見猿・聞猿・言猿のTDFC投資法

ニュースや材料は無視。値動きだけで判断するトレンドフォローサイクル投資法。ブログはほぼ毎日更新。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

デクシア、フランスの銀行が破たん

2011年10月05日 | 欧米市場

フランスの大手銀行デクシアが事実上の破たんとなりました。やはり10月4日に何か起こるとの噂は本当だったようです。

デクシアDexiaはかつてフランスの株価指数CAC40を構成していた銘柄です。
http://www.nicmr.com/nicmr/report/repo/2007/2007spr09.pdf

ダウ平均が安値更新から急反発するなど株式市場にこの影響は出ていないようです。材料が織り込み済かどうか不明ですがしばらくは注意が必要です。リーマンが破たんしたのは2008年9月15日でしばらくは株式市場に影響はなく、株式市場が崩落したのはその半月後でした。

[パリ/ルクセンブルク 4日 ロイター] 仏・ベルギー系金融サービスグループのデクシア(DEXI.BR: 株価, 企業情報, レポート)に対し、ベルギーとフランス両国政府は4日、支援を行うとの共同声明を発表した。ユーロ圏債務危機で痛手を受けた銀行に対し政府が支援を表明した初めてのケースとなる。

 両国による救済策には、デクシアがベルギーやトルコで展開する銀行業務など健全な事業の売却や、リスクの高い資産を引き取る「バッドバンク」の設立などが含まれるとみられている。

 ベルギーのレインデルス財務相は声明発表を受け「危険な部分を外部に隔離しなければならない。その上で政府が保証を与える。これが『バッドバンク』と呼ばれる制度だ」と述べた。

 フランス与党議員はロイターに対し、仏政府は、デクシアのフランスの銀行部門を切り離し、フランス預金供託公庫、および郵便貯金銀行との統合を検討していることを明らかにした。実際に行われた場合、1996年にフランスとベルギーの金融機関の合併により誕生したデクシアは解体される。

 ロンドンに拠点を置くアナリストは匿名を条件に「現在進められているのは、裏口からの国有化だ」と述べた。

 ギリシャへの多額のエクスポージャーを抱えることに加え、市場での資金調達が困難になっていたことでデクシアの株価はこのところ下落していた。4日の取引では同社への信頼が急激に低下したことで、株価は一時38%安の0.81ユーロをつけ、過去最安値を更新。この日は22.5%安で終了した。

 ロイターのデータに基づくと、この日の終値から計算したデクシアの時価総額は約20億ユーロ(27億ドル)。これに対し、同社が保有するギリシャ国債は38億ユーロ、同社のギリシャへのエクスポージャーは48億ユーロとなっている。



ランキング10番以内を目指してます。
↓ 1日1回クリックのご協力お願い致します。

人気ブログランキングへ












コメント   この記事についてブログを書く
« またギリシャ問題の蒸し返し | トップ | TOPIXは年初来の安値更新 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

欧米市場」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事