blue-moment

写真、思ったことなど。

今日のストームグラスは…

2018-08-09 09:35:05 | 写真
あまり変化がなかった…。

実際こちらは風雨はあまりひどくならなかった。
コメント (2)

台風とストームグラス。

2018-08-08 07:04:12 | 写真
うちに今年から仲間入りした
ストームグラス。

ストームグラスはグラスの中の結晶の様子で
天気予報ができるというもの。

メカニズムは未だに解明されていないらしい!

ここのところはずっと晴れていたので
結晶は小さく下にしずんでいて、
グラスの中は澄み切っており動きがなかった。

しかし、今朝見てみると
おお~
先日の台風のときもそうだったが
台風接近前の今日はやはり変化している。



結晶が大きく広がりシダの葉のような結晶が表面に浮かんでいる。

晴れの時は、グラスに書かれた字より下に小さくかたまっていたのだ。

これからどうなるのか見てみよう。
コメント (2)

昨日、食べたくて

2018-07-31 21:42:07 | 写真
どうしても食べたくて作ったコロッケ。
暑かったけど、おいしくできた。


明日も暑いのね…はいはい。
コメント (2)

湾岸お出かけその3

2018-07-05 20:48:54 | 写真
お土産はこれ。



標高差のあるメモ。
缶バッジ。
缶バッジのTHIS SIDE UP!は
建築模型が入っている箱に貼ってある。
たしかに逆さまにしたら大変。


さて、見終わって…
お腹がすきました。

このあたりはオフィス街なので、
時間的にお昼が終わって戻っていく
方々でにぎわっていた。

移動販売の車が止まっていていい匂いが漂っている。

んーでも雨がぱらついているから
外で食べたら大変なことになりそう…

ちょっとウロウロして
よしここだ、と決めたのはちょっとレトロな喫茶店。

カフェー琥珀。

カフェ、じゃなくてカフェーというのがいい。

分煙はされているけど、タバコの匂いがしているのが
どこか懐かしい。
そうだ、昔のルノアールの匂いだ。

久しぶりに食事の写真を撮った。



紅茶のポットなど、レトロでいいなぁ。
嬉しかったのは紅茶の熱さ。
私は熱いものは本当に熱くないと嫌なので、
これはすごくおいしかった。
サンドイッチも丁寧な作りで
とってもおいしい。
もらってきたパンフレットなど読み
ゆっくりした。

帰りもモノレールで。
空いてそうなので一番前で待つ。
案の定来たモノレールは空いていたので
運転席の真後ろに乗る。(子供か!)


前だとカーブでの車体の傾き具合がよく分かって
ちょっと怖い。

悪天候だったが雨は降ったりやんだりで
傘はほとんど使わなかった。
いいお出かけになりました。

コメント (2)

湾岸お出かけその2

2018-07-05 17:42:35 | 写真
そろそろ見終わる、という頃
スタッフさんに声をかけられ、
「倉庫見学」なるものがもうすぐ始まると教えてもらう。

さっそく参加する。

参加者は大学生(らしき)男性3人と、
私の4人だけだった。

エレベーターで6階まで上がる。


スタッフさんが懐中電灯を渡してくださり、案内されて入ったそこは…
非常灯だけが灯る
まさに倉庫。

いろいろな建築模型がしまわれていた。

うわぁ…

懐中電灯で照らしながら一つ一つ見る。

なんだかガードマンになった気分だ。

隈研吾さんのものも何点かあった。

建築倉庫ミュージアムもこの倉庫も
保存を兼ねているため
気温は20℃、湿度は50%に設定されているそう。
この環境は人としても非常に過ごしやすい。

懐中電灯で照らしながらじっと見た。
私は、建築模型を見るのもすごく好きだ。
小さい頃、伯母から贈ってもらった
ミニチュアの家具を何点か持っていたのだが
それを並べて小さな部屋を作るのが
すごく好きだった。
なんか、箱庭療法的なものがあるのかも。
見ていると落ち着くのだ。

それに最近知ったのだが、
母方の親戚で、ちょっと代が上の人で
宮大工の人がいたらしい(血縁あり)ので
それもあるのかな、なんて思う。

薄着で行ったので最後のあたりはだいぶ冷えた。

見終わって解散。

そしたら、一緒に参加していた多分学生さんの1人に声をかけられた。

「あの、建築関係の方ですか?」と。

私はあたふたしてしまい、

「いっ、いえっ違いますっ(;・∀・)
ただ興味があって…」

「面白いっすよね!」

で、会話が終わってしまったのだが、

私が関係者なら何か話を聞きたかったのかなぁ
と申し訳なかった、仕方ないけど笑

その後はこちらのスペースに。



ここにも建築模型がたくさん!

私が好きだったのは




本当にこういうの好き。

あとは

「節穴の家」。実物はこちら



屋根に開いた小さな節穴から差し込む光が木漏れ日みたいだ。

季節や時間ごとに光の色とか角度とか変化して
素敵だろうな。

あとはこれ。

「カーテンウォールの家」。

実物はこちら

ここで風を感じられたらすごく気持ちよさそう。

この建築家さん(坂茂さん)が気になるので
調べたら
一昨年本を読んだのを思い出した。
(「紙の建築 行動する」)

それに、宮城の女川駅もこの方の設計らしい。

全部じっくり見て満足した。

続く。





コメント