~青いそよ風が吹く街角~

映画(主にミニシアター映画)の感想文を軸にマイペースで綴っていきます。

●『川の底からこんにちは』● ※ネタバレ有

2010-07-11 19:44:50 | 映画【日本】


  第19回PFFスカラシップ作品『川の底からこんにちは』:公式サイト

ワンピース

第19回PFF(ぴあフィルムフェスティバル)スカラシップ作品であり、
日本国外の映画祭で評価されてきた石井裕也監督の商業映画デビュー作です。

日本映画の子役の台詞と言えば
物語に沿った必要な台詞しか言わせない事が多いけど、
『川の底からこんにちは』では動物園の場面で「ゴリラの脇の下は臭うの?」と
子供ならではの素朴な疑問を言っているのが可笑しかったな。^^
突然、何を言い出すのかわからないのが子供の特徴ですよね。
そういう等身大の子供像を引き出していましたね。

満島ひかりは『カケラ

』では共演女優に喰われがちだったし、

 
◇『カケラ』◇ ※ネタバレ有

愛のむきだし』ほどのインパクトもなかったけど、

 
★『愛のむきだし』★ ※ネタバレ有

普段はウジウジしていてアンニュイけど、いつタンカきってキレるかわからない・・・。
そういうキャラを演じさせたら右に出る者はいない感じで適役でしたね。
それにしても『カケラ』も『川の底からこんにちは』でもトイレの場面があったね。。。
『カケラ』では脇毛、『川の底からこんにちは』では腸内洗浄・・・。
若い女優さんならば敬遠しそうな事でも堂々とやってのける彼女は度胸があるね。

佐和子〔満島ひかり〕は中の下とかダメ人間とか自分で言っているけど、
実家はしじみ工場だから結局は田舎のお嬢さんですよね。
駆け落ちして上京して東京の会社で行きづまっても実家に戻って仕事しようと思えば出来る。
実家に仕事がある環境の人って多くはないだろうから、
経営が傾きかけているしじみ工場とはいえ仕事出来る場所はあるのに
佐和子は甘えているんじゃないの?という気がしないではなかったけど、
恋愛に関しては共感出来る部分はあったな。
好きとか嫌だとかそういう次元ではなくてこの人だという気持ちはわかるよ。
結局は愛だの恋だのではないというか理屈ではないんだよね。
とは言え、健一がいなくなって“寂しい”と感じた佐和子。

佐和子は“本当の愛”と向き合う事から逃げていたけど、
その“寂しい”という感情こそが健一への愛情だと気づいたのかもしれない。

昔、佐和子に彼氏をとられた友美〔鈴木なつみ〕は
その腹いせに健一を奪ったところで上手くいくはずがないし、
自分がみじめになるだけだと思うけどな。
でも、その事によって健一は編み物をする自分を嫌がらず受け入れてくれていた
佐和子の大切さに気づいたんだよね。

やはり、しじみ工場ならば、しじみ汁を皆で食べる場面ぐらいは入れてほしかったな。
それと、オバサン一人一人のキャラをキチンと描いていれば
後半の佐和子のお父さんと関係を結んだオバサン名の台詞が際立ったような気もする。
でも、それ以外は素直に面白かったです☆
じーんとさせられたと思ったら一瞬にして笑わせてくれたり
シュールなボケと瞬時のツッコミのノリが軽妙でバランス良かったです。

「もう頑張るしかないんですから!」
無理してガムシャラに頑張るのではなく、
今居る場所で今出来る事を普通に頑張っていくのが人生なのかもしれないね。



P.S.
昨年のPFFスカラシップ作品の『
不灯港 - goo 映画』は漁師が主人公だったな~。

 ●『不灯港』● ※ネタバレ有

水産業つながりなのかしら?

コメント (10)   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 『大改造!!劇的ビフォーアフ... »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2010-07-11 22:05:33
満島さんて完全に主演の方が活きますね。
キムタクのドラマとか全然埋没してるし。
つまんないテレビドラマなんか出ないで、映画
専門で良いと思うんだけど、事務所的にはそう
もいかないのかな。^^;
社歌が最高にいいです。まったく耳に残ること
といったら…
満島さん。 (BC)
2010-07-12 00:35:21
KLYさん、こんばんは。

私はキ〇タク苦手なので、あの月9ドラマは全然見てなかったんですよ・・・。
満島さんは若くて演技力のある女優さんなので
事務所としては知名度を高めたいという方針もあるのでしょうね。

社歌は痛快で面白かったですね☆
満島ひかり (rose_chocolat)
2010-07-12 04:32:48
『愛のむきだし』に比べたらこちらは何となくパターンが読めてしまう部分があり、そこが自分は今一つではありましたが、
満島さんの女優っぷりは面白かったです。
毎回毎回いろんなことしていると、それが当たり前になってきちゃう? 他の女優さんなら絶対に断るところですよね。トイレシーンとか。

待機作の『悪人』も、どんな感じなのか早く観てみたいです。
満島ひかり (バラサ☆バラサ)
2010-07-12 20:14:16
と言えば、漫画原作の「プライド」の怪演も素敵です。狂気を宿した目が素晴らしくて、笑ってしまいました。

「愛のむきだし」は、最初に高額、長時間に躊躇して、その後の若干安い上映にも行かずじまいです。残念なことをしました。DVD料金は二倍という説がありますが、借りて観るか・・・
根性。 (BC)
2010-07-13 00:42:19
rose_chocolatさん、こんばんは。

『愛のむきだし』と比べると少し劣るような気はしましたね・・・。

満島さんは女優魂を感じさせる気前の良い演技でしたね。
20代の女優さんにとってはトイレ場面なんて、
ある意味ヌードになるよりも勇気がいるかもしれないけど、
堂々とやってのける満島さんは根性ありますよね☆

『悪人』はシネコンで何度か予告編を観ました。
満島さんは出番多くはなさそうだけど、迫真の演技を見せてくれそうですね。
『プライド』『愛のむきだし』。 (BC)
2010-07-13 22:29:31
バラサ☆バラサさん、こんばんは。

『プライド』はブロガーさん達にすすめられているので観たいと思っているんだけど、
近所のレンタルビデオ屋さんに置いていないのでまだ観ていないんですよ・・・。
大きいレンタルビデオ屋さんに行った時に探して見ようと思います。

『愛のむきだし』はDVD2巻で時間も長いのでなかなか見る時間がとれなかったけど、
今年の初めにやっと見ました。
見始めるととにかく面白くて2巻続けて一気に観てしまいましたよ。
満島さんの勢いと迫力のある演技も最高でした☆
BCさんへ♪ (mezzotint)
2010-08-05 10:18:42
こんにちは!
あぁ~そうでした(汗)
カケラは中村さんとダブル主演でしたね。
ちょこっと訂正しないとこりゃだめです。
いつもありがとうございます。
満島さん、等身大の女性をさりげなく
演じていたのが魅力的でした。


主役の満島さん。 (BC)
2010-08-06 19:41:36
mezzotintさん、こんばんは。
コメントのお返事遅くなってしまってすいません。m(_ _)m

『カケラ』は中村さんのほうが存在感あったので、
満島さんが主役という印象は薄かったですね。。。

満島さんはハングリーな役のほうが合いますよね。
伊豆の海からこんばんは (SGA屋伍一)
2010-11-18 23:50:34
またちょっとご無沙汰してました
この映画、こちらでは最近ようやくかかりました
わたしとしては「しみじみいいな~」という感じではっとするような驚きとか感動はありませんでしたが、映画を撮っている側の人たちには、なにか強くひきつけられるものがあるようですね

そう、子役の子のセリフがいちいち面白かったですね。「殺さない?」とか、パパの苦心の作を「ゴミみたいなものだし」とか(笑)
ラストの「新しいお母さん」「その『新しい』っていうの、やめてくれる?」というのも、ほっこりあったまりつつ笑わせてもらいました
伊豆の海からこんばんは♪ (BC)
2010-11-20 22:18:35
SGA屋伍一さん、ちょこっとお久しぶりです。

>映画を撮っている側の人たちには、なにか強くひきつけられるものがあるようですね

あの社歌の歌詞はかなり痛烈ですし、
自分達がやりたくてもやれない事をストーレートに演出してくれた事に
拍手をおくりたくなる気持ちになったのかもしれないですね。

児童虐待のニュース(だったかな?)を見た時、
自分に置きかえたのか子供の顔が一瞬ビビったり、
子供に赤ちゃん言葉で話していた佐和子が
急にめんどくさくなって普通の話し方に変えたり、
子役と佐和子の飄々としたやりとりが印象的でした。

コメントを投稿

関連するみんなの記事