~青いそよ風が吹く街角~

映画(主にミニシアター映画)の感想文を軸にマイペースで綴っていきます。

*『ブラック・ブレッド』*

2012-07-23 00:07:17 | 映画【スペイン・ラテンアメリカ・カナダ】


  『ブラック・ブレッド』:公式サイト



スペイン内戦の傷跡が残る1940年代の貧富の差が如実に現れている村で暮らす主人公の少年が
友達親子が転落死する場面に出くわしたことから、 親や周囲の真実を目の当たりにしていく姿を描く。
スペインのデヴィッド・リンチと称されるアグスティー・ビジャロンガ監督作。
第84回アカデミー賞外国語映画賞スペイン代表、2011年ゴヤ賞作品賞をはじめ計9部門受賞作。
主演はオーディションで選ばれたフランセスク・クルメ。

スペイン内戦の背景が根底にあるけど、
殺伐とした時代の中で親達(大人達)が生きていくがゆえの人間関係から派生する歪んだ愛憎や
それらの複雑な真相を知るにつれ将来を考え決断せざるおえなくなっていく少年を軸に描いている。
つまり、心はいち早く大人にならなければならない状況に追い込まれていく
等身大の少年の心理が浮き彫りになっていく・・・。

主人公の少年が飛び抜けた美少年ではない?のもリアリティを与えていた気もします。
上半身裸で翼を夢見ている青年や片方の手首がないアンニュイ少女の会話もあるので
パンズ・ラビリンス - goo 映画』系の厳しい現実と謎めいた神秘性を加味した
リアルファンタジーな作風なのかと思っていたけど、
CGや特殊効果などファンタジックな演出はさほど見受けず、
地に足ついたシリアスな作品でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »

コメントを投稿