ブルーグラス*スクエア

スタジオ*ブルーグラスの管理人が、日々の出来事・思ったことなどを綴っています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お知らせ

2008-10-09 13:11:41 | diary
いつもご訪問ありがとうございます

ブログを下記の方へ、お引っ越しさせました
またこちらの方へ、戻ることになるかもわかりませんが
しばらくは、新しい方を使っていきたいと思っています

お手数ですが、ブックマークを付けていただいている方は
アドレスの変更をお願いいたします
これからも<ブルーグラス*スクエア>をよろしくお願いいたします


新<ブルーグラス*スクエア>
http://ameblo.jp/blueglass-square/
コメント

てんつくマン講演会

2008-10-02 07:27:28 | diary

突然夫からメールが入り、急きょ<てんつくマン講演会>に行ってきました
てんつくマンってご存知ですか?
天国をつくる男っていうことだそうですよ
前に中村文昭さんの講演会に行った時に、名前を聞いてインターネットで検索して顔は見ていましたが、動いているてんつくマンは初めてです
すごくパワーのある方でした
350人の会場は満杯の人・・・・人気があるんですね

講演会で、ありがとうの反対を質問されました
なんだかわかりますか?
マザーテレサは、愛の反対は無関心っていわれたそうです
ありがとうの反対はあたりまえなんだそうです
なんでもあたりまえだと思ったら、感謝の心は生まれてきませんものね

偶然は偶然ではない、それも何度もいわれていました
今それが起きたことに意味があると・・・
そして、成功する人は皆みんな、引き寄せの法則を知っているからなんだとも
いいこと楽しいことの連鎖で、また楽しいことが寄ってくるそうです
腹を据えるとミラクルがおこり、後ろに付いている神様(守護神)が助けてくれるそうですよ

あっという間の1時間半でした
彼の熱い思いに賛同して、マイ箸やら本やらいろいろ買ってしましました
本にはサインをしてもらいましたよ

今年のクリスマス(12月25日)には、てんつくマンと中村文昭さんのW講演会が井原であるそうです
<動けば変わる!夢はみんなでつくるもの!>
興味のある方は、主催の名合さんまで(FAX/0866-63-3624)
コメント

フランス・ウエディング旅行記、完成!!

2008-09-30 22:18:32 | diary

8月14日の友人の結婚式に出席するために、9日~19日まで10日間フランスに行ってきました
帰ってからしばらく、HPの方に旅行記を書いていましたが、本日夕方出来上がりました~
やっと完成で~す!

映画のような景色の中、教会でのお式やカクテルパーティ、その後の古城を借り切っての
ディナーパーティなど、本格的なフランスでの結婚式の様子も詳しく書いてみました
結婚式前後の、パリ観光も思い出しながら順を追って書いています
これから結婚式をされる方や、フランスに行かれる方の参考になればいいな・・・と思います、

旅行記最後には、フランス革命やマリーアントワネットの面白いサイトのリンクも貼ってあります
ぜひ1度、のぞいてみてください


スタジオ*ブルー*グラス フランス・ウエディング旅行記

コメント   トラックバック (1)

キャンドルナイトのホームパーティ

2008-09-28 17:35:23 | diary

28日の土曜日夕方6時過ぎより、我が家でギターディナーショーと題して総勢20人ほどが集まりました
我が家は、いつもお客さまをお迎えする時にはキャンドルナイトなので、早めに来てもらって会社の方にセットしていただきました
お花を持ってきて、活けてくださったのも感激です

キャンドルは、夜外が暗くなって火をともすとガラスに映ってとてもきれいなんです
いつも見ているお部屋が、違うように見えるから不思議・・・・
夫の会社関係の方たちは男性がほとんど
女性陣は、私がいつもお世話になっているレンタルBOXのオーナーさん達が、それぞれ1品持ち寄りで来てくださいました
昔は来ていただくときには朝から準備が大変でしたが、こういう1品持ち寄りのホームパーティなら、招待する方もされる方も気が楽でいいですよね



演奏は本格的なギターとアンプとかも運ばれていて、いや~もうかっこいい!(カッコだけ~)
歌は懐メロがほとんどで、ニューミュージックに夢中になっていたあの頃に、歌う方も演奏する方も戻っていたのではないでしょうか   
お1人の方は、なんでも30年前に大学でバンド組んで歌ってた・・・とか

そろそろ歌い続けて2時間、盛り上がっていたのですがご近所さんからクレームが来ないうちに、11時頃にはお開きとしました
後片付けはちょっと大変ですが、それでもみなさんが楽しんで帰ってくださったので苦にはなりません

見送りに外に出ると、随分と肌さむくなっていよいよ秋なんだな・・・・って
次はまた、クリスマスの頃集まれるといいね・・・
コメント

ル・ミュゼ・ドゥ・アッシュ(辻口博啓美術館)

2008-09-16 23:13:33 | diary・食

北陸の和倉温泉で有名な旅館<加賀屋>のすぐ隣に、東京のパティシェがプロデュースするパティスリー・ブティック(ケーキ屋さん)が、オープンしたということを知人から聞いたので、行ってみることにしました
和倉温泉は実家から車で30分ほどのところにあるので、私の母も連れて3人で出かけました

ちょっと見たところ、ケーキ屋さんという雰囲気のお店ではなかったので、少し探しました
お店に入ってびっくりしたのは、待っている人がいっぱい・・・・
皆さんどこかで噂を聞かれて、来られたんでしょうね
名前を書いて待っている間に、隣に辻口さんの美術館があるというので、そちらを見学しました

案内された小さなお部屋には、写真のようなシュークルダール(砂糖細工)が6点・・・・
さすがというか、素晴らしいというか、もう芸術作品ですね
(6点しかなかったのは残念・・・入場料600円はちょっと高いかな)
黒い空間に浮かびあがった6点の作品、異次元にいるような雰囲気でした
設定温度は25度にしてあるということだったのですが、室内に入った時は随分寒いって感じました



さて、いよいよ待望のケーキタイム・・・いやいやティータイム!
どれもおいしそうで、迷ってしまったのですが、あたりを見回すと2個ずつなんて方も多いようでした    私たちも味見のつもりで、2個ずつ注文




お味の方は、あまり甘くなくて・・・う~ん、何かもう1つかな・・・
後引かないんですよね   余韻がないっていうのか
なんて偉そうな感想を持ってしまいました
本当に1つが小さなケーキなんです
でも値段は1個500円前後・・・3人でお茶代も入れて5000円近くも払って来ましたよ 高!

1年後も、順番待ちのお客さんがおられることを祈りますよ
コメント (2)   トラックバック (1)

ロマンスグレー犬

2008-09-12 21:58:40 | choco

ソファーで寝ているチョコです
小さい頃は真っ黒な毛並みでした
今はご覧のように、ロマンスグレーになってしまいました

1996年7月生まれですから、13歳になりました
人間なら60歳は超えているでしょう
身体が小さいので誰もそんな年とは思わなくて、生まれ付きこんな毛色なのかと
思われるようなんですね
普段は寝てばかりで過ごしていますが、とても元気です
毛並みも結構いいでしょ!

まだまだしっかり長生きしてほしいと思います
コメント

食べちゃダメ!

2008-09-08 22:03:58 | 雑貨

小中学校のバザーへ提供できる不用品があればお知らせください、と町内の回覧板が回ってきました

少しまとめておいたものもあったのですが、押入れの中も整理してみたらこんなかわいいものが見つかりました
なんだと思いますか?   消しゴムなんですよ  
よく作られていますよね (でも消えるのかな・・・?)
こんなに小さいのに、本物そっくり
 
あんまりかわいくて使えない!・・・・というより使いたくな~い!ですね
コメント

京都雲月の小松こんぶ

2008-09-06 22:59:38 | diary・食

このたいそうに包んだものは、何だと思いますか~
なんか、中から備前焼の壷でも出てきそうですが、中身は直径6㎝高さ7㎝の小さな瓶に入っている塩コンブなんですよ
それにしても、ものすごく高そうですよね

まだ封は切っていないのですが、山椒が入った京都らしい上品な塩コンブなんだとか     あったかい炊き立てのご飯によく合うと書いてあります
明日からしばらく、ご飯どきに楽しめそうです

お取り寄せご希望の方はこちらまで
桐箱1個・2個・3個入りがあるようですよ
http://www.hanshin-dept.jp/shop/goods/index.vm?_categoryId=2801003&_code=82801025

コメント (2)

オーダー作品・フォトスタンド

2008-09-03 11:43:03 | ポーセラーツ・diary

友人からいただいた、オーダーの作品です
ご両親の、金婚式のお祝いにされるんだとか


ポーセラーツは、ただ転写紙を1枚貼るだけでなく、いろいろと自分で組み合わせて構成ができるのも魅力の1つです
私は、そこが1番面白くてこの世界にどっぷりと浸かってしまいました

これは、1度焼成をしたところです
これからあいているところに黄色の上絵具をスポンジングして、2度目の焼成をします
この転写紙は、フラッキスといってガラス質の透明コートが施されてるんですけど
焼成した場合、光の当たり具合でカットの境目が見えるんですね
この境目がスポンジングできれいに隠れるといいんですけど・・・

2度焼成後の作品は、こちらの方へアップいたします
スタジオ*ブルーグラス Galleryのポーセラーツ作品集
コメント

ザ・マグリット ライヴ&ディナー

2008-08-31 15:10:52 | diary・食

昨日、岡山にあるザ・マグリットに行ってきました
ザ・マグリットは、結婚式やパーティなどを行っているところです
昨日は、<ライヴ&ディナー>ということで、食事の後ライヴもありました
食事はおしゃれに飾られて、目にもしっかり楽しめましたし、すごくおいしかったです

驚いたのは、食事中に各テーブルにマグリット専属マジシャンが回って来られて
目の前で手品を見せてくれるんです
う~ん、ホントに目の前10㎝ぐらいのところで見たんですが・・・わかりません!
マジックだから、絶対にタネはあるんだけどな・・・・
今まで手に持っていたカードが、どうしてグラスの上に乗っていたのでしょうか
不思議でした

ライヴは声量のある外国の女性歌手(名前忘れました)で、最後は全員でダンスタイムでした
始まったのは6時で終わったのは8時半、時間もちょうど良くて無料託児所もあり、すばらしくサービスが行き届いています
日本でも珍しい、参加型のパーティでしたよ

写真は、テーブルの真ん中のディスプレイです
大きなガラスの花瓶に、ワイングラスと薔薇の花が入っていました
すごく素敵でしょ!
コメント