太陽がいっぱい

岡山周辺の画像をボチボチUPしています。
現在はフジのXシリーズを愛用(*^^*)

倉敷 大原美術館

2018-08-05 |  X-H1 XF16-55 F2.8 R LM WR
倉敷に用事で出かけた土曜日、相変わらず酷い暑さでしたがせっかく来たんだしということで久々に美観地区へ(*^^*)

せめて画像の中だけでも暑さを和らげようと、この日は全てフィルムシミュレーションETERNA(エテルナ)の彩度を抑えた柔らかい描写を撮って出しで♪
レンズはずっと防湿庫の肥やし状態だったXF16-55/2.8オンリー^^;



優しい描写と言いつつ、現実の屋外は「優しくない暑さ」の為、真っ昼間の日向は人影もまばら。。。(^^;;;


ブラブラしてると、この日(8月4日)に限り大原美術館が入場無料とのことで、避暑ついでに(失礼)寄らせていただきました♪
7月の豪雨災害で被災された方々に作品の前で静かな時間を過ごして頂きたい、また多くの観光客の方々にも来ていただきたいとのことでした。




ロダンの彫刻がお出迎え。
小学生の頃(かな?)、下関美術館であったロダン展に連れて行って貰ったのを今でも覚えています(*^^*)
作品はあまり覚えてませんが・・・(爆

ここ大原美術館にも中学生に上がる春休み、瀬戸大橋博覧会に家族旅行で来た時に後楽園と並んで連れてきて貰った記憶があります。
勿論、こっちでの作品の記憶もあまりありませんが┐(´д`)┌

エル・グレコの「受胎告知」やピカソの絵など、子供時分と現在の違いもありますが、「連れてこられる」のと「自らの意思で行く」のとでは
同じ作品を見ても全く感じるものが違いますね、当たり前ですがw
館内は勿論撮影厳禁なので写真はありませんが、館内にあったクロード・モネの「睡蓮」を見たあとに中庭にあった睡蓮を^^





側に書いてあったのですが、この睡蓮は2000年にクロード・モネの自宅庭園から株分けされてやってきた睡蓮だそうです



館外に出る頃には影も伸びてきていたので、しばし美観地区をブラブラ。
続きはまたUPします〜。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 王子が岳の夕景 | トップ | 美観地区の川舟流し »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

X-H1 XF16-55 F2.8 R LM WR」カテゴリの最新記事