気になるキーワードや製品のコレクション(IT編)

メルマガ、新聞、雑誌などに登場する(増田悦夫の)気になるキーワード、製品を取り上げ、ITの進展をフォローします。

“Osmo Pocket(DJI)”とは

2019-04-26 23:32:29 | Weblog

DJIが2018年12月15日に発売した、ジンバルとカメラが一体化し、アクション撮影に適した、ポケットサイズの超小型カメラです。オズモポケットと読みます。有効画素数は1200万で、4K動画撮影も可能です。

「ジンバル」とは手ぶれ防止装置のことで、元々映画制作のための機械であったようです。カメラに外付けの形で使用されるため、カメラ内蔵に比べ、大きな揺れにも追随できて滑らかで流れるような撮影ができるようです。

スマホと接続して使用するスマホ専用のジンバルもこれまで発売されてきたようですが、今回のように一体化されたものは初めてのようです。

「DJI史上最小の3軸スタビライザーを搭載する高性能でコンパクトサイズ」「すべてのシーンを輝く瞬間として記録するハンドヘルドカメラ」「手ブレを抑えた4Kカメラで、映画のワンシーンのように日常を撮影できる超小型4Kジンバルカメラ」などのフレーズが付けられています。

被写体を自動で追尾する「アクティブトラック機能」なども登載されています。

本体のサイズは121.9×36.9×28.6 mm、重さは116 gと小型軽量です。切手大のモニターが付いていますが、スマホと接続して使うとスマホ画面で映像を確認しながらの撮影も可能なようです。

その他、バッテリー駆動時間が公称最長約140分、レンズが80° F2.0、撮像素子が1/2.3インチ CMOS、動画撮影は4K(60fps) MP4/MOV、記録メディアはmicroSD(最大容量:256 GB)、ジンバルは3軸などです。

価格は、下記DJIストアで44,900円(税込み)です。

https://store.dji.com/jp?gclid=EAIaIQobChMIiLf77Ynw4QIVxgYqCh10AwEnEAAYASAAEgJvBPD_BwE

メーカーの製品情報サイトは、https://www.dji.com/jp/osmo-pocketです。

製品紹介の動画は、例えば、https://www.youtube.com/watch?time_continue=16&v=jS-7aSIEJ3Mです。

 


この記事についてブログを書く
« “スシ・シンギュラリティ(OP... | トップ | “ウーバーイーツ(米ウーバー... »

Weblog」カテゴリの最新記事