ぜる。肉を4等分して割り箸にのばすようにつける。鉄板の上に網を置き薄く油をぬり、肉を並べる。200度のオーブンで20分焼く。 皿に盛りつけ薄切りの玉ねぎにパブリカを振ったものとマンゴーチャツネ・レモンを添える。

スパイシーでやみつきになります。串から抜いて輪切りにしてサラダの中に入れてもおいしです。

ぜひお試しを。




ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« クッキーの反抗 | トップ | 寸松庵色紙(すんしょうあん... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

料理」カテゴリの最新記事