気になるキーワードや製品のコレクション(IT編)

メルマガ、新聞、雑誌などに登場する(増田悦夫の)気になるキーワード、製品を取り上げ、ITの進展をフォローします。

“ルミックス DC-S1R/DC-S1(パナソニック)”とは

2019-03-01 23:22:26 | Weblog

パナソニックが、3月23日に発売予定の、大型センサー(35mmフルサイズCMOSセンサー)を使用したミラーレス一眼カメラです。有効画素数は、S1Rが4730万、S1が2420万です。

『LUMIX初、フルサイズミラーレス一眼カメラ「Sシリーズ」誕生』、『妥協なき高画質・操作性、Lマウント採用のプロシステム仕様』といったフレーズが付けられています。

フルサイズセンサーのミラーレスカメラは2018年にニコンやキャノンから発売されていますが、この2社を追いかけて、パナソニックからもこのタイプの製品が発売されるようです。

高画質や高い操作性を売りにしており、プロのカメラマンが主要なターゲットになっているようです。

オープン価格ですが、市場想定価格は、本体のみで、S1Rが46万4000円、S1が31万4000円(いずれも税抜)と想定されています。

プレスリリース(2019.2.14)のサイトは、https://news.panasonic.com/jp/press/data/2019/02/jn190214-1/jn190214-1.htmlです。 

 

 


この記事についてブログを書く
« “Whim(ウィム)”とは | トップ | “スマホ決済サービス”とは »

Weblog」カテゴリの最新記事