~青いそよ風が吹く街角~

映画(主にミニシアター映画)の感想文を軸にマイペースで綴っていきます。

~『くらげくん』~ ※ネタバレ有

2010-08-07 23:01:13 | 映画【日本】

  公募作品コンペティション1:ひめじ国際短編映画祭公式サイト 

ジャンケン

片岡翔監督がPFF(ぴあフィルムフェスティバル)準グランプリをはじめ、
数々の映画賞を受賞している短編作品です。

  【2010世界遺産のまち ひめじ国際短編映画祭】 ※片岡監督PFF受賞情報追記

 くらげのようなヒラヒラなドレスのような服を着ている事から
 ”くらげくん”と呼ばれている女の子のような男の子は
 坊主頭の男の子虎太郎の事が好きだけど、くらげくんは引越す事になり・・・・・
という物語。

子供ならではの生活感からではあるけど
まるで人生を悟りきっている仙人のような虎太郎とくらげくんの掛け合いにしみじみ。

ジャンケンに勝ってくらげくんと結婚しなくてもよくなって
大はしゃぎしている虎太郎を見つめる
くらげくんの涙をこらえて微笑もうとしている表情が麗しくもせつなかったな・・・。
(くらげくんの白い服はウェディングドレスのように映っただけにね・・・。)
くらげくんは虎太郎の意志は誰よりもわかっているから
最初からジャンケンに負けるつもりだったんだよね?
そう心に決めていても実際にジャンケン結果が出ると
何とも言えない気持ちになってしまったんだろうな・・・。
それでも、虎太郎が喜んでいる姿を見るのは嬉しいし、
くらげくんは色んな心境が入り混じっていたのだろうね・・・。

映画としては無駄な場面が一切なくて、まとまっていて観やすかった。
ただ、インパクトは少し欠けるかな?
キャストで言えば、虎太郎もくらげくんも線が細い・・・。
例えば、中性的なくらげくんのキャラクターと
男の子らしい虎太郎のキャラクターを明示するのならば
虎太郎は『ドラえもん』のジャイアンのような小太りのガキ大将みたいな
キャラクターにしたほうがメリハリがついたような気もしました。
特に海外の映画祭では
日本映画に登場する日本人の顔は見分けがつきにくいらしいので
衣裳だけではなく体型的にも二人の違いを示した方が
映画としての見栄えがよくなるように私は感じました。

草食男子とか干物女という言葉が生まれる近頃。
“男は男らしく”“女は女らしく”といった昔ながらの気質を背負う
慣習は薄れてきているような気もする・・・。
そういう現代社会なので、
虎太郎やくらげくんのような男の子達もどこかにいるのかもしれない。
そんな事を思ったりした作品でした。
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 『28』/『ぐるぐるまわる』... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご無沙汰してますー (SGA屋伍一)
2010-09-19 21:39:18
BCさん、こんばんは。ちょっとご無沙汰しておりました
この作品、その後も次々と賞をもらってるようですね~ わたしも片岡監督とはちょこっと話をさせていただいので、その活躍ぶりは嬉しい限りです

わたしが子供のころは少女漫画などで「こんな女顔の男の子なんていないなだろ~」と思ったものですが、最近は本当に男の子だか女の子だかわからない子、時々見かけますね・・・

この映画を見たのはやはり7月の暑いころでした。舞台挨拶が終った後、ロビーでセーターを着ていたコタロウくんが「かんとくー、もう脱いでもいいですかー」とこぼしていたのがおかしかったです
男らしさ・女らしさ。 (BC)
2010-09-20 06:46:24
SGA屋伍一さん、お久しぶりです。
この作品7冠のようですね。
大注目されていますよね。

>最近は本当に男の子だか女の子だかわからない子、時々見かけますね・・・

ホント、そうですよね。
大人でも昔は背が高くて顔が良い男性だけがハンサムと呼ばれていたけど、
最近では背が低くても顔に個性があればイケメンと称されるから
男性がメイクをしていても違和感を覚えなくなってきていますし。
女性も背が高い人が増えて、でもそれをさほど気にかけずに
堂々と踵の高いヒールを履いている人もいる。
男らしさ・女らしさの線引きがなくなってきていますね。

>ロビーでセーターを着ていたコタロウくんが「かんとくー、もう脱いでもいいですかー」とこぼしていたのがおかしかったです

確かに、真夏にあの衣裳は暑いでしょうね。。。
コタロウくん頑張っていたのでしょうね。^^
虎太郎君 (mezzotint)
2010-11-08 00:12:37
今晩は☆彡
神戸新開地まで行って参りました。
三宮までしか行ったことがないので、どんな
ところか少し興味もあり、、、。
ようやく「くらげくん」鑑賞して来ました。
虎太郎君、良い味だしていますよね。
昔懐かしい男の子。こんな子どもは見かけなく
なりましたね。監督もBCさんがおっしゃる
イメージ通りの方でした。
虎太郎くん。 (BC)
2010-11-10 20:53:42
mezzotintさん、こんばんは。
コメントのお返事遅くなってしまってすいません。m(_ _)m

私も新開地のミニシアターは一度だけ行った事があります。
神戸の中心地からほんの少し離れた場所なので
新開地の駅からミニシアターまでの通りは洗練された雰囲気ではないけど、
庶民的な名残りが残っている場所ですよね。

虎太郎くんは『サザエさん』のカツオくんのようなタイプの男の子でしたね。
昔の漫画やホームドラマに登場しそうな庶民的な男の子という印象。

監督さんにもお会いになれて良かったですね♪
今の子・・・ (マリー)
2010-11-12 22:51:37
こんばんは~~♪

隣の県で上映があったので~行きたかったんだけどチビの部活の遠征があって行けなかった・・・
いつか観れるかなぁ・・・

本当に昔っぽい子供らしい子供って見かけなくなりました。みんな見た目からインパクト弱いよね。時々やんちゃ~な子に出会うと新鮮です。
子供らしい子供。 (BC)
2010-11-13 23:07:50
マリーさん、こんばんは。
チビくん部活頑張っているんだね。

お隣の県で『くらげくん』上映されたのですね。
各地の映画祭や特集上映で上映される機会が増えているようなので
マリーさんの所でも上映が決まると良いね。

庶民的な子供らしい子供は見かけなくなりましたよね。
個性のある子供が少なくなってきた感じがします・・・。

>時々やんちゃ~な子に出会うと新鮮です。

そうだよね。
ホッとするよね。(*^-^*

コメントを投稿