オーディオ彷徨録~JBL4331AからALTEC620A~

今までのオーディオの改良や音楽の遍歴に、今後の改善も紹介。いい音に繋がる方法を色々模索したことや、好きな音楽を紹介する。

パイオニアが香港投資ファンドに買収され株式上場廃止

2018-12-20 12:42:04 | オーディオ
 12/7に表題の発表があった。シャープに続いて、パイオニアもかというのが偽らざる心境。思えば、大学時代に最初に組んだコンポは、パイオニア主体だった。

 ■1)大学時代に最初に組んだコンポ

  ・プレーヤー パイオニア PL1250   →現使用はこれのみ。
  ・デッキ   赤井    オープンリール GX-4440D→今でも再生は可能
         後パイオニア CT570→故障 ソニー TC4250SD→故障  ソニーTC-FX705(動作不安定)
  ・チューナー パイオニア TX8800 これは友人N君(604E保有)に譲渡
         後パイオニア F700 と ヤマハ T-3と更に後、ケンウッド KT-880F
  ・アンプ   パイオニア SA8800 → サンスイ AU-D907FEX 両方ヴォリュームがガリっている。
         後パイオニア F-J7(インプレッサに付いていた。)→LP-2020A+
  スピーカー  三菱 DS-28B→これは友人N君(604E保有)に譲渡 →JBL4331A+後(620A+2405)

 ほとんど、パイオニアにご厄介になった。

 ■2)パイオニアの今後

 ①香港の投資ファンド(BPEA)の出資を受け入れ、完全子会社になることを決めた。
 ②来年1月の臨時株主総会で承認されれば、パイオニア株式は同3月に上場廃止となる。
 ③今後2年かけ、国内外で全体の15%に当たる約3000人を削減。
 ④音響機器メーカーとして一世を風靡(ふうび)した名門が外資傘下で再建に挑む。  

 思い起こせば、大学院の入試を2番か3番(当方はボーダーライン)で通過したY君もパイオニアに就職した。もう定年なので退職しているだろうが万感の思いだろうな。当方もM電機の半導体が左前になって”この木何の木”のH社の半導体と合併し、更にはN電の半導体も合併して3社の半導体の合併会社になった。でも途中コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)という投資ファンドへの身売りの話もあったが、そうならなくて良かった。結局政府主導の産業革新機構等が入ってきたが、やったのは主にリストラ(不採算部門切捨&販売系削減&工場売却&人員(~2万人)削減)だけだった。そして近年一部の株をデンソー等に売っている。本当に産革で良かったのか? 
『オーディオ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« WaveGeneの最適ゲイン2~PC... | トップ | ”下町ロケット”と”西郷どん”... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

オーディオ」カテゴリの最新記事