萬福童~福太郎のおうち~

萬福童では8ニャンズと共に、笑顔と仄々を発信しております。ボノボノして頂けたら幸いです。子猫の里親さん募集中です♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

藍島の猫

2014-07-03 18:28:18 | 動物愛護
*写真は全て友人Cちゃん撮影
先日ちょっとご紹介した 藍島 の猫達。

こちらも、去年は函館の猫と似たり寄ったりでした。


猫達は猫好きの住民と観光客のお陰で何とか食べていたものの、

避妊も去勢もされず、放たれているままの猫達。
観光客はどこでもご飯を置いてそのままにし、島を汚していく。

そんな状況を何とかしたいと、友人は足を運び住民たちと何度も話し合い、猫達に重いフードを持って行ってました。
その甲斐あって、続々と協力者が現れて・・・
猫達のTNRに立ち上がったのが有志のボランティアさんです。

しかし、陸続きの場所でも時間が掛かる大変なTNR。
海が荒れれば欠航になり、交通手段は無くなります。
病院のやっている平日の人手は少ないし、時間は掛かるし四苦八苦。
私も去年話を聞いた時、これは早くても2~3年掛かるかも・・と思ってました。

その間にも子猫は生まれるでしょうし、いたちごっこになりそうだなと。

そんな状況を打破したのが、行政の協力でした。
普通、行政が協力してくれて動いてくれるまでかなり時間が掛かる物ですが、早い対応で猫達をどんどんTNR(避妊去勢)してくれました。

実際にTNRで動いて下さったのは、推進委員さん達だと聞きました。
島へ行き保護して連れて行き手術、後日また島へ行き元の場所へ放すと言う2往復を何回も。
100頭近いTNRは、大変な労力だったと思います。
北九州の行政と推進委員さん達、本当にすごいなと思う、ありがとうございます。
行政・住民・ボランティアさん、誰一人欠けても藍島の猫のTNRの成功は無かったと思います。

先日書いたように、今藍島の猫達は決まった場所で御飯を貰いのびのびと暮らして居ます。

注:これは決められた場所での御飯風景です。
必ず器に入れてあげて下さい
。)
観光に行く人は、決まった場所でご飯をあげる・ゴミは必ず持って帰る。

小さな心遣いが、猫達と島を守って行く事になるのだと思います。

現在、Amazonから直接島へフードが送れるようになりました。
藍島の猫見守り隊
島の方々だけで、沢山の猫達全員にお腹いっぱいの御飯をあげるのは大変だと思います。
もし、ちょっと協力してもいいかなと思う方は是非宜しくお願い致します。

函館でも他の地域でも、こういう看板が見られるようになりますように。

北九州市、ありがとうございます。



京都の猫達里親さん、預かりさん大募集中
宜しくお願い致します。


いつでも里親募集中 
『猫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 函館の猫と北九州、藍島の猫 | トップ | めめちゃんの幸せ風景 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

動物愛護」カテゴリの最新記事