~青いそよ風が吹く街角~

映画(主にミニシアター映画)の感想文を軸にマイペースで綴っていきます。

■『レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-』■ ※ネタバレ有

2009-04-11 03:01:08 | 映画【中国・香港・台湾】

  ■『レッドクリフ PartI 』■ ※ネタバレ有

天の川

私は字幕版で観たんだけど、
難しい漢字や読みにくそうな漢字にはご丁寧にふりがながふってありました。
(まるで小学生の教科書を読んでいるみたいでしたわ。)

 劉備軍+孫権軍はなぜ5万の兵しか集められなかったのか?
 曹操軍はどういう経過を経て80万もの兵を集めたのか?
二部作で描くならば知略戦略がキチンと描かれていたら史劇としての物語にノレたんですけどね。
まっ、この作品は娯楽映画仕立てなんだろうけどネ。

【PartI】の時も思ったんだけど、
周瑜〔トニー・レオン〕と孔明〔金城武〕が顔を見合わせる場面はお互いに照れがあるのか?
にやけているように映るのでその場面は要らないように思いました。

小喬〔リン・チーリン〕の声は【PartII】では生声ではなく吹替られていたんだけど、
声があまりにも違いすぎるような・・・。
【PartII】の吹替声はブリッコ(古語?)な声と言うかアニメキャラクターのような声で
小喬のおしとやかな奥ゆかしさを半減させてしまったような・・・。
別人が吹替するならば本人と似た声質の人を選んでほしいな。

身にまとっていた巻物をほどいていく尚香〔ヴィッキー・チャオ〕を映し出すカメラアングルが艶めかしい。
孫権〔チャン・チェン〕が尚香に謝る場面、孫権と尚香が兄妹に見えなかったのよね。
(なんか、孫権と尚香はカップルに見えた・・・)
孫権役のチャン・チェンは生活感がないイメージなので
お兄さん的な雰囲気を感じないからなのかもしれないけどね。

周瑜役のトニー・レオンは演技が淡々としすぎですね。
小喬がいなくなった動揺や困惑があまり伝わってこなかったのよ。
(ファンの方、すいません。m(_ _)m )
もう少し、苦悩を表してくれれば物語に深みが出たと思う。

戦闘場面を後半の約一時間に集中させた構成は見事だと思ったし、
繰り広げられる闘いはスリルがあったけど、
【PartI】のようなユーモアは少ない。
そして、【PartI】【PartII】共に情感は乏しい・・・。
せつなかったのは
前半、男装して曹操軍に潜入していた尚香の事を「デブ助」と呼んでいた曹操軍の若い兵が
後半、戦場で尚香に気づいた瞬間に軍勢の矢に打たれ倒れゆく場面だけだったな。
【PartII】では尚香役のヴィッキー・チャオの存在感が抜群でしたね。
時にヴィッキー・チャオがヒロインのようにも感じましたよ。

ラスト、まるで水墨画のような山河の風景は中国映画らしくて秀麗でした。


P.S.
 
トニー・レオン&チャン・チェンが語る『レッドクリフ』の魅力 〔バラエティ・ジャパン:09.04.09〕

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スペシャルドラマ『二重裁判... | トップ | ◇『エンプレス -運命の戦い... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ポスター (kira)
2009-04-12 01:45:44
ポスターのキャストの位置取りで、
その国における認知度が解るような気がしますね。
特に韓国バージョンは、ヴィッキーちゃんの写真が無くてチャン・チェンが中央ですね。
台湾版にも彼女の姿が無い?!
実際の活躍ぶりは反映されてないのが不思議ですね~
日本でも、リン・チーリン一人だけってのもあったし。。

私はリン・チーリンは日本で言えば木村多江さんみたいな感じを受けるんですが、
吹き替えだとは気が付かなかったです。
もっとも、彼女はセリフ自体少なかったですよね、パート1は。
ヴィッキーちゃん、チーリンさん。 (BC)
2009-04-12 14:30:20
kiraさん、こんにちは
トラックバック&コメントありがとうございました。(*^-^*

各国のポスターを見比べるのも面白いですよね☆
どの国のポスターもトニーさん、金城さんのお顔は大きく載っているので
主演のお二人は幅広い国々で人気があるのでしょうね。

ヴィッキーちゃんは目鼻立ちがハッキリした美人で愛嬌もある。
清純ぶっていないので女性に嫌われないタイプの女優さんでしょうね。

香港映画をはじめアジア映画に詳しい映画仲間が
「リン・チーリンの声はPartIIでは吹替になる。」
と教えてくれました。
チーリンさんはこの小喬役ではおしとやかで芯が強いイメージで
日本の女優で例えるならば木村多恵さんみたいな印象ですね。
だけど、最近チーリンさんが日本で発売した写真集では明るめの色の茶髪だし、
プレミアで大阪・道頓堀に来た時は
「まいど!今日はカーネルおじさんに会いに来ました。」
って言っていたし、
チーリンさんの素は意外と陽気で天然?な現代っ子なのかも?^^
こんにちは! (ミスターシネマ)
2009-04-14 10:12:29
BCさん、こんにちは。
ミスターシネマです。
コメントをしていただき、ありがとうございました!

魯粛の間近に矢が飛んだ時の驚いた表情は演技ではなく、素だと思います(笑)
ただ、僕としては戦闘シーンが終盤にしかなかったというのが残念です…。

これからも鑑賞した作品はちょくちょく記事にしますので、時間の空いたときなどにまた遊びに来てください♪
素。 (BC)
2009-04-15 01:36:06
ミスターシネマさん、ようこそ
コメントありがとうございました。(*^-^*

魯粛が驚いた時の表情は完全に素でしょうね。^^

戦闘場面と普通の場面が交差するよりも
戦闘場面を後半に集中させているほうがスッキリしていて観やすいと私は思ったけど、
前半にもう少しアクションの見せ場があっても良かった気もしますね。


P.S.
ミスターシネマさんのブログにまた遊びに行きますね♪
話題が合えば私のブログにも気軽に来て下さると嬉しいです。
これからもヨロシクです♪

コメントを投稿

関連するみんなの記事