~青いそよ風が吹く街角~

映画(主にミニシアター映画)の感想文を軸にマイペースで綴っていきます。

_『マン・オン・ワイヤー』_ ※ネタバレ有

2009-07-04 21:03:55 | 映画【イギリス】

  『マン・オン・ワイヤー』:公式サイト

綱ダンス(綱渡り)

愛すべき綱渡りバカ(言葉悪くてスイマセン。m(_ _)m )ですね。。。
ワールド・トレード・センターで綱渡りに挑むフィリップ・プティも
周到な準備を手伝う仲間達もまるで学生の文化祭のようなノリ。。。
当然、現地ではリハーサルは無理で一回限りの本番。
本人は命がけの行為なのに綱の上に座ったり、寝そべったりして
のほほんとしているのが凄いわ☆

だけど、長い棒でバランスをとりながら綱の上を歩く姿勢は羽を広げた鳥のように
靴底の薄い靴で歩く姿はバレエダンサーのように優美。
ある意味、厳かで神聖な儀式のようにも映る。

“ワールド・トレード・センター展望台永久無料券”
今となってはやるせないですね・・・。


P.S.
この作品は
梅田スカイビル(かつてのワールド・トレード・センター同様ツインタワーの高層ビル)
内にある
梅田ガーデンシネマへ観に行きました。
この作品を観賞後、何気にこのビル最上階の
空中庭園展望台へ行きたくなったので
久々に展望台へ上がってきました。

この作品を観ている時は
「なんで、高層ビルの綱渡りという危ないコトするのかしら?」
と疑問だったけど、
展望台から大阪周辺の風景を眺めながら映画の余韻に浸っていると
「大好きな芸(綱渡り)をしながら美しい街並みを眺めたかったのかな?」
と素直に思えて、
フィリップ・プティの純粋な気持ちが少しわかるような気もしました。
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« やっぱり丸メガネ★(『怨み屋... | トップ | ~空中庭園展望台からの眺め~ »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
好きです (KLY)
2009-07-05 01:37:56
海外のドキュメンタリームービーは殆どハズレがないんですが、流石はオスカー作品さけあって面白かったです。綱渡りそのものはもちろんですが、その準備に費やす労力が観ていて感心するとともに面白かったですよね。
考えてみたら当然犯罪行為な訳で。(笑)
警官の言葉「生涯一度きりだ」ってのが、実に印象深い言葉でした。
なかなか良かったですね。 (BC)
2009-07-05 13:04:59
KLYさん、こんにちは。
トラックバック&コメントありがとうございました。(*^-^*

無断で綱渡りするのは当然、犯罪行為ではあるんだけど、
人に不愉快な思いをさせる行為ではなかったですよね。
だから“史上、最も美しい犯罪”と言われているのかな。

今から30年以上も前の出来事なのに当時の映像が残っているのは凄い事ですよね。
ただ、ワールド・トレード・センターで綱渡りしている時の動画もあれば完璧だったのになぁ~。
それと、ベッドインの場面は要らないかも。^^
紙一重 (SGA屋伍一)
2009-07-15 19:55:07
BCさん、こんばんは
先日東京まで出張って見てきました

わたしもこんなことにこれほどまでに情熱をかけるなんて、バカだよなあ、と思いました(笑)
が、そのバカは天才と紙一重といいますが、ほとんど同義語のようなバカでありますよね

天才と凡人を分け隔てるものは集中力であある、ともいいます。普通集中力というのはもって十五分だそうですが、あのワイヤーの上に約45分もいたのだから、その点でもフィリップさんの天才ぶりがうかがえます

あと「動画があれば・・・」とはわたしも思いました。まあ止め絵ながらの情緒深さ、みたいのもあるんですけど、やはり動いて渡ってるところも見たかった

当時のカメラでは重過ぎて最上階までもっていく余裕がなかったのでしょうか? ああ、そのころすでにハンディカムが開発されていたなら・・・
神の領域。 (BC)
2009-07-16 21:11:54
SGA屋伍一さん、こんばんは。
東京まで遠征して観に行かれたのですね。
東京の上映館は大きいサイズのスクリーンらしいので臨場感があったそうですね。

>が、そのバカは天才と紙一重といいますが、ほとんど同義語のようなバカでありますよね

フィリップさんのような芸術家?は変わり者?が多いからね。(^-^ゞ

>普通集中力というのはもって十五分だそうですが、あのワイヤーの上に約45分もいたのだから、その点でもフィリップさんの天才ぶりがうかがえます

フィリップさんは普通の人の三倍の集中力なんですね。
才人の領域を超えて神の領域に達するような技ですね☆

ワールド・トレード・センターで綱渡りしている場面は静止画ならではの情感もあったけど、
出来れば動画で観たかったですよね。
少し離れた所からヘリで撮影する事は出来なかったのかなぁ~。
(あっでも、それだと風が巻き起こるから綱渡りは無理だろうな~。。。)
BCさんへ♪ (mezzotint)
2009-07-30 19:43:21
今晩は☆彡
TBありがとうございました。
フィリップさん、只者ではないですよね。
命綱なしで45分間に8回往復なんて、
信じられませんが・・・・。
私も静止画じゃない映像を観たいと
思いました。それにしてもあのパワー、
あのとてつもない集中力には驚きです。
集中力。 (BC)
2009-07-31 00:00:15
mezzotintさん、こんばんは。
トラックバック&コメントありがとうございました。(*^-^*

途中で綱の上に座ったり寝そべったりする
ゆとりを見せながらの45分間8往復の綱渡りなので
フィリップさんの集中力は凄いですよね☆

静止画ではなく動画だったら臨場感あったでしょうね。
Unknown (keyakiya)
2009-08-02 23:02:36
スカイビルの空中庭園展望台へ行きたくなりました。
この夏行こう!

時代物映像ですので、サティの音楽がピッタリです。
穏やかな余韻さへ感じます。
これってすごいアートですね。
アート。 (BC)
2009-08-03 02:24:50
keyakiyaさん、こんばんは。
スカイビルの空中庭園展望台は大阪周辺の街を一望できますよ。
天候の良い時は明石海峡大橋や六甲の山々まで見渡せると思いますよ。

この映画はレトロな趣きがある映像に音楽が合っていて上質でしたね。
映像・音楽、フィリップ・プティの綱渡り
全てにおいてアートでしたね。(*^-^*

コメントを投稿