blue-moment

写真、思ったことなど。

今日は暖かい

2019-01-19 22:22:02 | 写真
空の広い場所で歩けて気持ち良かった。
コメント

最先端の波に乗る

2019-01-17 13:53:51 | 写真
6年くらい縁がなかったのだが、
久々に流行の波にのってしまった。
インフルエンザの波に長男がっ!!

最初大して熱が上がらなかったので
風邪かなあ、
と思っていた。
普通に登校したのだが、職場に早退の電話がかかってきた。
私も早々に仕事をあがらせてもらった。

毎年予防接種は受けていたのだが、
今年度は受けていなかった。

予防接種の効力は3ヶ月くらいと聞いている。
以前早くに受けたら、3月にあっさりかかってしまった
ため、
3月まで持つようにいつも12月中旬以降に受けていたのだ。
そしたら今年はワクチン不足になり受けられなかった(><)


しばらくしたら、本当に急に38度を超えたので
小児科に連れていった。

そうしたらインフルエンザA型の陽性反応が出たのだった。。

oh......

お医者さんが処方してくれたのが
今話題の新薬「ゾフルーザ」。



楕円形の薬は意外と小さかった。

これが1回飲めば済むという噂の新薬か…!

こんなに早く試すことになるとは。。

でも新薬って怖い…副作用とかまだ分からないこととか
あるような気がするし…

とりあえず(私が緊張しながら)帰宅してすぐ飲ませる。

食欲は多少落ちている程度で済んでいるようだ。

夜は普通に眠り、起きたら
なんと熱が下がっていた。。

恐るべし新薬。

ブラボーゾフルーザ!!

ただ
熱がが早く下がるからといって早く社会復帰できる
訳では無いようで、
ふつうに5日間は出席停止だそう。

元気になった長男はすごく暇そうにしている。

お医者さんには
2日くらいはインフルエンザの熱による異常行動の
心配があるので
目を離さないようにと言われたため、
私も家に缶詰状態。

(今回はなかったが、一昨年風邪で長男が高熱を出した時、
変だった一瞬があったのは事実。
日本語ではない訳の分からない言葉で話しかけてきて
すごく恐ろしかった。
聞き返しても聞き返しても意味不明だった。
なので、熱による異常行動ってあると思うのだ)

私も家でゆっくりしながら
行き届いていない箇所の掃除などしている。
本棚の片付けなど。


本は増えてしまうので、
気に入って骨の髄までしゃぶるほど読んで処分
(あっさり処分するのもあるけれど)するのが
パターンなのであまりありません。

洗濯機の中、洗濯機の下もきれいにした。

私も今は休養時間にして、うつらないように務めたい。

皆様もお気をつけください。
コメント (2)

昨日の紅茶について

2019-01-13 16:04:51 | 写真
昨日の紅茶が気になったので調べてみました。
ムレスナティ

いろいろ意外で面白かった。
いいものに出会えてよかった。
コメント (2)

バースデーイブ

2019-01-12 17:03:09 | 写真

おかげさまで今日まで無事生かされ、
今日は46歳最後の日。

子供たちがそれぞれの用事で不在な今日、
すごく美味しくて有名なケーキ屋さんに連れて行って
あげよう、と
パパが連れて行ってくれたのは

イデミスギノ

というお店だった。

場所は京橋。

開店前から人が並び、入店制限があり
外でしばらく待った。
ここに着くまでに、初雪が降った。
雪が降る時独特の底冷えする外で
ワクワクしながら待った。

シンプルでモダンで、
すべてが磨き込まれた素敵なお店。

しばらくしてから入店。イートインの場合も
最初にショーケースから選んで席に着く。


整然と並んだケーキはまるで芸術品のよう。
商品というより、作品。
まばゆい…

テイクアウトも可能だが、
できないものもある。


ど、どれにしよう…

(ちなみに…羽が降ってくるのはもはや日常茶飯事に
なりつつあるが、
このときも
目の前を3センチくらいの白い羽が横切って
驚いた。
キャッチしたかったけどどこかへ消えてしまった)


たくさんの種類の中から選んだのは

アンブロワジーというチョコレートのムース

スーボワという
フランボワーズのムース。

小ぶりなので、みなさん平均2つは食べていると
いう話だったが、
それ以上のひともちらほら。

飲み物はロータスティー。
「食堂かたつむり」で読んでから飲んでみたかった
紅茶だったのだ。

写真撮影禁止なので、
家に帰ってから記憶を頼りに描きました。



このケーキは…今までの人生で食べてきた中で
一番だと言える。
スーボワは特に。

アンブロワジーはツヤツヤで磨かれたように
輝いていた。
かなり濃かった。

ロータスティーはオリエンタルな香りだった。

ポワンとしながら食べ終えた。

テイクアウト不可なのがあるのも分かる。
新鮮なうちにというのはもちろん、
それ以上に、外界の「何か」をまとって
しまわないうちに
ここで大事に食べたいと思う。
待ってでも食べる価値がある、と
心から思った。

素敵なバースデーイブだった。

京橋の街並み







明治屋で買った紅茶。たくさん種類があって
どれもパッケージが美しい。
ジャケ買いに近いが、これにした。





商品名のテンションが高くて笑った。







コメント (4)

ルーベンス展と世界名作劇場

2019-01-10 21:29:07 | 写真
尊敬している人の話から、ルーベンス展が開催されていることを
思い出した。

去年行こうと思っていたのに、忘れてしまうほど
余裕がなかった。

調べたら20日までだったので、慌てて行くことに
決めた。

混雑覚悟で行ったけれど、チケットは並ばず買えた。
会場内も思ったほどの混雑ではなかった。

印象に残ったのは肌の美しさ。

ふくよかな肌の透明感、衣擦れの音が聞こえそうな
衣の質感、髪の毛の質感、
一つ一つのパールの輝き、宝飾品や鉄兜の冷たい
光沢…
単なる平面のキャンバスにここまで表現できるなんて…
感動しながら鑑賞した。

ルーベンスの絵と言えば、フランダースの犬だが、
本で読んだことはあっても、アニメをリアルタイムで見た記憶がなく、
確か上の子がまだ小さい頃、夕方?に再放送を
やっていて見た。
でも、あの1番印象的な、ルーベンスの絵の前でのシーンで
涙ながらに見入っていた瞬間、
竿竹屋だかちり紙交換だかの車が声高に放送しながら通り
雰囲気がぶち壊しになった記憶が(><)


世界名作劇場は子供の頃の楽しみな時間だった。
フランダースの犬、リアルタイムで見てなかったかなぁ、と思って調べたら
放映されたのが1975年らしく、
私は3歳だったので記憶がなくても不思議ではないかも…
その後の「母を尋ねて三千里」より、さらに次の
「ペリーヌ物語」からの記憶が鮮明にある。

フランダースの犬は絵本で読んで
子供心に「なんとかならないのか」と悔しい
気持ちになったのを思い出す。

ペリーヌ物語に出てくるバロンという名前の犬が好きで
ぬいぐるみを買ってもらっていたなあ…
まだ実家にあるのかな。


帰りにはポストカードなど買った。
これから行く人のお楽しみのために、また後日載せます。

聖書と絵に関する本も買った。

そうそう、2月にはコルビュジエ展が開催されると知ったので
速攻で特典付き前売りを予約した。


終わって出てきたら1時前であった。
お腹がすきました。パンが食べたいなー
と思って
上野駅構内のアンデルセンに入る。


そしたらいいものを発見。
コラボステッカーまでつけてくれました。
渡された瞬間笑ってしまった。
家族のお土産とともに購入!






ムンクの叫びの絵とリアルに対峙する勇気がない。
怖い。
いつも楽しく読ませて頂いているブロガーさんの
記事で読んでちょっと印象は変わったものの…
ムンク展には行かなかった。

でもこの絵なら…いいかも(笑)

久しぶりに自分の時間という贅沢な時間を持てて幸せな1日だった。

コメント (3)