青森県精子提供ボランティア NEO・スタリオン

北東北での個人精子提供活動を再開しました。きっと妊活のお力になれると思いますので、お気軽にご相談下さい。

新しい精子提供マッチングサイト

2024-03-01 13:38:40 | 日記

以前から精子提供マッチングサイトには批判的な事ばかり書いていたのですが、今年になってから新しく開設された新しい精子提供マッチングサイトを見つけました。

精子提供・卵子提供マッチングサービス「Reproko」リプロコ

安心安全な精子提供・卵子提供マッチングサービス - Reproko

見つけたと言うよりはこちらのサイトの運営者様から私のXにフォローがあったのですが、新しく始めたばかりなので、現時点で登録者はドナー、ドニー双方合わせても50人に満たない数です。

ドニーの登録料は無料、ドナーは半年で1,500~3,000円と、意外に安くどこかの登録料3万円のサイトの様な悪質性は感じません。

 

まだ人が少ない内に登録する先行者利益があるのか?

あるいは全く成り立たないサービスで終わるのか?

現時点では海の物とも山の物とも知れません。

 

一つだけ間違いないのは、こういう取り組みは流行してしまえば後から来た人間にうまみはないという事です。

どのような形であれ、世に精子だけを欲している女性は数多くいらっしゃるので、ドニー、ドナー双方の利益になる建設的な物になっていって欲しいと思います。

精子提供をご希望の方は、

精子提供のご依頼にあたって、最初にお読み頂きたい内容 - 青森県精子提供ボランティア NEO・スタリオン (goo.ne.jp)

をお読みになりご連絡をお願いします。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最も精子提供者が多く見つかる場所

2024-02-23 19:57:03 | 日記

以前のブログに書いている通り、現在精子提供に特化した掲示板は全て閉鎖され、令和6年現在は皆無です。

精子提供に特化したマッチングアプリもあるのですが、こちらも活動実態は不明瞭な点が多く、登録費用だけが消えていく可能性が高いのが現状です。

 

最も精子提供者が多く見つかるのが、X(旧Twitter)なのではないかと思います。

こちらも現在活動していない男性のアカウントが残っているだけの物も多いのですが、Xの場合は最終ポストの日付が分かるので、おおよそ現在も活動しているのか?

放置されたアカウントなのか?の判別はつきます。

 

こうして見ると、一時期の精子提供ブームは完全に鎮静化した感があります。

やはり、TV報道の影響が大きく、熱しやすく冷めやすい日本人の国民性が大きく影響しているのだと思います。

やはり、最初から最後まで正しかったと言えるのは、自分の力でコツコツと情報発信するブログや一言日記を書いて活動する事でした。

 

男性精子提供者の活動も、未来永劫するものではないのですが、色々な時期に区切りをつけていく必要があるのだと思います。

落ち着いた環境での活動継続を目指して行きたいと思います。

 

精子提供をご希望の方は、

精子提供のご依頼にあたって、最初にお読み頂きたい内容 - 青森県精子提供ボランティア NEO・スタリオン (goo.ne.jp)

をお読みになりご連絡をお願いします。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

経済的なアドバンテージ

2024-02-21 22:39:51 | 日記
Xで色々と情報収集していたのですが、クリオスとクリニックで掛かる具体的な金額を書かれている方がいらっしゃいました。
 
クリオス 約38万円 (移送費、輸入関税代込み) ドナーさんやストローの本数により変わります。
 クリニック 約153万円 (採卵・移植1回、交通費含まず)
 
やはりクリニックが一番高く、たった1回の移植で軽自動車1台分の費用が消えていきます。
それに比べればクリオスは比較的良心的ですが、それでも38万円です。
 
以前から個人精子提供者を強く嫌忌し、クリニック等が一番という考えの女性も多いのですが、そうした方達に個人精子提供者が出来る事は何もありません。
 
その上で、我々正統派個人精子提供者を頼ってくれる女性に対しては、経費のみの圧倒的なコストパフォーマンスで、最大の結果を出しているのが現実です。
 
なんと言っても、商業的なコストは無償のボランティアであり、交通費と場所代しか掛からないのですから。
 
最も批判が多いのが個人によるSNS精子提供ですが、最も結果をだしているのもまた個人からの精子提供でもあります。
 
どちらが正しいか、安全か、どうぞマスコミの情報に付和雷同せずにご自身の目で確かめて頂けばと思います。
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

クリオスの終焉

2024-02-18 10:53:47 | 日記

 世界的に最有名なデンマークの精子バンク「クリオス」ですが、日本事業を担当されていた「伊藤ひろみ」さんが1月31日で退職されていたそうです。

1/31でクリオスを退職します (notion.site)

実質、日本事業は彼女一人で取り仕切っていた状況も後になって知りました。。

デンマークとアメリカにに日本人スタッフは3名残っているそうですが、やはり日本に拠点をおいて事業を行ってくれる方がいなければ、色々と不都合もあろうかと思います。

伊藤さんの報告によると、ドナーの身元開示に関する法律のたたき台ができた2022年3月からクリオスは日本進出計画を凍結していたのだそうです。

様々な法令の壁が立ちはだかる中、後ろ盾になってくれる国会議員でもいない限り、彼女一人で出来ることはなかったのかも知れません。

 

・・・色々大変だったのだと思いますが、彼女は十分に役目を果たされ、立派な仕事を勤め上げたのではないかと思います。

誰か新しい人が日本クリオスの事業を引き継ぎ、事業が再開される可能性もあるのかもしれませんが、現状クリオスは終焉なのだと思います。

結局、時間が経ち生き残ったのは、利害関係にとらわれず、無償のボランティアで経済的な足かせもない我々の様な個人活動家でした。

やはり最後に生き残るのは「本物」だったという事です。

 

伊藤ひとみさん、長い期間のクリオスでの活動本当にお疲れ様でした、後は我々正統派個人精子提供者に任せて下さい。

きっとこれからも彼女は形を変えてこの分野で活躍してくれるのだと思います。

精子提供をご希望の方は、

精子提供のご依頼にあたって、最初にお読み頂きたい内容 - 青森県精子提供ボランティア NEO・スタリオン (goo.ne.jp)

をお読みになりご連絡をお願いします。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

令和6年現在の個人精子提供を取り巻く環境について 3/3

2024-02-17 11:47:57 | 日記

3回に渡って書いたこの話題の最後に、ある精子提供に特化したアプリについて記載します。

 

精子提供マッチングアプリ「Stork」

Stork - 精子提供を安心安全に (storkbaby.jp)

 

こちらは、スマホ必須の精子提供マッチングアプリであり、PCからの登録は出来ないようです。

このサービスのXののポストによると、令和6年1月末現在男女合わせた登録者数は580名、ドナー男性は247名となっており、女性登録者の方が多い事になっています。

世の中どこを見ても男余り、それは精子提供業界も同じなのですが、何故このアプリだけ女性が多いのでしょうか?

 

結論から言うと、こちらも「盛って」います。

 

架空の登録者がいるのがどうかは分かりませんが、試しに男女それぞれ(女性は成りすまし)して登録してみました。

情報をある程度閲覧後、アカウントを削除(退会)しようにも、エラーが出て実行出来ません。

管理者に連絡すれば、やや日数を置いた後プログラムの不具合だと言って手動で削除してくれたのですが、そこまで手間を掛けてアカウントを削除する人は少ないと思います。

男性側では普通に2回登録して2回とも同じだったので、これはもう運営者が意図的にアカウント削除(退会)を出来ないようにしているのでしょう。

 

ただし、ここは有料と無料のサービスがあり、無料の登録をしているだけでは金銭的な被害はありません。

有料のサービスも、12か月で12,000円と、そこまで悪質な金儲けの雰囲気はありません。

普通に、こうしたサービスは成り立たず盛況ぶりを装っているだけなのでしょう。

 

やはり、他人の褌で相撲を取ろうとしても、上手く行かないということに尽きるのでしょう。

今後も似たような新規のサイトやアプリは出てくると思いますが、どれを使っても結果は同じでしょう。

世の中上手い話はありません。

そもそも精子提供活動、それもシリンジ法に限って言えば提供者にはほぼメリットのない地味で根気のいる活動です。

そういう事をやろうとしているのに、他人に頼っていてはダメダメだという事なのです。

 

令和6年現在の精子提供活動を取り巻く環境についてはこれで終わりになりますが、提供活動をしようとする男性も、受けようとする女性も、地味で根気のいる活動、方法だという事を良く理解して進めてほしいと思います。

 

精子提供をご希望の方は、

精子提供のご依頼にあたって、最初にお読み頂きたい内容 - 青森県精子提供ボランティア NEO・スタリオン (goo.ne.jp)

をお読みになりご連絡をお願いします。

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする