毎日がちょっとぼうけん

大阪→中国江西省南昌→大阪→中国山東省菏澤と国をまたいで移動する身にしてみれば国際平和は何より大事。

「8ヶ月間の進歩:一年生の日本語」No.2945

2019-06-11 23:07:15 | 中国事情

今日も暑かった!

美しい石榴の花をカメラに収めてキャンパスのスーパーで水と杏を買い、

帰宅しました。

 

 下はある一年生の8ヶ月前(昨年10月)のノートです。

当時は授業が始まって一ヶ月未満、

五十音表を丸暗記して、

ひらがな、カタカナ、日本語漢字を平行して覚え、

何度も自分の名前を日本語発音で言う練習をしていた頃です。

「ぎうれい」を「ぎうれい」、

「かんろ」を「かん」「か」など、

自分の名前の発音にも四苦八苦していました。

今では、みんなバッチリです。

「自己紹介」は中国語では「自己介紹」と言うので、

中国語のまま書いていました。

濁音と清音の聞き分けも中国語母語話者には本当に難しいんです。

「来まし」が「来まし」になっていますね。

 

 ↓それからわずか4ヵ月後の作文です。

 さらに3ヵ月後の文。

毎日3文エッセイを書く宿題を出しています。

すでに自分の気持ちを表現できるようにになっていますよね。

もう、日本語をあやつれる段階になってきたのですから、

若者の脳みそって本当に凄いですねえ!!

この1年生クラスは全員(と言っても6人しかいないけど)、

日本語専攻を第一希望に選んだ子たちです。

ときどき、彼女たちが1年生であることを忘れそうになり、

自戒する日々です。

↑左は外国語学院の建物。ここの3階に日本語学部1年と2年の教室があります。


コメント   この記事についてブログを書く
« 「今日もアベ首相『年金100年... | トップ | 「命を全うした人参のタロ」N... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

中国事情」カテゴリの最新記事