毎日がちょっとぼうけん

大阪→中国江西省南昌→大阪→中国山東省菏澤と国をまたいで移動する身にしてみれば国際平和は何より大事。

「安倍首相ひっさしぶりの記者会見(たったの16分!)」No.3942

2020-08-08 04:36:59 | 日本事情

8月6日、広島でたった16分の記者会見をしたアベ首相。

「まだ質問があります!」という朝日新聞記者の腕を

内閣広報官が掴んで制止したと。

日本はもはや「弁士中止!」の明治時代です。

「板垣死すとも自由は死せず!」って、小学校で習ったけど

まさか現代にあの時代が蘇るとは……。

 

6月18日以来初めての記者会見内容も酷いものでした。

GOTOキャンペーン先ホテルでついに感染者が出たにも拘らず、

観光庁がそれを把握していなかったことも凄いですし、

その後、このキャンペーンでの感染者数を公表しないというのも

究極の凄さですが、

首相は16分間の会見で得々として、

「お盆に緊急事態宣言を出すつもりはない。

注意しながらGOTO旅行に行って構わない」

という趣旨の発表をしたのにはもはや言葉が出ません。

愛知県知事、沖縄県知事が緊急事態宣言し、

東京都知事がお盆に帰省控えを呼びかけている中、

政府がそういうこと言うと、

愛知や沖縄どうしたらいいんですかね?

「GOTO」で旅行客が押しかけ、感染が拡大した沖縄は

明らかにGOTOの被害者です。

このあまりに愚劣なキャンペーンは

政府が(人々が何人死のうが知ったことではない)と思っているか、

または、(この際老人たちをコロナで一掃してしまおう)と

積極的にコロナ「効果」を捉えているか、

そのどちらか、或いは両方でしょう。

自民党政権にとって、コロナはもはや重要課題ではないようです。

大事なのは今度の選挙で勝つことだけ。

だから大阪府知事のイソジン吉村(維新)の愚かな言説を

菅官房長官が庇ったりするのでしょう。

維新は自民・公明を補完する大切な仲間ですから。

 

こんな政権を頂いている私たちは、

一体どうやったら生き延びることができるか、

自分の頭で考えるしかありません……。

 

安倍首相コロナの緊急事態宣言について言及。知事達との連携全くとれず。GOTOキャンペーンで感染が増えた。元博報堂作家本間龍さんと一月万冊清水有高。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「80%の国民が『国会を開... | トップ | 「コロナと闘う息子の中小飲... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
山梨でも (こきおばさん)
2020-08-09 07:29:15
 現政権の愚策に振り回されているこの国。今回のGOTOトラベルも、完全にトラブっていますね。
 山梨でもあれ以来毎日感染者が出ていて、外に出られなくなりました。知事は第2波状態!と認めています。
 今日は年1回の盆前の墓掃除で、菩提寺に行くことになっていますが、今年はご先祖様には申し訳ないのですが、今日の清掃と一緒に迎え盆もさせていただき、お迎えにはいかないことにしています。
とんぼ返りで行ってきます。
こきおばさん様 (ブルーはーと)
2020-08-10 11:15:38
コロナの所為で私たちの暮らしから日常のささやかな節目の行事がたくさん消えてしまいました。
でも、こんな中でもどうにかして繋がり、助け合い、子や孫を生き延びさせなければなりませんね。困難なときこそ人間力の発揮のし時だと思って、耐えるしかありません。頑張りましょうね。

コメントを投稿

日本事情」カテゴリの最新記事